TechTargetジャパン

製品資料
ビッグテータ分析の進化をコスト削減とともに実現する「データレイクの効用」
 データレイクは、Apache Hadoopの新しい機能として開発された「YARN」というアーキテクチャと関連性が深い。YARNは多種多様なワークロードを分散処理する司令塔として、構造化・非構造化を問わず、常にシステム内に流れ込んでくる、あるいはERPやCRMなどで蓄積されてい...(2016/10/20 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

製品資料
「ビッグデータ分析」実践ガイド:導入と活用を成功させるプランニング
 ビッグデータ技術は日々進化し続けており、最近ではIoTデバイスなどからの膨大なデータストリームをリアルタイムに処理して予測分析を行う、といったことも可能になってきた。これにより最新の情報を駆使して、より迅速なビジネス展開を実現できる。 しかし、こうした...(2017/6/1 提供:インテル株式会社)

レポート
Hadoopはなぜ必要か? データ分析アーキテクチャを最適化する4つのメリット
 長年に渡り、データ分析基盤の中心となってきたEDW(Enterprise Data Warehouse)。近年は、データのボリュームと多様性の増加、データの移動と変換の複雑化、新たなデータソースの追加といった要因により、これまでのアプローチに限界が見え始めている。 従来型の高コ...(2017/1/19 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

レポート
Hadoopをクラウドで実行すべき5つの理由――ビッグデータ分析に向けた基本戦略
 ビッグデータ時代の分析モデルとして、多くの企業でデータ主導型ビジネスへの移行が進んでいる。この流れの中、ビッグデータ処理に最適な分析基盤として「Apache Hadoop」が注目されているが、そのオンプレミス導入には技術的・経済的に大きな負担が伴う。 特に社内で...(2017/1/19 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

レポート
ビッグデータ時代の分析基盤はリアルタイム分析でチャンスをつかむ
 企業の行動方針を決定する重要な判断材料として、業務状況の指標の分析は欠かせない。現代は膨大な業務指標データをリアルタイムで処理するが、自力で大規模データを解析するプラットフォームとして「Apache Hadoop」の採用が増えている。 一方、業務指標や経済指標だ...(2016/9/23 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

Webキャスト
Apache StrutsやOpenSSL、改ざん被害でWebサイト閉鎖。そのとき企業はどうする?
 OpenSSLの脆弱性や国内セキュリティ企業が相次いで注意喚起を呼び掛けるApache Strutsの脆弱性など、Webサイト攻撃の手法は激増している。また、攻撃対象は大手企業だけでなく、中堅・中小企業への攻撃が激増していることも近年のWebサイト攻撃の大きな特徴といえる。例...(2016/3/22 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
リアルタイム分析―これからの基幹系システムデータの分析要件とは
 マーケティングや経営分析を実施する上で欠かせない販売実績やPOSに関するデータは、基幹系システムに格納されている。この稼働に支障が出ないよう、データ分析を行う際は必要なデータをいったんデータストアへコピーし、ETL処理を行った上で、データウェアハウスに格納...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
ビッグデータ活用でレコメンド機能を強化、DMM.comを支える高速分析基盤とは?
 2015年10月で1700万人の会員数を突破しているDMM.comグループのシステム構築と運営、Webマーケティングを手掛けているDMM.comラボ。同社は多様化する顧客のニーズに応えるため、ビッグデータを用いてユーザー特性を分析、お薦めの商品を紹介するレコメンド機能や行動分...(2017/7/20 提供:Cloudera株式会社)

製品資料
自動車業界におけるHadoop活用、データサプライチェーンで得られる付加価値とは
 IoTはさまざまな工業製品や家電製品、そして工場などの生産現場などに新しい付加価値を提供する技術として期待されている。しかし、こうした付加価値を最大化するには、センサーから流れてくるデータフローを効率的に集約し、リアルタイムな分析を可能にする基盤が欠か...(2016/10/20 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

製品資料
ビッグデータ活用の大前提となる「データ形成プロセス」を効率化するには?
 ビッグデータ分析を行う企業の中で、構築した分析環境に回すデータそのものの形成をストレスなく実行できている企業は少ない。また分析対象のデータの種類を増やしたり、IoTからのデータフローを分析したりするようになってから、データ形成時間の短縮やデータの信頼性...(2016/10/20 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

レポート
前年比16倍を超えたサイバー攻撃、2016年上半期のセキュリティ動向と対策
 IBMは全世界10拠点のセキュリティオペレーションセンター(SOC)で観測したセキュリティ情報をベースに、1日当たり200億件以上のデータをリアルタイムで相関分析している。この中で、主に日本国内の企業環境で観測された脅威動向を分析・解説したものが「Tokyo SOC情報...(2016/9/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
個々の属性をリアルタイムに把握、顧客ニーズを捉える分析基盤の条件は?
 マーケティングや開発戦略において、個々の顧客属性に合わせたサービスを展開することの重要性は以前から指摘されていた。そこで多くの企業では、年齢、職業、性別、家族構成などの属性データを集めてグループ分けをし、顧客分析を行ってきた。 しかし、多くの顧客は必...(2016/9/20 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Webキャスト
「Spark」を動画で徹底解説、高速ビッグデータ分析環境を簡単に構築する方法
 これまでビッグデータ分析技術といえば「Apache Hadoop」が利用されてきたが、処理速度には課題があった。そこで、インメモリ技術による高速処理を特徴とし、機械学習ではHadoopの10〜100倍という速度を誇る「Apache Spark」を採用する企業が増えている。 利用が進む背...(2017/3/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
小売業者のHadoop活用術、より少ない投資で効率的なビッグデータ分析をする方法
 Apache Hadoopは大規模なデータを並列分散処理するオープンなフレームワークで、一般的なビッグデータ分析では多くのユーザーが活用している。近年、このフレームワークにYARN(Yet Another Resource Negotiator)などの機能が加わり、複数の並列分散処理を同時に行える...(2016/10/20 提供:ホートンワークスジャパン株式会社)

製品資料
オープンソース活用の常識を変えるエンタープライズ向けIT基盤が生み出す価値
 市場のニーズの多様化や予測しきれないビジネス環境変化に対応していくには、常に新しい技術が実装されるオープンソースソフトウェア(OSS)の活用が欠かせない。中でも注目されているのが「Node.js」「Apache Spark」「Docker」の3つだ。 Dockerで柔軟性の高いシステ...(2017/5/22 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
Hadoop/Sparkと相性の良い製品は? ビッグデータ分析基盤の正しい選び方
 大規模な分散処理も低コストに実現するフレームワーク「Apache Hadoop」により、分散処理によるビッグデータ分析が本格的に普及し始めた。銀行におけるきめ細かな顧客コミュニケーションや、運転データのリアルタイム分析による事故防止サービス、生活者の価値観などに...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Hadoopに使いやすさと自動化を──OSSとエンタープライズ機能の融合
 データの大容量化と多様化が進む中、さまざまな種類の膨大なデータを低コストで格納し分析するためにHadoopの採用を検討する企業が増えている。しかし、Hadoop内部に格納されているデータから重要な洞察を引き出すためには、予想以上に高度なスキルと多大な労力が必要だ...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
Hadoopよりも高速なSparkの活用を積極推進するIBMは何をしようとしているのか?
 2009年にUC Berkeley AMPLabのプロジェクトとしてスタートした「Apache Spark」は、2010年にオープンソース化され、現在ではApache Software Foundationで最もアクティブなプロジェクトの1つとなった。SparkはHadoopと比較して、統計処理や機械学習のような「繰り返し計...(2015/11/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
なぜ優良企業ほどリアルタイムな予測モデルを持つ分析基盤の構築を急ぐのか?
 顧客の意識やニーズをリアルタイムに予測・分析できる基盤が求められるようになった背景には、優れた顧客体験の提供をこれまで以上に企業が重視するようになったことが挙げられる。この傾向は、これまでデータ分析によって競争優位を獲得してきた企業ほど強い。しかし一...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 10月21日号:今、リプレースが必要な理由
 Computer Weekly日本語版 10月21日号は、以下の記事で構成されています。■Internet Explorerのサポート終了でレガシーの呪縛を断ち切れるか? Microsoftは、IE8、IE9、IE10のサポートを終了する。ブラウザベースのアプリケーションを多く抱える企業は、社内アプリケ...(2015/10/21 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
基礎解説:Hadoop/Spark環境の効果を最大化するプラットフォームの条件
 オープンソースの分散コンピューティングミドルウェア「Hadoop」は、スケーラビリティや耐障害性などに優れていることで、データ分析基盤のデファクトスタンダードになっている。しかし、レイテンシの高さや、繰り返し処理などで時間がかかることが課題になってきた。 ...(2016/11/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
WannaCryの陰で深刻化していた「公開サーバの脆弱性」、攻撃手法と対策を解説
 世界規模で猛威をふるった暗号化型ランサムウェア「WannaCry」。国内でも多くの企業が対策を迫られた。このランサムウェア騒動の裏で深刻化していたのが、「公開サーバ」への攻撃だ。 トレンドマイクロによれば、2017年1月〜3月だけで、国内で既に17件もの公開サーバへ...(2017/6/14 提供:トレンドマイクロ株式会社)

製品資料
Amazon EC2実践ガイド:HAクラスタを構築してアプリ可用性と耐障害性を確保
 高いSLAを提供するAmazon Web Services(AWS)だが、大規模障害とまったく無縁というわけではない。そこで、大規模障害に対処し、AWS上でアプリケーションの可用性を確保・向上させる手段として、オンプレミスと同じようなHAクラスタ環境を構築する企業も多い。 こうし...(2016/12/1 提供:サイオステクノロジー株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 9月20日号:本気を出したGoogleはAWSに勝てるのか?
 Computer Weekly日本語版 9月20日号は、以下の記事で構成されています。■AWS対Microsoft対Google──決算報告書に隠されたクラウド戦争の優劣■Windows Mobileを切り捨てたMicrosoftはどこに向かっているのか?■列指向ストレージエンジン「Apache Kudu」とは何か■Go...(2016/9/20 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
IoT時代のビジネスを加速するビッグデータ基盤の課題と解決策
 今、多くの企業で、さまざまなIoT機器から生成されるビッグデータを分析し、ビジネスに積極的に活用しようという動きが活発化しつつある。IoT時代におけるIT基盤では、ビッグデータに特化したサーバハードウェアの導入だけでなく、ビッグデータ基盤を自動的に構築する仕...(2017/7/26 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
別冊Computer Weekly 次世代オープンソースビッグデータツール
 ビッグデータの世界にも、既に世代交代の波が押し寄せている。先進企業は新しいツールを導入して分析の高速化や高度化を実現し、さらに先へと進んでいる。これまでの定番ツールを置き換える新世代のツールとは? 本PDFは以下の2つの記事で構成されている。・MapReduce...(2016/2/9 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月2日号:2つのオープンソースハードウェアプロジェクト
 Computer Weekly日本語版 8月2日号は、以下の記事で構成されています。■オープンソースハードウェア技術「Open19」と「OCP」の微妙な関係■十分に進化した生体認証は“手に埋め込んだチップ”すら不要になる■未来のボルボ車はAndroid OSが基本機能を制御■Hadoopの父...(2017/8/2 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
OpenSSLの脆弱性問題で注目度急上昇「Forward Secrecy」って何だ?
 OpenSSLの脆弱性問題には、該当ソフトのアップデートという対処でいったん安全を保てるものの、サーバ管理者としては今後に備えて根本的な対策を施す必要がある。特に今回の問題を通じて、もしサーバのトラフィックを記録し続けている盗聴者がいて将来的に暗号化の秘密...(2017/3/21 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
オープンソースの真のパワーを生かせるITインフラとは?
 従来の硬直的なシステムでは急速に変化する市場や顧客の要望に応えることは難しい。そのように考える企業があらためて注目しているのが、オープンソースソフトウェア(OSS)だ。世界中の開発者やベンダーが協力して開発しているOSSは、開発スピードや優れたユーザーイン...(2016/12/1 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
ディープラーニング実装の3つの準備──AIの実現に向けた高速処理基盤の作り方
 既に画像/音声認識や動画合成などで、人間に匹敵する能力を発揮している「ディープラーニング」。人工知能(AI)を実現するために不可欠な技術だが、その実装には、アルゴリズムだけでなく、膨大かつ多様なデータを高速処理できるコンピューティング能力も求められる。(2017/8/8 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

Loading