2011年11月04日 09時00分 UPDATE
特集/連載

クラウドセキュリティ戦略はたったの2種類企業システムのクラウド化を成功させるセキュリティ戦略

企業システムを安全にクラウドへ移行するためには、クラウド事業者の選定、クラウド上でのデータ保護や監視といった情報セキュリティ対策が重要だ。ここでは、クラウド利用のためのガイドラインを幾つか紹介する。

[Bill Kleyman,TechTarget]

 どんな企業にも、情報セキュリティへの不安は付いて回る。そしてその不安がクラウドコンピューティングによって増幅されることもある。だが幾つかの基本的ルールを採用すれば、ユーザーとそのデータ、クラウドに対する全般的な投資を守る一助にできる。

 クラウドにまつわるセキュリティ不安を数え上げればきりがないように思えるかもしれない。だが現実には、クラウドセキュリティ戦略は主に2種類に分類できる。すなわちパートナーベースのセキュリティ、つまりSaaS(Software as a Service)、PaaS(Platform as a Service)、IaaS(Infrastructure as a Service)モデルのためのセキュリティと、ユーザーベースあるいはクライアントベースのセキュリティだ。以下にプライベート/パブリッククラウドのセキュリティ対策のためのガイドラインを幾つか挙げる。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

現代人の30のメディアライフスタイルとは?――電通調査
電通はビデオリサーチと共同で、生活者のメディア視・聴・読習慣を可視化し、30のメディ...

news061.jpg

「Adobe Audience Manager Audience Marketplace」が国内で利用可能に
Adobe Systemsは、同社の顧客とデータプロバイダー間のデータ取引を行う機能「Adobe Audi...

news045.jpg

売れるネット広告社、「確認画面後でアップセル」で特許権を取得
売れるネット広告社は、「確認画面後でアップセル」についての特許権を取得したと発表した。