2014年01月31日 08時00分 UPDATE
特集/連載

企業はデータ/アプリの保護に注力モバイルセキュリティ、Appleが恐れる注目の5社

企業におけるモバイルセキュリティが、単に従業員の私物端末を保護するだけでは済まなくなっている。専門家の予想では2014年、企業は端末の保護からアプリケーションやデータの保護にシフトするという。

[Jake O'Donnell,TechTarget]

 オンラインセキュリティベンダーの米ThreatMetrixの最高テクノロジー責任者、アンドレアス・バウムホーフ氏は、「BYOD(私物端末の業務利用)のために、端末の状態をIT部門がコントロールすることはますます難しくなった。その結果、端末そのものよりもデータの保護が必要とされるようになった」と語る。

 ThreatMetrixでは従業員の端末のロックダウンを試みた結果、このアプローチはうまくいかないことに気付いたという。「ユーザーは私物端末を使いたいと考えている。だが、私物の端末をロックダウンするようユーザーに強制することはできない」とバウムホーフ氏は語る。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...