2014年09月02日 08時00分 UPDATE
特集/連載

ネックになるのは“アプリケーション”「Windowsを卒業したい」と考えるユーザーの気持ちをなえさせる現実的な課題

Windowsを捨てるべき理由として、このOSの衰退が声高に叫ばれる。が、だからといって、今利用しているOSとアプリケーションを管理するための新しい方法を探すことを先送りにしていい訳ではない。

[Gabe Knuth,TechTarget]
tt_yo_kaigai_20140902Windows.jpg

 こんなジョークを耳にしたことがあるだろうか。核戦争を生き延びるものが3つある。ゴキブリとTwinkie(※)とWindowsだ。

※Twinkie(トゥインキー) アメリカの国民的お菓子。1930年に量産開始。2012年に製造会社が破産し販売も終了したが、2013年に別会社の下で復活。

 Windowsのくだりは聞いたことがない? ならば、今ここで加えておくべきだ。何しろ、Windowsは当面、この世から消えてしまうことはないからである。

 筆者は数カ月前、少なくとも2020年の1月までは、銃を突き付けられてWindowsの世界から追い出されることはないだろうと書いた。しかし、幾つかの市場データから、その日付はさらに大幅に先延ばしになる可能性が出てきた。

Windows利用の減少率は年率1%以下

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

ソフトバンク・テクノロジー、チャットbotでWebサイトの分析や課題発見をサポートする「SIGNAL AI」を提供
ソフトバンク・テクノロジーは、Webサイト分析やアドバイスを行いながらデータ活用人材を...

news065.png

パイプドビッツなど3社、製薬企業向けマーケティングオートメーションパッケージ「BtoD」が提供開始
パイプドビッツは、メディコムとトライベック・ストラテジーの2社と共同で、製薬企業向け...

news108.jpg

EC・通販の広告クリエイティブは「製品・サービスを手に取ってもらう」ことに割り切る
豊富な実務知見に基づき、EC・通販で成功する方法について解き明かしていく本シリーズ。...