2016年12月12日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Docker for Windowsのメリットと制限事項DockerとWindowsについて知っておくべき“全てのこと” (1/2)

「Docker」にWindowsとの互換性が加わった。だが開発者にとって欠かせない要素が全て提供されているわけではない。現時点のDocker for Windowsのメリットと制限事項をまとめた。

[Chris Tozzi,TechTarget]

関連キーワード

Windows 10 | Docker | アプリケーション | OS | Linux


Windows Server 2016が提供する2種類のコンテナ(参照:DevOpsの成否は“運用”次第、「インフラ技術者」に期待する役割とは)《クリックで拡大》

 オープンソースのコンテナ管理ソフトウェア「Docker」は、もはやLinuxだけのものではない。2016年9月、Docker社は自社のコンテナプラットフォームで「Windows Server 2016」をサポートすると発表した。

 DockerとWindowsはどのように連携するのだろう。どのような制限があり、組織にとって賢明な選択肢になるのだろうか。その答えについては本稿をご覧いただきたい。

DockerとWindowsの複雑な歴史

       1|2 次のページへ

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news007.jpg

「GoPro HERO6 Black」を差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...

news013.jpg

「AIに仕事を奪われる」 4割の若者が不安を感じている――SMBCコンシューマーファイナンス
SMBCコンシューマーファイナンスが、全国の高校生と大学生、専門学校生を対象に、AIへの...

news021.jpg

ドミノ・ピザ ジャパンは「メールマーケティングあるある」な悩みをどう乗り越えたのか
売り上げの中心がモバイルにシフトする中、ECからの受注率80%という目標を掲げるドミノ...