2014年10月07日 08時00分 UPDATE
特集/連載

仮想環境の事業継続製品 選定ポイント【第3回】VMware環境に最適なDR製品の選び方 〜サイト間切り替え(バックアップリストア)編

代表的な3つのDR(災害対策)方式のうち、「サイト間切り替え(バックアップリストア)」の実装パターン、製品選定のポイントについて解説する。

[木島 亮,伊藤忠テクノソリューションズ]

 前回の記事(VMware環境に最適なDR製品の選び方 〜バックアップデータの遠隔地保管編)では、下記のDR方式のうち「DR方式1:バックアップデータの遠隔地保管」について説明した。

  • DR方式1:バックアップデータの遠隔地保管
  • DR方式2:サイト間切り替え(バックアップリストア)
  • DR方式3:サイト間切り替え(グローバルクラスタ)

 サイト間切り替えは2つに分かれる。リモートサイトにレプリケーションされたバックアップデータをリストアして手動で切り替える方式と、レプリケーションされたプライマリデータとグローバルクラスタの仕組みを使用して切り替える方式である。今回は「DR方式2:サイト間切り替え(バックアップ)」の概要、実装パターン、製品選定のポイントについて解説する。

DR方式2:サイト間切り替え(バックアップリストア)

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news117.jpg

ソネット・メディア・ネットワークスのDSP「Logicad」がインフィード広告枠への配信を拡充
ソネット・メディア・ネットワークスはDSP「Logicad」において、インフィード広告枠への...

news048.jpg

LINEとTwitterの幹部が語る、これからのマーケティングにおけるSNS活用
「Web & デジタル マーケティング EXPO 春」から、LINE 上級執行役員の田端信太郎氏とTw...

news035.jpg

サイバーエージェント、ライブ動画の広告活用に特化した専門組織を設立
サイバーエージェントは、同社が運営する映像配信プラットフォーム「FRESH!」をはじめと...