枯れたはずのDWHが「クラウドDWH」で再び盛り上がる訳特選プレミアムコンテンツガイド

大規模データの蓄積や処理に使われる技術の中では「Hadoop」が優勢だった。だが最近は、一時期守勢に立たされたはずの「DWH」が「クラウドDWH」へと形を変え、再び関心を集めつつある。背景には何があるのか。

2023年03月17日 04時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 ビジネスの現場で蓄積されるデータは大きな勢いで増え続けており、企業はデータの蓄積と処理の手法について見直しを迫られている。分散処理ソフトウェア「Apache Hadoop」が優勢だったこの分野で、Hadoopに変わり関心を集めているのが「クラウドDWH」(DWH:データウェアハウス)だ。

 従来型の“枯れた”データ蓄積手段であるDWHは、Hadoopの盛り上がりとともに守勢に立たされた。それがクラウドDWHへと形を変え、あらためて脚光を浴び始めている。企業のITインフラにクラウドが選択肢に入ったことと、管理や保守に比較的手間がかからないことが、クラウドDWHの導入を後押ししている。

 クラウドDWHの分野では、Amazon Web Services、Microsoft、IBMなどの大手ベンダーに加え、Snowflake Computingなどの新興ベンダーも台頭しつつある。本資料は、クラウドDWHベンダーの動向とユーザー企業が得られる導入のメリットを整理した上で、アスリート向けWebサービスを展開する企業のクラウドDWH導入事例を紹介する。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

連載:クラウドで復活する「DWH」

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...