2013年06月19日 08時00分 UPDATE
特集/連載

クラウドファースト時代に考えるITインフラ選定のツボ【後編】自社に適したインフラはどれ? 4種類のクラウドを比較

多様なITインフラ形態が存在する中で、どれを選べばいいのか。後編では、パブリッククラウドやプライベートクラウドを比較する。

[加藤 章,ISIDビジネスコンサルティング]

 本稿では、クラウドよりも広く「ITインフラ」全般を捉え、それらの特徴を比較する。ここでいうITインフラは、「サーバ」と「サーバ設置場所」を併せた概念とご理解いただきたい。

 今回は、前編「オンプレミス、ホスティング……従来型インフラのメリット/デメリットをおさらい」に続く後編である。念のため、このシリーズで取り上げているITインフラの類型について下記に列挙する。前編と併せて読んでいただければ幸いである。

前編 1.従来型オンプレミス
2.ハウジング
3.ホスティング
後編 4.プライベートクラウド(オンプレミス型)
5.プライベートクラウド(ホスティング型)
6.プライベートクラウド(パブリッククラウド型)
7.パブリッククラウド

 また、比較のポイントとして、次の項目を考えることとする。

  項目 意味
a サーバの所有権 ハードウェア(サーバ類)の所有権。自社/他社で区別する
b 場所の所有権 ハードウェアの設置場所が「誰の土地か」という点。自社/他社で区別する
c 安全性のコスト セキュリティ、可用性、災害対策などの点をコスト面から評価する。絶対的コストの算出は困難なので、本稿内では相対評価とする
d リソース伸縮のコスト リソース(仮想サーバ含む)の追加(増設)および縮退(廃棄)のコストを比較する。本稿内では相対的に高い/低いで表す
e 障害コントロール 障害が発生した場合に、利用者側が事態をどこまで把握できるかを考える。本稿内では相対評価とする

 その上で、1〜7を一覧表にすると以下のようになる。

tt_aa_infra.jpg 《クリックで拡大》

 では、上記4〜7について見ていこう。

4.プライベートクラウド(オンプレミス型)

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

企業の社会課題への解決姿勢は商品の継続利用や他者への推奨意向に影響――メンバーズ調査
メンバーズが実施した「エンゲージメント・サーベイ」によると、Webサイトで本業による社...

news087.jpg

サイバーエージェントとアイリッジ、位置情報分析や行動分析ターゲティングに基づく広告配信で連携
サイバーエージェントのアドテクノロジー商品の開発を行うアドテクスタジオとアイリッジ...

news020.jpg

表示されている? 見られている? 結局リーチしている?――「質的視点」からの新たな効果指標について
脱PV至上主義を叫ぶのはいいとして、具体的には何を目指すのか。戦略コンサルが提案する...