2014年03月19日 08時00分 公開
特集/連載

SSDだけではない、“第2のデータセンター”を実現する技術とは2014年「データストレージ技術」番付(後編)

企業規模を問わず、クラウド技術・サービスを利用したストレージ環境に注目が集まっている。その背景にはファイルストレージよりも進むバックアップデータの急増への対応がある。

[TechTarget]

 前編「次世代SSDがついに登場、標準規格と3Dフラッシュで進化」に続き、米TechTargetが予測した、2014年に多くの企業のIT環境にインパクトを与えるデータストレージ技術を紹介する。前編では「次世代SSD」「プライマリストレージのデータ重複排除」「ハイパーコンバージドストレージ」を紹介したが、今回はバックアップやアーカイブなどデータ保護分野でも活用可能な技術に注目する。

4. バックアップアプライアンス

 オールインワンのバックアップアプライアンスへの関心が近年高まっている。この製品カテゴリーは、データ保護市場の重要な部分を占める見込みだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news141.jpg

「営業電話が世界で激減」「チャット利用急増」など コロナ禍のB2Bマーケ&営業の現状――HubSpot調べ
問い合わせに使われるチャネルの変化や案件の成約数など、HubSpotの顧客データで読むコロ...

news060.jpg

「高齢者のデジタルシフト」「応援消費」他、コロナ禍が変えた消費行動と今後の「個客」との付き合い方
コロナ禍で起きた消費行動の変化とはどのようなものか。変化に対応するために企業が取る...

news024.jpg

なぜあのブランドは「離脱」されないのか?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...