少人数空間「ハドルルーム」が“未来の会議室”になる特選プレミアムコンテンツガイド

「ハドルルーム」と呼ばれる少人数制の会議スペースへの支持が、オフィスワーカーの間で広がりつつある。従来よりも自由度の高い会議や働き方を可能にするからだ。

2023年03月21日 04時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 「リモートワーク」「モチベーション向上」「コミュニケーション推進」「働き方改革」――一筋縄ではいかないこうした難題を、意外な方法で解決できる可能性がある。それが「ハドルルーム」だ。

 ハドルルームとは、一般的には2、3人、多くても4、5人が入れるくらいのスペースであり、簡単に言えば小さな会議室ということになる。こうした小さなスペースが担う役割は、従来の会議室で連想するような堅苦しいものではない。

 未来の会議室、リモートワークの切り札として期待されるハドルルームは、従来の会議室とはそもそもの発想が異なるのだ。遠隔作業なのか、コミュニケーションの活性化なのかなど、したいことに合わせてでき上がる空間がハドルルームだと考えればよい。

 AI(人工知能)技術を使うことでハドルルームの可能性がますます広がっている。本資料は、ハドルルームでできることを知り、これまでとは異なる働き方の発想をするために必要な情報をまとめた。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

記事ごとに読む

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。