2014年08月28日 08時00分 公開
特集/連載

Windows XPを捨てられない企業が知りたがる“とっておき”の裏技デスクトップ仮想化のススメ

Windows XPのサポート終了は、直前になって大騒ぎになったが、今も多くの企業がXPを使っている。仮想化で、セキュリティやハードウェア互換性の問題を回避しつつ運用できるという考えもある。

[Brien Posey,TechTarget]

 一般的に、「Windows XP」のようなサポートされていないツールや製品を使うのは、ルール違反とされている。だが、同OSの引退を前に新しいOS環境が模索された理由はそれだけではない。Windows XPのサポート終了は、セキュリティの低下と、ハードウェア互換性問題の増大を意味したからだ。

 しかし、ビジネス上の理由からWindows XPがまだ必要で、無理に新しいOSへ移行したくないと考える企業は少なくない。企業によっては、仮想化によってこうした事態を乗り越えようとするかもしれない。Windows XPは、少なくとも仮想化した方がそのまま使うよりも安全である。

仮想化なら解決できるWindows XPのあの問題

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...