少人数空間「ハドルルーム」が“未来の会議室”になる特選プレミアムコンテンツガイド

「ハドルルーム」と呼ばれる少人数制の会議スペースへの支持が、オフィスワーカーの間で広がりつつある。従来よりも自由度の高い会議や働き方を可能にするからだ。

2023年03月21日 04時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 「リモートワーク」「モチベーション向上」「コミュニケーション推進」「働き方改革」――一筋縄ではいかないこうした難題を、意外な方法で解決できる可能性がある。それが「ハドルルーム」だ。

 ハドルルームとは、一般的には2、3人、多くても4、5人が入れるくらいのスペースであり、簡単に言えば小さな会議室ということになる。こうした小さなスペースが担う役割は、従来の会議室で連想するような堅苦しいものではない。

 未来の会議室、リモートワークの切り札として期待されるハドルルームは、従来の会議室とはそもそもの発想が異なるのだ。遠隔作業なのか、コミュニケーションの活性化なのかなど、したいことに合わせてでき上がる空間がハドルルームだと考えればよい。

 AI(人工知能)技術を使うことでハドルルームの可能性がますます広がっている。本資料は、ハドルルームでできることを知り、これまでとは異なる働き方の発想をするために必要な情報をまとめた。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

記事ごとに読む

ITmedia マーケティング新着記事

news050.jpg

ウェルビーイング調査 今後最も力を入れたい分野は「身体」、優先度が低いのは?
ASAKO サステナラボは、独自の「60のウェルビーイング指標」により生活者の充足度を数値...

news068.png

10代の7割超がショート動画を「ほぼ毎日見ている」――LINEリサーチ調査
LINEリサーチは全国の男女を対象に、ショート動画に関する調査を実施しました。

news158.png

自社の変化に対して行動する従業員はわずか2割 なぜそうなる?――電通調査
自社の変化に対する従業員の意識について確認するための調査結果です。