2014年06月12日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Windows 8.1はスキップ?XPユーザーの選ぶ「Windows 7移行、Windows 9待ち」が現実的な理由

MicrosoftがWindows XPのマルウェア防御を2015年まで延長すると発表したものの、このまま使い続けるのにはやはりセキュリティリスクが伴う。新しいOSとして現実的なWindows 7へ移行する際に気を付けるべき点をまとめた。

[Diana Hwang,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Windows 8 | Windows XP | Windows 7


tt_aa_osmg.jpg

 米Microsoftの「Windows XP」の公式サポート終了に伴い、一部の企業は難しい判断を迫られている。同社の「Windows 7」や「Windows 8」に移行すべきだろうか。それとも、リスクを承知でWindows XPを使用し続けるべきだろうか。

 この判断を下す際には、企業のニーズや予算の制約など、複数の要素を考慮する必要がある。だが、新しいOSに移行するというアイデアを却下する前に、サポートが打ち切られたWindows XPを使用し続けた場合に起こり得ることを知っておく必要があるだろう。

Windows XPの安定性に変わりはないが、セキュリティリスクは高まる

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news121.jpg

CMOにふさわしいのは社内の人材? 社外のスペシャリスト? ガートナーが調査
ガートナー ジャパンは、同社主催イベント参加者などを対象にマーケティング業務の変化に...

news109.jpg

電通テック、キャンペーンのデジタル化を支援する新サービス「Cam-D」を提供開始
電通テックは、キャンペーンのデジタル化を支援する新サービス「Cam-D」の提供を開始した。

news072.jpg

日本経済新聞社が動画マーケティング支援のViibarと資本業務提携
日本経済新聞社とViibarは、資本業務提携に関する契約を締結した。