2014年11月28日 08時00分 UPDATE
特集/連載

メール処理を効率化し“インボックスゼロ”を実現Googleの「Inbox」に対抗? Microsoftが「Outlook」にメールの自動分類機能を追加

「Microsoft Office 365」の「Outlook」で提供が開始されたエンドユーザー向けの新機能「クラッター」。大量の電子メールを効率良くさばいて受信箱を空にするのに役立つという。

[Diana Hwang,TechTarget]
tt_yo_2014_1128_outlook.jpg

 「Office 365」のビジネスユーザーが“インボックスゼロ”(受信箱を空にする)の考え方を実践したい場合、米Microsoftの新しい電子メール機能「クラッター(Clutter)」を使うのが効果的かもしれない。

 この新機能は、エンドユーザーの受信トレイから優先度の低いメールを「クラッター」フォルダに自動的に移動し、エンドユーザーの生産性向上を支援する。Microsoftの「Office Graph」の機械学習エンジンによって、メールを読んだり、処理を後回しにしたり、削除したりといったエンドユーザーの行動を理解し、受信メールが重要かどうかを判別する仕組みだ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news011.jpg

広告運用で本当に必要とされる自動化とは何か?
プラットフォームの自動化技術が進み、日本の広告運用の現場にもようやく浸透し始めてい...

news020.jpg

「動画広告を運用する」とは、そもそもどういうことなのだろうか?
ブランディング目的で活用する動画広告をどう運用するか。そのそも広告を運用するとはど...

news075.jpg

インティメート・マージャー、B2B向けリードジェネレーションツール「Select DMP」の提供を開始
インティメート・マージャーは、B2B向けのリードジェネレーションを目的としたニーズ検知...