2011年08月16日 09時00分 UPDATE
連載ミドル

SMBのためのサーバ仮想化導入のポイント

中堅・中小企業(SMB)を対象に、サーバ仮想化のメリットと導入のポイントを解説する。サーバ仮想化をする目的、導入までのステップ、P2V(Physical to Virtual)移行のポイント、仮想環境での運用の変化などを、IT部門の方が具体的にイメージできることを目指す。

[ITmedia]

記事一覧

SMBのためのサーバ仮想化導入のポイント【第1回】

クラウド時代に中堅・中小企業がサーバを仮想化する7つのメリット

クラウド時代といわれる中、企業はITを一足飛びにクラウド化できていないのが現状である。そこでクラウド移行への準備として検討されるのがサーバ仮想化だ。本稿ではSMBのIT事情とサーバ仮想化のメリットを解説する。


SMBのためのサーバ仮想化導入のポイント【第2回】

サーバ仮想化導入の肝、失敗しないサイジングとP2V

無計画なサーバ仮想化の導入は、後々のリソース不足やオーバースペックによる過剰投資を招く。本稿ではSMBがサーバ仮想化で失敗しないための3つのプロセスから、既存環境の現状分析と移行作業のポイントを解説する。


SMBのためのサーバ仮想化導入のポイント【第3回】

物理環境とは異なる、仮想環境の監視とバックアップ

仮想化を導入するとリソースが集約されるため、これまでの物理サーバの監視やバックアップとは運用が異なる部分がある。本稿では仮想化環境における平易な監視・バックアップ運用について解説する。


Loading