2016年12月12日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Docker for Windowsのメリットと制限事項DockerとWindowsについて知っておくべき“全てのこと” (1/2)

「Docker」にWindowsとの互換性が加わった。だが開発者にとって欠かせない要素が全て提供されているわけではない。現時点のDocker for Windowsのメリットと制限事項をまとめた。

[Chris Tozzi,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Docker | アプリケーション | OS | Linux


Windows Server 2016が提供する2種類のコンテナ(参照:DevOpsの成否は“運用”次第、「インフラ技術者」に期待する役割とは)《クリックで拡大》

 オープンソースのコンテナ管理ソフトウェア「Docker」は、もはやLinuxだけのものではない。2016年9月、Docker社は自社のコンテナプラットフォームで「Windows Server 2016」をサポートすると発表した。

 DockerとWindowsはどのように連携するのだろう。どのような制限があり、組織にとって賢明な選択肢になるのだろうか。その答えについては本稿をご覧いただきたい。

DockerとWindowsの複雑な歴史

       1|2 次のページへ

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

博報堂DYメディアパートナーズとDAC、業種特化型マーケティングソリューションの開発を開始
博報堂DYメディアパートナーズとDACは共同で、専門的な情報に特化したWebメディアと協業...

news033.jpg

広告運用の自動化 できることとできないこと
日本の広告運用の現場にも自動化がようやく浸透し始めています。とはいえ、全てが自動化...

news069.jpg

デジタル広告の効果測定、7割の広告主が「Cookieだけでは足りない」――サイカ調査
クッキーだけでは足りないといっても、子どものおやつへの不満ではありません。もっとず...