2011年07月21日 09時00分 UPDATE
特集/連載

クラウドERP製品カタログ【第2回】ネットスイート クラウドERPの先駆け「NetSuite」が探る次の成長機会

低コストな基幹システム構築、海外進出という2つのトレンドがクラウドERPの普及を後押ししている。クラウドERPで老舗といえるNetSuiteは日本企業のIT投資への考え方の変化を捉えて、成長機会を探る。

[吉村哲樹]

 「NetSuite」はクラウドERPの先駆けともいえる存在だ。同製品を提供する米ネットスイートは1998年に設立された企業だが、創業から今日に至るまで、一貫してクラウドの業務アプリケーションスイートの提供に特化したビジネスモデルで順調に成長を続けている。同社は、1999年に創業したセールスフォース・ドットコムと共に、1990年代のネットバブルが弾けて以降の新たな企業向けネットビジネスをけん引する存在として、米国を中心に多くのユーザーから支持を得ている(ちなみに、ネットスイートとセールスフォース・ドットコムは共に、米オラクルのCEO ラリー・エリソン氏が出資する企業でもある)。

 NetSuiteは財務会計、CRM、Eコマースといった、企業の基幹業務に必要なアプリケーション機能を単一のデータベース上に統合アプリケーションスイートとして実装し、それをインターネット経由のサービスとして提供する製品である。既に世界では米国を中心に7000社、1万拠点以上で導入されており、日本国内でも業種/業界を問わずさまざまな企業で導入されている。ただし、日本においては基幹系アプリケーションをクラウドで利用する形態にはまだまだ慎重な企業が多いせいか、日本国内での認知度は前述したセールスフォース・ドットコムと比べると、相対的に低い印象は否めない。

 ネットスイートのマーケティング本部 部長の内野 彰氏はこうした状況を指して、「クラウドの捉え方が、これまで日本ではいびつだった」と述べる。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news070.jpg

朝日広告社、クラウドソーシングを活用した動画サービスを提供開始
朝日広告社は、クラウドソーシングを活用した動画サービス「ASAKO VIDEO CROWD」の提供を...

news067.jpg

IMJ、チャットbotとの会話で応募・当選通知まで行えるキャンページの提供開始
アイ・エム・ジェイは、チャットbotを利用して、LINEのトーク画面上で告知から応募、当選...

news013.jpg

VRが創造する「あり得ない体験」で広告はもっと楽しくなれる
VRのマーケティング活用例を知る企画の後編。「非日常体験(シミュレーション)型」「イ...