2014年12月02日 08時00分 UPDATE
特集/連載

宮崎から世界へ、AWSを活用したITベンチャーの挑戦「宮崎に1000人の雇用を」 クラウドとともに歩み続けるアラタナのインフラ戦略

宮崎のベンチャー企業であるアラタナは「宮崎に1000人の雇用をつくる」ことを目標にeコマース専門のテクノロジーを提供している。「Amazon Web Services」(AWS)を活用した同社のITインフラ戦略を紹介する。

[五味明子]
tt_aa_aratana_hama.jpg アラタナ 濱渦氏

 「宮崎に1000人の雇用をつくる。これはアラタナの設立当初からの目標であり、今はその実現のために頑張っているところ」――2014年11月6日、ANAクラウンプラザホテル福岡で開催された「AWS Cloud Roadshow」において、アラタナ 代表取締役社長 濱渦伸次氏は同社のセッションの冒頭でこう述べた。eコマースに特化したITベンチャーとして2007年にたった2人で創業したアラタナは、7年後の現在、約140人の社員を抱えるまでに成長した。そしてその先の「宮崎に1000人の雇用」という目標に挑み続けるために欠かせない基盤、それが「Amazon Web Services」(AWS)のクラウドだと濱渦氏は言う。本稿では濱渦氏および同社 インフラマネージャ 月岡誠治氏のセッションの内容から、クラウドが開く地方ビジネスの可能性について考えてみたい。

「AWS以外のインフラ選択はあり得ない」

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

「辛ラーメン」は「カップヌードル」の2倍超、訪日中国人の食品認知率――ヴァリューズ調べ
ヴァリューズは「中国人の食品ブランド認知・購入状況調査」を実施しました。

news007.jpg

電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティングに関する調査を実施
電通デジタルが実施した「デジタルトランスフォーメーションとデジタルマーケティングの...

news048.jpg

Facebook活用で地方創生、神戸市の取り組みで見えた成果と課題とは?
フェイスブック ジャパンと神戸市が2018年7月に提携した「地域経済・地域コミュニティ活...