2013年06月17日 08時00分 UPDATE
特集/連載

クラウドERP製品カタログ【第12回】CFOMacでも使える「freee」は「会計ソフト難民」を救うか

口座と連動し自動で帳簿作成――会計ソフト「freee」は従来の会計ソフトにない先進的な機能を備える。クラウドベースで提供され、Macでも利用可能。中小企業や個人事業主に多い「会計ソフト難民」を救えるか。

[吉村哲樹]

 2013年3月19日にリリースされたばかりの会計ソフトウェア「freee(フリー)」は、中小企業や個人事業主の経理業務に特化した機能を、クラウド形式で提供するサービスだ。サービスのリリースからまだ3カ月弱しかたっていないものの、既にユーザー数は3900以上、処理された仕訳の数も10万以上を数えるという。

 中堅・中小企業や個人事業主向けのクラウド型会計サービスは、これまでも少数ながら存在していたが、そのほとんどは既存の会計パッケージ製品をそのままクラウド上に載せたものだった。その点freeeは、単にクラウドサービスとして機能を提供するだけでなく、会計ソフトウェアとしての機能にも、これまでにないユニークな特徴を幾つも盛り込んでいるという。

ik_tt_freee01.jpg CFOの代表取締役 佐々木 大輔氏

 freeeの開発元であるCFOの代表取締役で、freeeの生みの親でもある佐々木 大輔氏は、中小企業や個人事業主にとって、従来の会計パッケージ製品はさまざまな面で使い勝手に課題があったと指摘する。

 「従来の会計ソフトウェアを使った経理処理では、山のようにたまった請求書や領収書の内容を、1つ1つ手作業で入力する必要があった。これはとても面倒な作業だし、間違いが起こる元にもなっていた。また、これまでの会計ソフトウェアは、複式簿記の概念を理解していなければ使えないものがほとんどだった。この点も、中小企業や個人事業主にとってはハードルが高かった」

 こうした課題を根本的に解決することを目指し、freeeはこれまでの会計ソフトウェアとは全く異なるコンセプトの下で開発されたという。例えば、これまで面倒だった請求書や領収書の内容の入力や、入出金の管理。freeeでは、ユーザーの銀行・クレジットカードのWeb口座とバックグラウンドで連携・同期し、入出金明細を自動的に取得することで、煩雑な手入力作業を大幅に軽減している。

 また、そうして取得した個々の入出金の内容を、半自動で適切な勘定科目に振り分けてくれる。そのため、たとえ複式簿記の知識がなくとも、「収入」「支出」の切り口だけで簡単に仕訳を行うことができる。

煩雑な仕訳作業や売掛・買掛管理を半自動化

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news070.jpg

朝日広告社、クラウドソーシングを活用した動画サービスを提供開始
朝日広告社は、クラウドソーシングを活用した動画サービス「ASAKO VIDEO CROWD」の提供を...

news067.jpg

IMJ、チャットbotとの会話で応募・当選通知まで行えるキャンページの提供開始
アイ・エム・ジェイは、チャットbotを利用して、LINEのトーク画面上で告知から応募、当選...

news013.jpg

VRが創造する「あり得ない体験」で広告はもっと楽しくなれる
VRのマーケティング活用例を知る企画の後編。「非日常体験(シミュレーション)型」「イ...