2016年01月25日 15時00分 UPDATE
特集/連載

「安定性」「アジリティ」「効率」のためにIT運用がうまくいかない時に読みたい10のヒント

データセンターの運用状況を改善して適切な管理ツールを特定するためには? 独立系の立場を取る専門家によるヒントとアドバイスを紹介する。

[Meredith Courtemanche,ITmedia]
tt_aa_kaigai.jpg SDNマップ(1回で分かる:「SDN」の基本、主要ベンダーの動向をマップで押さえよう)《クリックで拡大》

 「安定性」「アジリティ」「効率」は、データセンターのITインフラにおける最優先目標だ。データセンターの運用が安定していれば、問題解決に費やす時間が少なくなる。そして、新しいプラットフォームの実装や既存のプラットフォームの最適化にかける時間を増やすことができる。

 データセンターの運用に関するベストプラクティスは、単純なインシデント監視から、ネットワーク接続のマッピングや十分に活用されていないサーバの排除といった複雑なタスクまで多岐にわたる。

 本稿で紹介する専門家による10個のヒントは、IT資産の管理、ラックスペースへのサーバリソースの設置、インフラの構成、ITサポートの管理、その他の日常的なデータセンター運用作業のベストプラクティスに対応している。

1.ラックレベルの容量を調整する

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...