2023年03月22日 04時00分 公開
特集/連載

「NVMeストレージ」が遅い意外な原因と、その解決策特選プレミアムコンテンツガイド

NVMeストレージはデータ転送の高速さがメリットだが、ファイルシステムがボトルネックとなり十分な性能が出せないことがある。ボトルネックの原因を特定し、NVMeストレージの性能を向上させる方法について説明する。

[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 フラッシュストレージの性能を最大限に生かすために登場したストレージインタフェース規格「NVMe」(Non-Volatile Memory Express)。このNVMeに準拠したストレージは、データ処理の遅延の少なさが特徴だ。一方でストレージへのデータの保管や読み書きを制御する「ファイルシステム」がボトルネックとなり、人工知能(AI)技術など処理の高速さが求められるシステムでは、想定した性能が出ないことがある。

 たくさんのハードウェアを用意することで、ファイルシステムのボトルネックを回避しようとするベンダーもある。しかしそうすると価格が高くなり、予算に限りのある企業にとっては手が出しにくくなる。本当に重要なのは、ハードウェアとファイルシステムが、各企業のワークロード(アプリケーション)の種類や予算に見合った性能を発揮できるかどうかだ。

 本資料は、NVMeストレージのデータ処理を遅らせる原因と、この課題を解決し、処理性能を向上させるためのファイルシステムの選定方法について説明する。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

連載:「NVMeストレージ」の実力を最大限に引き出す

ITmedia マーケティング新着記事

news067.jpg

Xにおける「バレンタイン」を含む言及数は過去4年間で最多だがUGC数は最少 どういうこと?
ホットリンクは、X(旧Twitter)に投稿されたバレンタインに関するUGCについて調査しまし...

news061.jpg

Expedia幹部が語る旅行体験向上のためのAI活用とグローバルブランド戦略
Expediaは、日本での18周年を記念してブランドを刷新した。テクノロジーへの投資を強化し...

news046.png

B2Bマーケティング支援のFLUED、国内のEC/D2C企業20万社のデータベース「StoreLeads」を提供開始
B2Bマーケティング・営業DXを支援するFLUEDは、カナダのLochside Softwareが提供するECサ...