2017年08月09日 05時00分 UPDATE
特集/連載

「Google Cloud Next 2017」メルカリ事例【前編】メルカリがデータ分析基盤に「Google BigQuery」を採用する理由

データ分析基盤に「Google Cloud Platform」(GCP)をはじめ、Googleのサービスを多数採用しているメルカリ。中でも積極的に活用しているのが「Google BigQuery」だ。BigQueryを中心としたGCP活用事例を紹介する。

[荒井亜子,TechTargetジャパン]

 2013年7月にサービスを開始して以来、わずか4年で日米合わせて7500万ダウンロードを記録したフリーマーケットアプリの「メルカリ」。1日に100万点以上の商品が出品され、月間100億円以上の流通額を誇るサービスだ。

 メルカリ社では近年、データ分析基盤にクラウドサービス「Google Cloud Platform」(以下、GCP)をはじめ、Googleのサービスを多数採用している。中でも積極的に活用しているのがデータ分析サービス「Google BigQuery」(以下、BigQuery)だ。エンジニアではないプロデューサー職のスタッフも含め、全メンバーがBigQueryを使用できる環境を整えているという。本記事の前編では、Googleのクラウド関連イベント「Google Cloud Next 2017」(2017年6月開催)に登壇した、メルカリ 執行役員でVP of Engineeringの柄沢 聡太郎氏が行った講演を基に、BigQueryを中心としたGCP活用事例を紹介する。

メルカリ 柄沢 聡太郎氏

BigQueryの効果と課題

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news087.jpg

Webと店頭サイネージを連動する動画広告、マイクロアドデジタルサイネージとCyberBullが提供
マイクロアドデジタルサイネージはCyberBullと共同で、小売店の店頭サイネージと連動する...

news043.jpg

無料DMP「Juicer」とマーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI」が連携
トライベック・ストラテジーは、マーケティングプラットフォーム「HIRAMEKI management」...

news129.jpg

VR/AR利用ユーザーの行動を可視化したマーケティングプラットフォーム、オプトが開発
オプトは、VR/ARを活用したプロモーションのためのプラットフォーム「drop:VR360°動画...