2017年05月25日 08時00分 UPDATE
特集/連載

期待のデバイス連携機能とは「Windows 10 Fall Creators Update」でiPhoneとAndroid、そしてWindowsの壁がなくなる

「Windows 10 Fall Creators Update」の新機能により、開発者はより一貫したクロスプラットフォームアプリを作成でき、ユーザーはさまざまなデバイスを連携させて使えるようになるかもしれない。

[Ramin Edmond,TechTarget]
「Windows 10 Fall Creators Update」 「Windows 10 Fall Creators Update」を予告するMicrosoftのWebサイト《クリックで拡大》

 「Windows 10」の次期メジャーアップデートとなる「Windows 10 Fall Creators Update」は、エンドユーザーと開発者の両方に新しいクロスプラットフォーム機能を多数提供する。

 2017年後半に提供開始されるWindows 10 Fall Creators Updateは、ビジネスユーザーがより迅速かつ簡単に仕事を処理するための幾つかの新機能を搭載する。Windows 10 Fall Creators Updateでは、クロスプラットフォームでの開発や使い勝手にも重点が置かれ、さまざまなデバイスやOSにまたがるデータやコンテンツの共有が目玉機能になる。

 「デモで示されたようにしっかり動けば、Windows 10 Fall Creators Updateは成功するだろう。われわれはいま『Windows』『Android』『iOS』が混在する世界に生きているからだ。人々はこれらのデバイスを簡単に切り替え、デバイス間で作業を引き継いで続けられることを望んでいる」。調査会社Moor Insights and Strategyの社長兼主席アナリストを務めるパトリック・ムーアヘッド氏はそう指摘する。

クロスプラットフォーム機能はIT部門の頭痛の種となるか

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news130.jpg

「価値観」を軸にした広告クリエイティブ最適化へ、4社でコンソーシアムを設立
AOI TYO Holdingsとアマナ、シナジーマーケティング、DICの4社は、属性より「価値観」を...

news015.jpg

THECOO、「iCON Suite」にインフルエンサーとフォロワー双方の興味関心データを提供
THECOOは、インフルエンサーマーケティングツール「iCON Suite」において「インフルエン...

news106.jpg

マイクロアドとソフトブレーン・フィールドがO2Oマーケティング事業を開始
マイクロアドはソフトブレーン・フィールドと提携してオンラインから実店舗への来店集客...