「Log4Shell」攻撃活動はなぜ“尋常ではない”のか 企業が打つべき対策とは?TechTarget発 世界のITニュース

「Apache Log4j」の脆弱性「Log4Shell」の攻撃は専門家も驚くほどの勢いを見せ、企業を狙っている。なぜ、これほど猛烈なのか。企業はどうすればいいのか。

2022年02月01日 05時00分 公開
[Shaun NicholsTechTarget]

関連キーワード

脆弱性 | 脆弱性対策 | サイバー攻撃


 「Log4Shell」として知られる、Javaのログ出力ライブラリ「Apache Log4j」の脆弱(ぜいじゃく)性「CVE-2021-44228」の悪用が活発化している。セキュリティベンダーArmisの最高技術責任者(CTO)、ナディール・イズラエル氏は、2021年12月に公表されたLog4Shellについて「攻撃が拡大する速度と規模は他の脆弱性と比べて尋常ではない」と述べる。

1分当たり3000回以上の攻撃の試み 「尋常ではない」Log4Shellの攻撃活動とは?

 Armisは同社製品のユーザー企業のうち、約3割がLog4Shellを悪用した攻撃の的になり得るとみている。セキュリティ専門家は、ハッカーがLog4Shellによって企業のシステムに入り込んで任意のコードを実行するといった攻撃が発生していると説明する。セキュリティ研究者のグレッグ・リナレス氏によれば、2021年12月15日早朝(現地時間)には、Log4Shellを使った攻撃の試みは毎分約3400回だった。中には、情報窃盗やランサムウェア(身代金要求型マルウェア)の拡散を狙った攻撃もあったとリナレス氏は言う。

 Log4Shellを使った攻撃の勢いの理由として、イズラエル氏はApache Log4jが企業の間で広く使われていることと、Log4Shellの悪用のしやすさが重なっていることを挙げている。Log4Shellによる攻撃は大規模なデータ流出につながりかねないため、同氏は企業に対してすぐに対策を講じるよう呼び掛けている。

 これまで、Log4Shellによる攻撃は主にインターネットに接しているサーバを標的としてきた。Armisによれば、今後はIoT(モノのインターネット)デバイスを狙った攻撃も増える可能性がある。同社は産業用デバイスや監視カメラ、一般消費者のWebカメラなど、さまざまなIoTデバイスに注意が必要だとみている。

Apache Log4jに潜む「もう一つの脆弱性」とは

 2021年12月中旬、Log4Shellの発見から約1週間後にApache Log4jの2つ目の脆弱性「CVE-2021-45046」が見つかった。CVE-2021-45046はLog4Shellから派生した脆弱性で、「Apache Log4j 2.15.0」をインストールした一部のシステムに存在する。この脆弱性はLog4Shellと比べて大規模な攻撃のリスクは低いものの、DoS(サービス拒否)攻撃に悪用される恐れがあるという。企業はApache Log4jを最新版「Apache Log4j 2.16.0」に更新すれば、Log4ShellとCVE-2021-45046の両方の対処ができる。

TechTarget発 世界のITニュース

新製品・新サービスや調査結果、セキュリティインシデントなど、米国TechTargetが発信する世界のITニュースをタイムリーにお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.png

インターネットの利用環境、女性の66%は「スマホのみ」――LINEヤフー調査
LINEヤフーが実施した2023年下期のインターネット利用環境に関する調査結果です。

news108.png

LINEで求職者に合った採用情報を配信 No Companyが「チャットボット for 採用マーケティング」を提供開始
就活生が身近に利用しているLINEを通して手軽に自社の採用情報を受け取れる環境を作れる。

news102.jpg

GoogleがIABのプライバシーサンドボックス批判に猛反論 完全論破へ42ページのレポートを公開
Googleは、米インタラクティブ広告協会から寄せられた批判について「多くの誤解と不正確...