2016年04月28日 12時00分 UPDATE
特集/連載

従業員の勤務時間は長くなるが……社長は、なぜ「リアルタイムコラボツール」を使いたがるのか?

従業員が働く場所を自由に選べる職場環境がトレンドとなり、リアルタイムコラボレーションツール、特にサービスとしてのユニファイドコミュニケーション(UCaaS)は企業にとって必須のツールとなりつつある。

[Jon Arnold,TechTarget]
イメージ

 現在の職場環境は、コミュニケーション関連技術が変化をリードする初期段階にある。従業員がデスクから離れられず、電話とPCのコードに縛られていた時代はとうに過ぎた。そうした古い環境では、コラボレーションは電話や電子メールを介して行われ、ほとんどの従業員は互いに比較的近い距離にいた。

 現在では、2つのトレンドが組織の仮想化や分散型の職場環境、そしてリアルタイムコラボレーションツールの必要性を促している。トレンドの1つは、非集中型の組織の成長のためにIPベースの技術を活用しようとする経営陣の要望だ。IPベースの技術は営業経費の削減のためにも、世界の顧客へのサービス向上のためにも、非常に魅力的だ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

オプト、Amazon専門部署を設立
オプトは、企業のAmazonチャネルシフトを支援する専門部署「Amazon戦略部」を新設した。

news056.jpg

20代女性が田舎に魅力を感じる背景に「SNS映え」と「インフルエンサー」――マージェリック調べ
マージェリックが実施した田舎に関する意識調査によると「田舎に魅力を感じる」という回...

news042.jpg

楽天の人工知能「Rakuten AIris」がマーケティング効率化にすごく有効である理由
楽天が、長年の事業展開で蓄積してきたビッグデータ資産を活用するために開発したAIエー...