2011年09月20日 09時00分 UPDATE
特集/連載

統合ストレージシステム対決:NetApp FAS vs. EMC VNX(後)アナリストが解説 EMCとNetAppそれぞれの優位点

統合ストレージ製品を提供するEMCとNetAppの共通点や技術的な違いをアナリストが解説。軍配が上がったのは一体どちらなのか?

[Todd Erickson,TechTarget]

 「EMCとNetAppが比較されやすい理由」に続き、EMCとNetAppが提供する統合ストレージシステムを比較する。今回は両社製品の共通点や技術的な違いなどを見ていく(関連記事:ベンダー各社が考える、ストレージ統合への障壁とは?)。

共通点は一元的管理機能

 EMCとNetAppは、それぞれの統合ソリューションに対して一元的なストレージ管理機能を提供している。アナリストらによると、統合システムの基本要件の1つが一元的な管理インタフェースだという。

 「ユーザーがマルチプロトコルと聞いて最初に思い浮かぶのは、管理オーバーヘッドや異なるプロトコルでの利用形態の整合性といったことだ」と指摘するのは、米Taneja Groupの上席アナリスト兼コンサルタントのアシッシ・ナドカーニ氏だ。「同じシステム内で異なる物理コンポーネントを利用する数種類のインタフェースと格闘することになるのだろうか、という不安があるのだ」

 EMCのUnisphereは「VNXe」と「VNX」製品シリーズに加え、同社のClariionとCelerra製品およびレプリケーション製品の「RecoverPoint/SE」に対応する。Unisphereのシングルサインオン型Webインタフェースは、物理環境と仮想環境の両方で動作し、修正なしで既存環境に組み込める(関連記事:高性能とシンプルを追求したSMB向けストレージ「EMC VNXe」)。

 NetAppの管理ソフトウェア「OnCommand」には、単一ストレージシステム用の「System Manager」および複数のNetAppシステム用の「Operations Manager」が含まれる。OnCommandはストレージインフラを制御、自動化、分析する機能を提供する。NetAppは、VMwareの管理プラットフォームであるvCenter内でFASシステムを管理するためのプラグイン「Virtual Storage Console(VSC)」も提供している。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news058.jpg

訪日外国人観光客は結局、何を求めて日本にやって来るのか
「見にきてもらう」から「参加してもらう」へ。訪日外国人と浅草の関係は少しずつ変わり...

news022.jpg

「新品購入前に売値をチェック」「掘り出し物探しを楽しむ」、フリマアプリ利用者の生態とは──メルカリ調査
メルカリの調査によると、フリマアプリ利用者の半数以上が新品購入前にアプリで売値をチ...

news088.jpg

ホットリンク子会社のトレンドExpressが越境ECサービス「越境EC X」を提供
トレンドExpressは、越境ECサービス「越境EC X(クロス)」の販売を開始した。販売だけで...