2017年11月01日 05時00分 公開
特集/連載

“全員野球”で取り組むデータ活用Airbnbはこのツールで超高速な意思決定を実現、「データ民主化」とは (1/2)

民泊サービスのAirbnbは、起業当初からデータの価値を認識していた。同社は、データを「民主化」するツールを構築し、トレーニングを考案した。その結果、従業員はデータサイエンティストへと変貌を遂げた。

[Mary K. Pratt,TechTarget]
 Airbnb 民泊サービス「Airbnb」のWebサイト《クリックで拡大》

 民泊サービスAirbnbの経営陣はデータの力を強く信じている。従業員には1人残らずデータを活用できるようになってもらいたいと考えるほどにだ。

 「データを戦略的優位性と見ている」とAirbnbでマネジャーを務めるジェフ・フェン氏は述べる。同氏は分析製品と実験プラットフォームのチームを統括する。同氏が率いるチームは、信頼性の高いデータとツールを構築し、4000人以上もの同社の従業員に提供する役割を担っている。

 フェン氏によると、Airbnbではデータの民主化に力を入れているという。この取り組みの中心は、日常業務を行う従業員に、企業データや分析テクノロジーへのアクセスを許可することだ。それにより、従業員は必要な情報を自ら見つけて分析できるようになり、業務効率が向上する。

 アナリストや研究者はこれを賢明な戦略だと考える。

       1|2 次のページへ

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news008.jpg

佐藤尚之氏が語る、新規獲得が難しい時代だからこそ「ファン」を大切にすべき理由
これからのマーケティングが「ファンベース」であるべき理由とは何か。コミュニケーショ...

news134.jpg

Oracle、IBM、Adobeが語るデジタルマーケティングの新潮流
主要マーケティングツールベンダーは現在のマーケティングトレンドをどう見ているのか。...

news112.jpg

KDDI、ショッピングモール「Wowma!」出店店舗の中国向け越境EC参入をサポート
KDDIは、越境ECプラットフォーム「豌豆 (ワンドウ) プラットフォーム」を運営するInagora...