2011年09月06日 09時00分 公開
特集/連載

EMCとNetAppが比較されやすい理由統合ストレージシステム対決:NetApp FAS vs. EMC VNX(前)

統合ストレージ製品を提供するEMCとNetApp。両社以外にも提供ベンダーは多く存在するが、製品検証という点でこの2社がよく引き合いに出されるのはなぜだろうか?

[Todd Erickson,TechTarget]

 米EMCは2011年、ストレージプラットフォーム「VNX」と「VNXe」を発表し、統合ストレージシステムの分野で米NetAppとの競争を強化する姿勢を鮮明にした。

 統合ストレージ製品を提供しているベンダーはNetAppとEMCだけではないが(大手ベンダーの多くが複数のプロトコルをサポートするシステムを提供している)、この分野で最もよく話題に上るのがNetAppの「FAS」シリーズとEMCのVNXだ。両製品は最も広範に検証を受けており、統合ストレージプラットフォームに関して何が真実であり、何がそうでないかという議論で最もよく引き合いに出されるモデルでもある(関連記事:エンタープライズディスクストレージ製品紹介)。

 統合ストレージシステムは、ファイバーチャネル(FC)やイーサネットなどのネットワーク上でブロックストレージとファイルストレージの両方に1台のボックスで対応できる製品だ。NetAppが2002年に初めて提供したマルチプロトコル型ストレージは、自社のNAS(Network Attached Storage)ファイラープラットフォームにブロック処理機能であるSAN(Storage Area Network)機能を追加した製品だ。NetApp FASシステムは、エントリーレベルからエンタープライズレベルに至る全ての製品で、CIFSとNFSベースのファイルストレージに加え、FCおよびiSCSIを用いたブロックストレージをサポートする。

 EMCは、自社のミッドレンジ製品であるClariion SANプラットフォームとCelerra NASプラットフォームをVNXに統合した。同社は、これとは別にエンタープライズ向けSANシステムのSymmetrixシリーズを提供していたが、VNXの登場により、ストレージ専業ベンダー最大手2社が、データストレージ市場の大部分をカバーするシステムで真正面から対決することになった(関連記事:中堅・中小企業向けNAS市場が活況化した理由)。

 では、NetAppとEMCの統合ストレージ製品を詳しく比較してみよう。

関連ホワイトペーパー

ストレージ | EMC | ベンダー | NAS | SAN | データセンター | 仮想化


ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。