2013年03月25日 20時00分 UPDATE
ニュース

【IFRS】会計基準アドバイザリー・フォーラム(ASAF)今後のIFRS開発に助言、国際的な会計基準フォーラムにASBJが参加

ASAFの初代メンバーに選ばれたのはASBJを含めて12の組織。アジア・オセアニアからはASBJの他にオーストラリア会計基準審議会、中国会計基準委員会、アジア・オセアニア基準設定主体グループ。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 日本の会計基準を策定する企業会計基準委員会(ASBJ)は3月19日、ASBJが会計基準アドバイザリー・フォーラム(ASAF)の初代メンバーに選ばれたと発表した。ASAFはIFRS(国際財務報告基準、国際会計基準)を策定する国際会計基準審議会(IASB)の監督機関であるIFRS財団が設立した組織。IASBによる今後のIFRS開発などに対して提言する役割を持つ。

 ASAFの初代メンバーに選ばれたのはASBJを含めて12の組織。アジア・オセアニアからはASBJの他にオーストラリア会計基準審議会、中国会計基準委員会、アジア・オセアニア基準設定主体グループが選ばれた。以下が12の組織のリストだ。

アフリカ

  • 南アフリカ財務報告基準評議会

アジア・オセアニア

  • 企業会計基準委員会(日本)
  • オーストラリア会計基準審議会
  • 中国会計基準委員会
  • アジア・オセアニア基準設定主体グループ(AOSSG、香港公認会計士協会が代表)

欧州

  • ドイツ会計基準委員会
  • 欧州財務報告諮問グループ(EFRAG)
  • スペイン会計監査協会
  • 英国財務報告評議会

米州

  • ラテンアメリカ基準設定主体グループ(GLASS、ブラジル会計基準委員会が代表)
  • カナダ会計基準審議会
  • 米国財務会計基準審議会(FASB)

 IASBは従来、FASBやASBJなど特定の組織と2組織間のMoU(覚書)を結び、会計基準のコンバージェンスなどについて議論してきた。しかし、各国のコンバージェンス活動が一段落したことに加えて、IFRS採用国の拡大でさまざまな国から意見を聞く必要性が出てきた。ASAFでは多国間の協議で今後のIFRS開発に向けて各国のニーズを吸い上げる。ASAFと、そのメンバー構成については2年後に見直す予定。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news083.jpg

マーケティングオートメーション「B→Dash」が「Sansan」「kintoneと」連係開始
フロムスクラッチが開発・提供するマーケティングオートメーションプラットフォーム「B→...

news028.jpg

Act-on Softwareのマーケティングオートメーションを月額9万円で提供
MKTインターナショナルは、Act-on Softwareと販売パートナー契約を締結し、同社が提供す...

news031.jpg

ロックオンが「TVエビス」を提供、テレビとWebを横断したマーケティング施策最適化を実現
ロックオンはトライステージと共同で、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」の...