2016年05月30日 07時00分 UPDATE
特集/連載

FacebookやMicrosoftも参入人工知能(AI)をビジネスに活用する「冴えたやり方」 (1/2)

現在の人工知能(AI)技術を取り巻く実情を評価する際、企業はオールマイティーなツールを求めるのではなく、特定のタスクでAIを機能させる方法を考えなければならない。

[Ed Burns,TechTarget]
チャットボット Facebookは「Messenger」アプリでユーザーと会話するチャットボットを発表した(画像はFacebookのWebサイトより)《クリックで拡大》

 人工知能(AI)利用の市場は、大きな将来性により活気に満ちている。しかし、業界のアナリストによれば、AIテクノロジーの機能とビジネス価値を現実的な視点で捉えて、その将来性への期待値を下げる必要があるという。

 「この状況は世界中の想像力を引き付けているようなものである。だが、AIへの過剰な期待は危険だ」とForrester Researchでアナリストを務めているマイク・グアルティエーリ氏は語る。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

オプト、Amazon専門部署を設立
オプトは、企業のAmazonチャネルシフトを支援する専門部署「Amazon戦略部」を新設した。

news056.jpg

20代女性が田舎に魅力を感じる背景に「SNS映え」と「インフルエンサー」――マージェリック調べ
マージェリックが実施した田舎に関する意識調査によると「田舎に魅力を感じる」という回...

news042.jpg

楽天の人工知能「Rakuten AIris」がマーケティング効率化にすごく有効である理由
楽天が、長年の事業展開で蓄積してきたビッグデータ資産を活用するために開発したAIエー...