編集部イチ押し! 「徹底比較」資料でまる分かり あなたに合うIT製品はこれだ

TechTargetジャパン編集部では、特定ジャンルの製品/サービスの機能やコストを比較する記事を公開してきました。本コーナーでは、これまで掲載した比較記事を一覧にして紹介します。

新着の比較記事

「Google Apps for Work」は「G Suite」に名称変更

「Google Apps for Work」が2016年9月末に「G Suite」に改称した。「Office 365」との戦いはどうなるのだろうか。

(2016年10月27日)
低価格ソフトってどうなの?

デスクトップ/アプリケーション仮想化を実現するソフトウェアの中から、主要3社(シトリックス、ヴイエムウェア、パラレルス)の製品をピックアップ。それぞれの特徴を紹介する。

(2016年9月13日)

人気の比較記事

ビッグデータ活用を支える分散処理基盤

Apache Hadoopを利用すれば、ビッグデータを高速に処理可能だ。だがその導入は決して容易ではない。そこで頼りになるのが、企業向けに機能やサポートが強化された商用ディストリビューションである。注目の6種を紹介する。

(2015年3月31日)

仮想化・クラウドに関する「徹底比較」(一部は資料をPDFファイルで提供)

Hadoopとストレージシステムの良い関係【後編】

「Apache Hadoop」の要ともいえる分散ファイルシステム「HDFS」には課題も少なくない。HDFSを使わなくても済むようになる、4つのストレージシステムを紹介する。

(2016年8月30日)
ワイルドカードのHTML5接続も台頭

デスクトップ仮想化製品の主要ベンダーであるCitrix、VMware、Microsoftは、それぞれ独自の画面転送プロトコルを展開する。各社のプロトコルを比較しながら紹介する。

(2016年5月31日)
業務課題から考えるデスクトップ仮想化 徹底解説【最終回】

主要デスクトップ仮想化製品の「VMware Horizon 7」「Citrix XenDesktop 7.8」、そしてサーバOS「Windows Server 2016」のデスクトップ仮想化機能について最新情報をまとめた。

(2016年5月16日)
増えているコンテナ利用の選択肢

クラウド大手各社はコンテナを管理するための独自のサービスを開発している。AWSとAzureとGoogleはいずれもコンテナサービスを提供しているが、各社のコンテナ管理サービスにはどのような違いがあるか。

(2016年4月6日)
ガートナーの提言

多くのベンダーがPaaSを提供している中で、自社が選択すべきPaaSはどれなのか。PaaSの種類やアーキテクチャの違い、サービス選択のポイントを紹介する。

(2016年3月30日)
規模、求めるパフォーマンス、管理方法によりけり

Oracle DatabaseをAWSで実行する際に、「Amazon EC2」と「Amazon RDS」のどちらを選択すべきなのか。それぞれのメリット/デメリットをまとめた。

(2016年3月29日)
ユーザーの操作性に影響

CitrixとVMwareのユーザープロファイル管理はいずれも、Windowsの基本的な移動プロファイルよりも仮想デスクトップのデータ保護やログイン/ログオフ時のレイテンシ削減に役立つ。両者の違いは?

(2016年1月14日)
VDI用途に適する技術的な理由も解説

ハイパーコンバージド(超垂直統合型)インフラ市場における2強ベンダーが米Nutanixと米SimpliVityだ。Nutanixが長い実績を誇るのに対し、SimpliVityはリソース効率の高さで注目を集めている。

(2016年1月12日)
アプリケーション配信技術、RDSHとは

アプリケーションのリモート配信製品市場では、XenAppが依然としてトップの座を占めているが、VMwareもHorizon 6にリモートデスクトップセッションホスト(RDSH)を追加して差を縮めている。

(2015年11月25日)
複雑なシステムはもうあり得ない

ITシステムの統合が進めば、データセンターのIT管理者の作業量は減る。だが、あなたの勤務先にとって、ハイパーコンバージドインフラとコンバージドインフラは正しい選択肢なのだろうか。

(2015年11月13日)
理想的なクラウド基盤を構築する方法【第3回】

プライベートクラウド基盤を構築するためのデータ保護製品の選び方、データ保護方式、代表的な製品を比較表とともに紹介する。

(2015年10月13日)
主要パブリッククラウドのネットワークを徹底比較【最終回】

ネットワークデータ転送課金の仕組みを理解することは、クラウドでシステム構成を検討する上で重要なポイントとなる。AWSとSoftLayerのネットワークデータ転送課金の仕組みとコストを比較、整理する。

(2015年10月8日)
業務課題から考えるデスクトップ仮想化 徹底解説【第3回】

「VMware Horizon View」「Citrix XenDesktop」「Microsoft VDI」といったデスクトップ仮想化の主要製品の機能について紹介する。

(2015年9月28日)
スケーラビリティはどれも十分

米SimpliVityや米Nutanix、米VMwareのハイパーコンバージドインフラ製品は、購入前にリソース構成やスケーラビリティを理解する必要がある。

(2015年9月10日)
マルチクラウドを検討するユーザーは必見

AWSでは多様なデータベースサービスが提供されるが、Microsoft Azureには知識の豊富なマルチクラウドユーザーにとって検討に値する選択肢が幾つかある。

(2015年9月9日)
主要パブリッククラウドのネットワークを徹底比較【第2回】

AWSとSoftLayerのセキュリティ機能とロードバランサー機能を比較する。セキュリティ機能では、ファイアウォールやIDS/IPS、WAFを取り上げる。

(2015年9月7日)
Software-Definedへ向かうインフラの選択【後編】

ハイパーコンバージド製品として注目される「Nutanix」と「Evo:Rail」。それぞれどのような特徴があるのか。

(2015年9月7日)
主要パブリッククラウドのネットワークを徹底比較【第1回】

パブリッククラウドのネットワークにフォーカスし、主要サービスの仕組みや特徴、料金を比較する。第1回ではAWSとSoftLayerを取り上げ、ネットワークの仕組みを比較した。

(2015年8月19日)
既存のVMware環境をどうするか

OpenStackとVMwareは、ハイブリッドおよびプライベートクラウドの有力な選択肢だ。あなたの会社はどちらを選ぶべきだろうか。

(2015年8月5日)
OpenStack環境のストレージ選定ポイント【最終回】

OpenStackで利用するストレージの選び方を、用途や規模、システム要件を基に解説する。また、主要9製品の機能を比較した。比較表はダウンロードできる。

(2015年6月29日)
何をどのような条件で比べるか

「Amazon Web Services」「Microsoft Azure」「Google Compute Engine」を比較した際、トップに立つのはどのクラウドか。答えは何を比べるかによる。

(2015年5月11日)
いまさら聞けないハイブリッドクラウド【第3回】

ハイブリッドクラウドの運用で欠かせない製品、それはオンプレミスや他クラウドとの統合管理ツールだ。マルチクラウドに対応した管理ツールの中から、主要な製品を一覧表にまとめた。

(2015年4月9日)
責任範囲で考えてみる

VDIの管理は従来のデスクトップの管理より優れている。だが、クラウドから仮想デスクトップをユーザーに配信すると、さらに物事が楽になる。

(2015年3月17日)
AWSからSoftLayerに乗り換えた企業の事例

米IBMが提供するIaaSである「IBM SoftLayer」は、低価格のネットワーク使用料と無料のサポートで「Amazon Web Services」(AWS)の顧客を取り込んでいる。

(2015年2月23日)
米Gartnerが独自基準で評価

クラウド市場のトップを走り続けている 米Amazon Web Servicesに対し、それを追う米Microsoftは今後、自らの優位性を十分に生かし、より大きな影響力を持つことができるのだろうか。

(2014年9月25日)
ユーザー企業が“本当に欲しい”クラウドを探る【後編】

業務システムで利用可能なITインフラとして「マネージドクラウド」に焦点を当てる。ユーザーにはどのようなサービスの選択肢があるのか。後編では“個別要求”をテーマに比較した。

(2014年9月25日)
ユーザー企業が“本当に欲しい”クラウドを探る【前編】

業務システムで利用可能なITインフラとして「マネージドクラウド」に焦点を当てる。ユーザーにはどのようなサービスの選択肢があるのか。前編では“クラウドらしさ”をテーマに比較した。

(2014年9月24日)
仮想環境のHAクラスタ製品 選定ポイント【最終回】

連載を通して解説してきたVMware環境におけるHAクラスタ製品の選定ポイントを基に、「仮想マシン間HAクラスタ」と「vSphere HA+アプリ監視」を実現する主要製品の機能比較を行う。比較表は無料でダウンロードできる。

(2014年6月23日)
SMB/遠隔サイト用途にも適する9製品の比較表を提供

中堅・中小企業や遠隔サイト用途など、比較的小規模な環境でも導入可能な「重複排除バックアップアプライアンス」(エントリーモデル)。その重複排除機能や導入コストを比較する。

(2014年4月2日)
デスクトップ仮想化導入のガイドライン【第4回】

デスクトップ仮想化プロジェクトを実行する上で準備・理解しておくべきポイントをまとめる。特に重要なポイントであるデスクトップ仮想化方式については一覧表(ダウンロード可能)で整理する。

(2013年12月27日)
クラウドガバナンス現在進行形【IaaS比較編・2013年版】

2012年、35のIaaSを比較して話題を呼んだ記事がパワーアップして帰ってきた! 2013年版はスコアリングによるランキングや散布図を用い、NIST定義やサービス成熟度の観点から62のIaaSを比較する。

(2013年6月3日)
仮想環境のバックアップ製品 選定ポイント【第4回】

VMwareの仮想環境におけるバックアップ製品選定のポイントとともに、主要なバックアップ製品の機能を比較。CA、EMC、NetApp、Quest、Symantec、日立など主要なベンダー製品の機能比較表付き。

(2013年5月23日)
自社に適した端末の種類を知る

デスクトップ仮想化(VDI)環境で利用できる端末はPCやシンクライアントだけではない。ゼロクライアントやタブレットPC、スマートクライアントといった選択肢もある。それぞれも長所/短所をまとめた。

(2013年4月3日)
5つのサービスを紹介

低コストに加えて最新の法令に迅速に対応できるなどのメリットがあるクラウド会計サービス。その中で特に利用が広がっている中小企業向けサービスのコストや対応している帳票形式を比較する。

(2013年1月29日)
100〜1000人で利用したら幾ら掛かる?

「Google Apps」「サイボウズOffice on cybozu.com」「Garoon on cybozu.com」「desknet’s on Cloud」のライセンス費用をまとめるとともに、ユーザー数に応じたライセンス費用を比較する。

(2012年9月21日)
クラウドガバナンス現在進行形【比較編・2012年夏】

クラウドの本質的特徴とガバナンス要求を基に、35のIaaSを比較した。第三者認証の対応状況や約款掲示の有無、そしてハイブリッドクラウド化をしてリスク分散が可能な事業者とは。比較表はダウンロードできる。

(2012年8月10日)
ヴイエムウェア vs. レッドハット

Cloud FoundryとOpenShiftはプロダクト展開がかなり似通っている。両者の強みと弱みを考えるには、ヴイエムウェアとレッドハット両社の強みと弱みを第一に考えなくてはならない。

(2012年6月18日)
オープンソースの「クラウド基盤ソフトウェア」を比較する【第1回】

IaaSを構築するための「クラウド基盤ソフトウェア」は、Amazon Web Services登場以来、数多くの製品が開発されている。今回はその中でもオープンソースで知名度の高い3つのプロジェクトを比較する。

(2012年4月19日)

サーバ&ストレージに関する「徹底比較」(一部は資料をPDFファイルで提供)

Cloudera、Hortonworks、IBM、MapRの商用製品が対象

Hadoopの主要ディストリビューションを「デプロイモデル」「エンタープライズクラスの機能」「セキュリティとデータ保護機能」「サポートサービス」という4つの角度から比較する。

(2016年6月13日)
694人のIT担当者に調査

フラッシュストレージ市場は、コストダウンやSSDの密度と容量の上昇によって、企業向けデータセンターで急上昇の兆しを見せている。

(2015年10月22日)
ストレージアレイに最適なのはどっち?

オールフラッシュアレイとハイブリッドフラッシュストレージアレイについてパフォーマンス要素という観点から、適切な量のフラッシュストレージの導入について解説する。

(2015年6月16日)
ビッグデータ活用を支える分散処理基盤

Apache Hadoopを利用すれば、ビッグデータを高速に処理可能だ。だがその導入は決して容易ではない。そこで頼りになるのが、企業向けに機能やサポートが強化された商用ディストリビューションである。注目の6種を紹介する。

(2015年3月31日)
Zabbix、Hinemos、Nagiosなど主要ツールをピックアップ

OSSベースの運用監視ツールが機能と製品の面で充実してきている。6つのOSS監視ツールを4つの機能で比較した。

(2015年1月23日)
「Microsoft SQL Server」とSSDを組み合わせる10種のアプライアンス

日本マイクロソフトが主導となり、2012年から提供するアプライアンス製品「Microsoft SQL Server SSD Appliance」。現在、提供されている10製品を比較した。

(2014年11月18日)
社内外でのファイル共有・同期を安全に

オンラインストレージサービスを業務で利用するニーズが高まっている。だが、個人向けサービスではIT部門が管理できないなどセキュリティ面での不安が多い。そこで、企業利用を想定したサービス7選を紹介する。

(2014年3月26日)
18のサービスを紹介

万が一の災害・障害時に備え、重要なデータを遠隔地のデータセンターにバックアップするクラウド型サービス。本稿では、その導入・運用コストを比較する。

(2012年6月20日)
生体認証や仮想暗号化HDDなど機能が多彩

HDDを丸ごと暗号化する「HDD暗号化製品」。本稿はHDD暗号化製品の運用支援機能とセキュリティ機能に焦点を当て、各製品の機能を比較する。

(2012年6月6日)
エンタープライズ向けストレージ製品紹介:総括(前)

2010年10月に開始した「エンタープライズディスクストレージ製品紹介」連載で紹介した8社のストレージ製品について、各製品の機能の特徴や今後の展望などを紹介する。

(2011年10月21日)

モバイルに関する「徹底比較」(一部は資料をPDFファイルで提供)

ビジネスで使うタブレットなら「iPad Air 2」か

AppleとAmazonが販売するタブレットは、どちらのラインアップにも10インチクラスのモデルがある。Appleの「iPad Air 2」とAmazonの「Fire HD 10」を徹底的に比較して、その違いを明らかにする。

(2016年2月13日)
管理コンソールにも着目

VMwareの「AirWatch」とCitrixの「XenMobile」を評価する場合、MDMやMAM、モバイル電子メール機能も考慮する必要がある。また、管理コンソールも見過ごしてはならない。

(2016年1月20日)
スペックはどちらも十分、アプリやウイルス対策に違い

米Microsoftの「Surface Pro 4」と米Apple「iPad Pro」は、どちらもビジネスモバイルユーザーを対象に設計されている。その性能と価格、そして運用面での違いを比較した。

(2016年1月16日)
「性能は下げない、小型化も諦めない」というソニーのこだわり

「Sony Xperia Z5 Compact」は、標準サイズの「Xperia Z5」に匹敵する高性能を備えながら、コンパクト化が図られている。流行の大型スマートフォンを好まない人にとっては、間違いなく選択肢に挙がる製品になるだろう。

(2015年12月19日)
大画面か、携帯性か、それが問題だ

ノートPCの代替にもなると期待されている12.9型「iPad Pro」だが、9.7型「iPad Air 2」に比べると、高性能な分だけ価格も高い。ビジネスユースかカジュアルユースか、タブレットの使用目的ごとに性能を比較した。

(2015年12月6日)
Microsoft Office利用可能でキーボード、スタイラスも

「Office」を搭載し、オプションでキーボードが提供される米Microsoftの「Surface」はエンタープライズ向けタブレットだ。その最新モデルとなる「Surface Pro 4」に今、米Appleの「iPad Pro」が対抗している。

(2015年11月24日)
根強い人気の「BlackBerry」も比べた

米Microsoftの「Windows 10」の登場によりデスクトップとモバイル間の移行が容易になり、モバイルOS市場は転換期を迎えている。人気のあるOSを比較してみると、不満の声が大きいのはセキュリティ機能だ。

(2015年11月1日)
デザイン、パフォーマンス、バッテリーなど9項目を比較

大型スマートフォンの中で高い人気を誇る「iPhone 6s Plus」と「Galaxy Note5」。米TechTargetが主要な9項目の要件で徹底比較。どちらがより優れていたのだろうか。

(2015年10月25日)
iPhone 6s Plus登場で値下げも

「iPhone 6s Plus」が発表される中で併売される「iPhone 6 Plus」の実力と“お得さ”とは? 競合製品「Galaxy S6 edge+」との比較で、今買うべきファブレットを明らかにする。

(2015年9月13日)
制御実績や仕組みで比較

国内で入手可能なMDM製品/サービスは、どの程度の数のスマートフォンやタブレットを管理できるのか。制御実績や制御の仕組みを踏まえて比較する。

(2013年9月3日)
確実に使えるMAM、セルフサービス機能に注目

対応端末によって使える機能が違うことが多いモバイルデバイス管理(MDM)製品。全ての対応端末で間違いなく使える管理機能とは何かに注目し、MDM製品を比較する。

(2013年8月29日)
確実に使えるセキュリティ機能は?

モバイルデバイス管理(MDM)製品で使える機能は対応端末によって異なることが多い。では、全ての対応端末で間違いなく使える機能は何か? セキュリティ機能に焦点を当てて比較する。

(2013年8月19日)
価格下落やメニューの多様化が進む

モバイルデバイス管理(MDM)製品の価格や料金体系の現状はどうなっているのか。ベンダー調査を基にその実態を明らかにし、主要製品の価格/料金を比較する。

(2013年8月7日)
1ユーザー月額315円のサービスも

スマートフォンからLANへの安全なアクセスを可能にする「スマートフォンVPNサービス」。本稿は、iPhone/iPad向けのスマートフォンVPNサービスのコストを比較する。

(2012年4月4日)
月額料金の最安値は1ユーザー当たり980円

スマートフォンからLANへの安全なアクセスを可能にする「スマートフォンVPNサービス」。本稿は、Android向けのスマートフォンVPNサービスのコストを比較する。

(2012年3月28日)

セキュリティに関する「徹底比較」(一部は資料をPDFファイルで提供)

対応製品の充実度や脆弱性診断の対象範囲で差異化

セキュリティ製品の監視だけでなく、脆弱性診断など対象範囲が広がる「マネージドセキュリティサービス」。そのサービス内容を比較する。

(2012年3月29日)
従業員のアプリケーション利用を制御

2010年にリリースが相次いだ次世代ファイアウォール。TechTargetはファイアウォールの主要ベンダーに取材を行い、各社の製品比較を行った。

(2011年4月25日)

医療IT・教育ITに関する「徹底比較」(一部は資料をPDFファイルで提供)

在宅看護・介護現場のスタッフの味方

在宅看護・介護の現場でIT化が進められている。中でも、携帯性に優れたモバイル端末を導入する動きが目立つ。現場での作業負担を軽減するケア記録アプリ8種を紹介する。

(2015年3月24日)
タブレットとの併用にも便利

紙の教材をデジタルデータ化することなくテレビや電子黒板などで表示したい。こうしたニーズに応えるのが「書画カメラ(実物投影機)」だ。主要な10種を紹介する。

(2015年1月22日)
4つのサービスを紹介

医療情報をネットワーク経由で院外のデータセンターに保管し、処理を行うSaaS型電子カルテは、初期投資を抑えられるメリットがあるといわれている。4つのサービスの初期導入費、月額利用料金を比較した。

(2013年1月21日)

話題の製品/サービスを比較! あなたに合うのはどれ?

成熟市場にも変化

Gartnerによるユニファイドコミュニケーション(UC)の2016年のマジッククアドラントは、通話機能が重視されたことでベンダーの配置に変化が現れた。

(2016年9月5日)
違いはExcelのあり、なしだけではない

Googleのクラウド型グループウェア「Google Apps for Work」は新興企業や学生の支持を獲得しているが、業務利用や法令順守の面で弱点もある。「Office 365」と比べてみた。

(2016年9月2日)
いつまで続く論争

最もセキュアなWebブラウザを判断するのはとても難しい。調査は偏った結果を示すことが多いからだ。さまざまな調査に基づいて判断するにはどうすればいいのだろうか。

(2016年8月11日)
「OS X」と「iOS」の究極の選択

「MacBook」と「iPad Pro」で決定的に違う点は、クラムシェル型ノートPCか2-in-1デバイスか、そしてOSだ。それ以外の性能は実際、甲乙付け難い。どちらがベストなAppleコンピュータなのか?

(2016年7月23日)
最高級ミッドレンジクライアント

よく似た製品があふれるクライアントPC市場。その中で最高級ミッドレンジクライアントPC市場に属する「ThinkPad X1 Carbon」と「XPS 13」を比較してみた。どちらが優れているのだろう。

(2016年7月10日)
コストパフォーマンスが良いのはどちら?

処理能力と持ち運びやすさを兼ね備えた「Surface Pro 4」と、スペックとデザイン性に優れた2016年モデルの「MacBook」。ビジネスユーザーにとって、どちらが優れたデバイスなのかを徹底比較する。

(2016年7月3日)
ChatOpsで進化するIT部門のコミュニケーション【第2回】

ビジネスでチャットを利用するメリットを具体的なシーンで解説。また代表的なチャットサービスである「Slack」「ChatWork」「HipChat」の特徴や価格を紹介する。

(2016年6月21日)
標準規格はQiか、Powermatか

スマートフォンで対応が進むワイヤレス給電。現時点では2つの規格が標準の座を争っている。これまでは先行するQiが優勢だったが、ここにきてPowermatもスターバックスなどを味方にして巻き返しを図っている。

(2015年11月20日)
価格や性能、使い勝手を比べた

米Microsoftの「Surface Pro 3」と「Surface 3」。Windowsタブレットの代表格たる風格さえ備わるこの2種類のタブレットを徹底比較する。あなたが満足するのはどちらのSurfaceか?

(2015年6月7日)
「Microsoft Office」との違いも解説

企業でオフィス製品をオープンソースに切り替えると決めた場合、候補に挙がる無償のオープンソースオフィススイート製品「Apache OpenOffice」と「LibreOffice」、そして「Microsoft Office」を比較した。

(2015年3月5日)
三者の長所と短所を比べた

米MicrosoftのOffice 365とOffice 2013を比較して、さらにそれぞれと競合するオープンソースの他社製品とも比較すると、組織は費用とアプリの管理作業にかける労力を節約することができる。

(2015年2月27日)
Boot Camp、Wine、仮想Windowsのメリット/デメリット

Mac OSデバイスでWindowsを実行する最良の方法は、パフォーマンス、オープンソースサポート、集中管理のどれが必要かによって異なる。

(2015年2月7日)
ビジネスユーザーなら知っておきたい

ERPシステムの実装は、リスク、スケーラビリティ、コスト、期間など、さまざまな要素に左右される。独SAPと米Oracleを比較した場合、どちらのベンダーが優勢なのだろうか。

(2014年8月22日)
「Microsoft Office」といってもいろいろある

タブレットでMicrosoft Officeを使うなら、iPadとWindowsタブレットのどちらが適しているのだろうか。iPad版のOfficeと、Windowsタブレットで動かすクライアントPC版Officeを比較した。その結果を紹介しよう。

(2014年7月18日)
理想の仮想デスクトップ環境を求めて……

「自分のPCを仮想化する」と意気込む筆者。外出先から仮想デスクトップにアクセスする端末を検討した結果、Windows 8タブレットにたどり着いた。iOSやAndroidではなく、なぜWindows 8を選んだのか。その理由とは。

(2014年2月14日)
コストと機能を解説

Amazonは、同社のDaaS「Amazon WorkSpaces」の総所有コストについて、オンプレミス型VDIの半額と主張している。では、他のDaaSとのコスト比較では、どの程度の優位性があるのか?

(2013年12月12日)
SSDなどの実装で追随へ

米RackspaceのIaaSユーザーたちは、同社のデータセンターが増強されたことで、クラウドコンピューティングのパフォーマンスが向上し、AWSとの性能差が埋まると期待している。

(2013年12月11日)
“ウェアラブル革命”は本当か

米Appleの参入もうわさされるスマートウオッチに、Samsungとソニーが製品を投入した。両製品の機能やディスプレー、接続性能などを早速比較する。スマートウオッチの可能性とは?

(2013年10月4日)
もはやDropboxだけじゃない

仕事で利用できるクラウドストレージ、ファイル共有サービスを選択する場合、セキュリティや管理機能はもとより、複数のプラットフォームにまたがってコラボレーションが可能かどうかも考慮しなければならない。

(2013年8月8日)
iPadの短所、Androidの長所は?

タブレットの使い勝手やできることは、OSによって大きく異なる。タブレット選びに失敗しないためには、各OSの特徴を熟知しておくことが不可欠だ。主要OSの特徴を解説しよう。

(2013年8月2日)
ライブ配信や動画の同時閲覧が可能

「Skype」「FaceTime」などが知られるビデオメッセージング市場に「ハングアウト」で本格参入した米Google。機能を詳細に見ると先行サービスを超える高い水準だった。機能を比較する。

(2013年6月28日)
マップ、ナビゲーションなど4製品を紹介

数多くあるAndroid用のGPSマップアプリやナビゲーションアプリ。その中でよく使われる無料アプリを紹介する。最強の製品と評価できるのはどれか?

(2013年6月21日)
クラウドファースト時代に考えるITインフラ選定のツボ【後編】

多様なITインフラ形態が存在する中で、どれを選べばいいのか。後編では、パブリッククラウドやプライベートクラウドを比較する。

(2013年6月19日)
価格以外で差別化を狙うGoogle

Googleはパフォーマンスや付加機能を重視する方針。一方Amazonは、1分単位の従量料金制や月間稼働率によるSLA保証を導入することでGoogleとの差を縮めていくといわれている。

(2013年6月13日)
あなたのニーズに合うのはどれ?

数多いAndroid用のWebブラウザの中からどれを選ぶべきか。代表的なブラウザとニッチなブラウザを紹介し、機能を比較する。

(2013年5月24日)
進化を続けるマルウェアの実態(前編)

米New York Timesを襲った中国からのサイバー攻撃は、その発覚まで4カ月以上かかった。ウイルス対策製品頼みのセキュリティ対策だけでは、先進的な攻撃を防ぐことは難しい。その手口を検証してみる。

(2013年5月17日)
標準規格対応はBlackBerryのみ

モバイル端末と保有データの暗号化は、総合的なモバイルセキュリティ対策に重要な要素である。機密性の高いデータを保護するには暗号化機能を実装することが不可欠だ。主要な4つのモバイルOSの機能を比較した。

(2013年4月11日)
完璧な解決策ではないが、有望な技術

モバイルアプリの開発手段として、HTML5はどのくらい有効なのか。有力な対抗馬であるネイティブアプリ方式との比較を通して、HTML5の実力を探る。

(2013年4月1日)
本物のWindowsマシンはどちら?

企業のWindows管理者は米Microsoftの「Surface RT」をほとんど利用してこなかったが、間もなく登場する「Surface Pro」はタブレットを導入する企業において「Apple iPad」の有力な対抗馬になるかもしれない。

(2013年1月25日)
モバイル向けアプリ開発の選択肢【前編】

モバイルアプリ開発で焦点となるのは、アプリのタイプとしてネイティブアプリを選ぶか、クラウドアプリを選ぶかだ。本稿ではそれぞれの特徴を説明する。

(2012年11月29日)
ベンダー各社のサポートは?

リモートデスクトップ環境を実現する仮想デスクトップインフラ(VDI)とRemote Desktop Services(RDS)はどこが違うのか。米Citrix Systemsと米VMwareによるVDIとRDSのサポートについても説明する。

(2012年9月27日)
検討事項はコストだけではない

オンプレミスとSaaS、どちらを選ぶか。コスト、セキュリティ、カスタマイズ、管理、コンプライアンスといった総合的な視点で、オンプレミスとSaaSのメリット/デメリットを比較した。

(2012年8月20日)
タブレットはMicrosoftとAppleの次の主戦場?

米Microsoftが自社製タブレット「Surface」を発表したことで、タブレット市場はさらに面白くなった。SurfaceはiPadの牙城を切り崩せるのか? まだ不明な点は多いが、分かる範囲内でSurfaceとiPadを比較してみた。

(2012年7月6日)
クラウドビッグデータ元年のPaaS動向【後編】

最も自動化が進んだクラウドベースのHadoopビッグデータ分析サービスを提供するベンダーはどこか。前編に続いて、IBM、MicrosoftのHadoop対応を見ていこう。

(2012年5月30日)
クラウドビッグデータ元年のPaaS動向【前編】

パブリッククラウドのビッグデータ対応を最も進めているベンダーはどこか? 前編ではAmazon.com、Google、Heroku(Salesforce.com)のHadoop対応状況を紹介する。

(2012年5月28日)
仮想化環境用バックアップツールを比較検討する(後編)

DR戦略の一環として導入が進む仮想化環境のバックアップツール。6つの主要なサードパーティー製品について、その導入検討に役立つ特徴やシステム要件、価格体系などを一覧表にまとめてみた。

(2012年5月21日)
携帯電話料金との比較も用意

どのサービスが一番安いのか。携帯電話と比べた場合のコスト削減効果は。本稿は、スマートフォンIP電話サービスのコストを比較する。

(2012年3月22日)
ERP比較ガイド:クラウドERP(前編)

海外進出した企業で最初に必要となるERPの機能といえば会計と人事。本稿では、企業が海外拠点で利用する場合を想定し、主要なクラウドERPの機能紹介と、コスト比較をお届けする。

(2012年2月29日)
どれを選ぶ? パブリッククラウド比較【第2回】

企業利用の視点に立って代表的なPaaS(Amazon EC2、Google App Engine、Force.com、Windows Azure)の機能やサービスを比較した。

(2011年10月27日)
Google Appsの企業利用を考える【第3回】

Notes、Exchange、サイボウズといった主要グループウェアとGoogle Appsは何が違うのか。他社製品の優れた機能を挙げるとともに、「生まれの全く異なる」Google Appsの優れた点を紹介する。

(2011年10月12日)
どれを選ぶ? サーバ仮想化製品比較【第1回】

VMware vSphere、Citrix XenServer、Hyper-Vといった各ハイパーバイザーについて、製品構成、機能などをなるべく同じ視点で比較。導入したい環境にマッチした製品を選択できるよう、各製品の特徴と違いを理解しよう。

(2011年9月28日)
統合ストレージシステム対決:NetApp FAS vs. EMC VNX(前)

統合ストレージ製品を提供するEMCとNetApp。両社以外にも提供ベンダーは多く存在するが、製品検証という点でこの2社がよく引き合いに出されるのはなぜだろうか?

(2011年9月6日)
マルチデバイス時代の統合管理を実現するMDM【後編】

iPhone、iPad、Androidなどのスマートデバイスを統一ポリシー下で管理可能とするMDM(モバイル端末管理)製品。2011年は国内外でリリースが相次いだ。現時点での特徴や違いを紹介する。

(2011年8月17日)
アプリケーション仮想化とは

注目が増すアプリケーション仮想化。マイクロソフト、シトリックス、ヴイエムウェアの3大ベンダーで製品を比較した。

(2010年8月9日)