2014年11月28日 08時00分 UPDATE
特集/連載

メール処理を効率化し“インボックスゼロ”を実現Googleの「Inbox」に対抗? Microsoftが「Outlook」にメールの自動分類機能を追加

「Microsoft Office 365」の「Outlook」で提供が開始されたエンドユーザー向けの新機能「クラッター」。大量の電子メールを効率良くさばいて受信箱を空にするのに役立つという。

[Diana Hwang,TechTarget]
tt_yo_2014_1128_outlook.jpg

 「Office 365」のビジネスユーザーが“インボックスゼロ”(受信箱を空にする)の考え方を実践したい場合、米Microsoftの新しい電子メール機能「クラッター(Clutter)」を使うのが効果的かもしれない。

 この新機能は、エンドユーザーの受信トレイから優先度の低いメールを「クラッター」フォルダに自動的に移動し、エンドユーザーの生産性向上を支援する。Microsoftの「Office Graph」の機械学習エンジンによって、メールを読んだり、処理を後回しにしたり、削除したりといったエンドユーザーの行動を理解し、受信メールが重要かどうかを判別する仕組みだ。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news044.jpg

Adobe幹部に聞く、マーケティングを超えた「顧客体験」の提供に企業が今取り組むべきこと
創業以来、クリエイティブ支援の会社として確固たるポジションを築いてきたAdobe Systems...

news014.jpg

「インスタ映え」の極意が調査で明らかに――動画の「いいね!」獲得数は静止画の3倍
秋の気配をスマホで切り取ってシェアしてみたくなるこの季節。リア充な人もそうでない人...

news018.jpg

サイバーエージェントがDDTプロレスリングを買収
サイバーエージェントは、DDTプロレスリングの発行済み株式の全株式を取得したことを発表...