2014年04月03日 08時00分 UPDATE
特集/連載

仮想デスクトップ(VDI)との違いは?本格流行の前にサクッと学びたい「サービスとしてのデスクトップ」(DaaS)活用法

VDI(仮想デスクトップインフラ)と比較されることの多いDaaS(Desktop as a Service)。仕組みや特徴にはどのような違いがあるのか。また、DaaSの最適な活用法とは? DaaS導入の成功事例から探る。

[Gabe Knuth,TechTarget]

 最近はDaaS(Desktop as a Service)が大きな話題を集めており、誰もがクラウドベースのデスクトップへと移行しつつあるかのように思えるかもしれない。だが実際のところ、この市場は既にニッチな市場における新たなニッチ市場にすぎない。

 仮想デスクトップインフラ(VDI)が世界のPC市場で占める割合はまだ5%にも達していない。そして、そのVDIの採用を妨げている問題点はDaaSにも当てはまるものがほとんどだ。では、DaaSで解決できるユースケースにはどのようなものがあるだろうか?

 実際、DaaSのユースケースの多くはVDIと重なっており、特徴としては、デバイスの独立性、中央集中管理、安定性能、リモートアクセスなどが挙げられる。それでも私は、取材するDaaSプロバイダーにはいつも、最適な導入事例にはどのようなものがあるかを尋ねるようにしている。つまり、どのような導入事例が成功しているかということだ。そこから学んだことを以下にまとめる。

VDI環境のスケールアップ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

ツイートから見る訪日外国人の高評価観光スポット――東京海上日動火災保険とNTTデータ調査
ソーシャルビッグデータを活用した全国インバウンド観光調査の結果です。

news008.jpg

AmazonがAppleとGoogleを抑えトップブランドに――BrandZ 2019
世界最大級の広告代理店WPPとその調査・コンサルティング業務を担うKantarによる「世界で...

news035.jpg

人工知能「Adobe Sensei」は日本のデジタル広告市場をどう変えるのか
「Adobe Advertising Cloud」の事業責任者に広告業界で経験豊富なエキスパートが就任。日...