TechTargetジャパン

レポート
エンタープライズPLCのススメ
さまざまな紆余(うよ)曲折を経て、2006年に屋内利用が可能になったPLC。コンセントがそのままLANポートになるという、イーサネットLAN、無線LANに次ぐ“3つめの LAN”を、果たして企業向けに活用できるのだろうか。その規制緩和までの流れと現在も抱えている電磁波の問...(2008/5/26 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
PLCモジュールを手のひらサイズで実現するMicro PLCプラットフォーム&リファレンスデザイン
Micro PLCプラットフォームは、Industry 4.0に対応すべく開発された業界最小のPLCである。設計者は、このプラットフォームを利用して簡単に自身の設計機器での評価ができ、リファレンスデザインをそのまま利用することもできる。CPU/PCUモジュールと6種類のI/Oモジュール...(2015/6/1 提供:マキシム・ジャパン株式会社)

技術文書
基礎から始める FL-net 入門編
 工場の自動化が急速に広がる中、各種コントローラーやFA機器を相互接続により、システムを統合化する必要性は大きく高まっている。 そのため、ネットワークの標準化が国際的な動きとなっている。「FL-net(エフ・エル・ネット)」は、日本電機工業会(JEMA)が推進する...(2015/9/24 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
【非掲載】PLCデータをSNMPトラップで発信!SNMPエージェント機能実装のSCADAパッケージ
<PLC+SCADAソフトのシステムとは?>データセンターやサーバ室で温湿度、空調機状態、火災や地震を監視する場合、PLC等の制御機器とWindowsベースの汎用SCADAパッケージを活用してシステム構築するケースは珍しくない。このPLC+SCADAソフトベースの監視・制御システムは...(2011/2/1 提供:株式会社椿本チエイン)

技術文書
白色LEDでこれまでにない色の一貫性を実現する「10度ビニング」
 一般照明におけるLED使用の増加に伴って、白色ビニングの重要性はますます高まっている。 しかし、現在世界的に採用されているCIE 1931 2°表色系は限界になりつつあり、白色LEDの知覚的色差を適切にマッピングすることは、もはや不可能で、変更すべき時期に来ている。(2016/7/13 提供:オスラム株式会社 オプトセミコンダクターズ)

プレミアムコンテンツ
電気制御設計/電気電子回路設計者のための「職務経歴書」の書き方
 転職活動をする際に必要となる「職務経歴書」。その記載の仕方にはさまざまなコツが存在します。本稿では、「電気制御設計職」「電気電子回路設計職」にフォーカスして、それぞれに適した職務経歴書作成のポイントをご紹介します。 職務経歴書の作成は非常に大変な作業...(2016/11/15 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
電気自動車(EV)充電ステーションを安全で高効率にするフォトカプラ
 路上を走行するEV台数が急増しており、エネルギーを補給して路上に迅速に戻るために、より多くの充電施設が必要とされています。EV充電ステーションは、充電施設において、電気エネルギーをEVに供給しネットワーク接続を提供する重要な要素です。 急速充電システムのニ...(2016/10/24 提供:アバゴ・テクノロジー株式会社 (Broadcom Limited))

技術文書
測定の効率をあげるBenchVueソフトウェア
 BenchVueソフトウェアなら、機器の設定、測定、データ保存、ロギング等の一連の測定作業をPCから操作できるのはもちろん、繰り返し測定などの簡単なテストシーケンスもテストフローアプリケーションを使って実現できる。基本プラットフォームは無償、Proバージョンはラ...(2016/4/25 提供:キーサイト・テクノロジー合同会社)

製品資料
IoTシステム構築の初歩から事例まで!「CONPROSYS」とは?
 単なるリモートIO/遠隔監視に留まらず、あらゆるモノから得られる情報を活用・分析することで、新たなサービス・製品競争力を提供することが求められている。 本資料では、M2M/IoTの初歩から市場動向も含めて紹介し、その市場に向けたM2M/IoTソリューションを簡単に構...(2016/10/3 提供:株式会社コンテック)

製品資料
Industrie 4.0の実現に向けて
Industrie 4.0を見据えて製造業は、多くの課題に直面しています。競争力を維持・強化していくためには、製造のフレキシビリティを大幅に改善し、顧客の好みに合わせた製品を市場に対してより早く・大量に提供する必要が高まっています。それと同時に、省エネと既存設備の...(2016/1/8 提供:シーメンス株式会社)

製品資料
産業ネットワーク最新動向!インダストリ4.0に向けIoTの新たな価値を創造する技術とは?
技術革新、産業革新、生産革新を軸に見たとき、産業分野の現在地はどこに位置しているのか?第4次産業革命時代の到来により、市場ではIoTによる新たな価値創造がはじまっている。 産業ネットワークとは、様々な工場設備や機器を繋ぐためのネットワークの総称だ。産業...(2016/12/5 提供:ルネサス エレクトロニクス株式会社)

製品資料
IoT時代における産業用コンピュータの魅力と役割
・産業用コンピュータの魅力/IoT時代の産業用コンピュータ・コンテックの最新ラインアップ(ボックスコンピュータ、FAコンピュータ)・産業用SSDと民生SSDの違い/SSDの種類と特性/SSDの寿命・Windows 10 各エディションの違い/Windows 10 IoT Enterprise とは/ロックダ...(2016/11/15 提供:株式会社コンテック)

製品資料
シーケンサのデータをSNMPトラップで発信!SNMPエージェント対応SCADAパッケージ
<シーケンサ/PLC + SCADAソフトのシステムとは?>データセンターやサーバ室で温湿度、空調機状態、火災や地震を監視する場合、シーケンサ/PLC等の制御機器とWindowsベースの汎用SCADAパッケージを活用してシステム構築するケースは珍しくない。このPLC+SCADAソフトベ...(2011/2/1 提供:株式会社椿本チエイン)

プレミアムコンテンツ
メカ設計者/生産技術者のための「職務経歴書」の書き方
 モノづくり技術者が転職活動をする際に必要となる「職務経歴書」。その記載の仕方にはさまざまなコツが存在します。本稿では、「機械設計職」「生産技術職」にフォーカスして、それぞれに適した職務経歴書作成のポイントをご紹介します。 職務経歴書の作成は非常に大変...(2016/11/9 提供:アイティメディア株式会社)

プレミアムコンテンツ
エンジニアのための「履歴書」「職務経歴書」の書き方
 キャリア/中途採用の応募書類といえば、「履歴書」と「職務経歴書」です。 この履歴書と職務経歴書ですが、エンジニアの皆さんはどのような目的で作成されていますでしょうか?・企業へ応募するために必要だから?・自分をPRするためのプレゼン資料? もちろん企業へ...(2016/11/1 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
先進企業のビジネス戦略をリードするCFOはテクノロジーをどう使うのか?
 近年、CFO(最高財務責任者)に対して、他部門の競争力強化のための先見性、洞察力が求められている。クラウドコンピューティングなどによる、リアルタイムのデータ活用により、ITコストが予測可能となり、経理部門がIT予算やプロジェクトのマネジメントに関する高度な...(2016/10/27 提供:日本オラクル株式会社)

講演資料
ものづくりの現場で生かすアナリティクス、4つの事例からひも解く
 製造業のビッグデータ活用を取り巻く背景には、送電網、交通、都市管制、天然資源、工場設備、交通機関、自動車、建機、船舶などのインテリジェント化がある。これらの機器から発信される膨大なデータを、センサーやメーターを介して取り込み、解析し、その結果を可視化...(2016/10/3 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
生産・工作機械メーカーが直面するビジネス課題とは?設計・開発の側面から考える
 生産・工作機械メーカーは、設計・開発サイクルにおいて新しいプロセス変更を伴うビジネス課題に直面している。エンジニアリングおよび設計サイクルのライフサイクル全体を短縮するプロセス改善は、利益向上につながるとともに、カスタマイズ製品や専門化された機能への...(2016/9/27 提供:シーメンス株式会社)

技術文書
組み込み/IoT機器の開発で使える! Windows OS【前編】
 PC向けOSとして広く普及している「Windows」のバリエーションの中に、組み込み/IoT機器向けOS「Windows Embedded/IoT」があることをご存じだろうか? Windows Embedded/IoTとは、特定用途向けに提供されている組み込みOSのことで、世の中にあるさまざまな組み込み機器...(2016/9/14 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
15カ国でこれだけ違う会議マナーと文化、「国際ビデオ会議」を成功させるには?
 不便なオフィス会議やコストの掛かる移動を不要にする「ビデオ会議」。近年は海外拠点とのコラボレーションに欠かせないツールとなっているが、まだ多くのスタッフにとっては慣れ親しんでいない技術であり、さらなる活用には社内での教育も求められる。 多くの人が国境...(2016/9/5 提供:ポリコムジャパン株式会社)

技術文書
なぜ、30年も使われ続けるのか!人気の開発用ソフトウェアでできることとは?
 30年変わらずに使われつづけるソフトウェアは珍しい。グラフィカルプログラミング構文を用いた「LabVIEW」 は、30 年にわたり、高度なテスト、計測、制御アプリケーションの開発用ソフトウェアとして、多くの技術者や研究者に使用されてきた。本資料では、グラフィカル...(2016/8/31 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

事例
インダストリアルIoT、状態監視でビジネス機会の損失をなくす?【事例で学ぶ状態監視】
 重要設備の稼働停止によるビジネス機会の損失を防ぐために、設備保全は極めて重要である。一方、保全作業の大半は定期巡回による計測作業であることから、保全コスト削減の妨げになっている。その解決策が、IoTの概念をベースにした「オンライン状態監視」であり、いち...(2016/8/31 提供:日本ナショナルインスツルメンツ株式会社)

技術文書
IoT時代の過酷な産業環境下での性能・信頼性を向上させる絶縁方法とは? 課題を解決するLVDSデジタル・アイソレータ
 従来の外部インターフェースはそれほど高速ではなかったため、フォトカプラで絶縁可能だった。その後、絶縁機能とI/O機能が統合され、インターフェースの安全性や性能、信頼性も向上したデジタル・アイソレータが使われるようになった。 あらゆる場所で計測や制御が行...(2016/8/22 提供:アナログ・デバイセズ株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2016年5月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2016年5月号(最終号)をご紹介。 特集記事...(2016/7/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年9月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年9月号をご紹介。 特集記事では、「IE...(2016/7/6 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
「インダストリー4.0」の課題は人工知能とR-INエンジンで解決
 ルネサス エレクトロニクスの産業機器向け高速データ処理/通信エンジンである「R-IN」と、人工知能を組み合わせたプラットフォームについて紹介する。 センサーを利用した装置や機器のモニタリングでは、膨大なデータが生成されてしまい製造現場のネットワークを逼迫...(2016/5/10 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
ゼロデイ脆弱性トップ5──危険にさらされた期間とパッチ適用までの日数は?
 本書は、毎年発行されている脅威レポートの最新版『シマンテックウェブサイトセキュリティ脅威レポート 2015』だ。2014年に収集、分析されたサイバー攻撃、サイバー犯罪のデータに基づき、標的型攻撃、情報漏えいに関する最新動向を示している。特に以下の項目はランキ...(2016/3/22 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

事例
産業用ソフトウェアの不正使用を防げ!知的財産を守る強力なプロテクション
 モノのインターネット(IoT)が普及するにつれ、ソフトウェアの重要性はより高まっている。しかし一方でハッカーや競合他社によるリバースエンジニアリングやハッキングの脅威にさらされ、大切な知的財産が不正コピーされる恐れがある。 2007年の模倣品被害の総額は年...(2015/12/1 提供:日本セーフネット株式会社)

製品資料
デジタルエクスペリエンスのチャンスは1度きり、ユーザーを振り向かせる7つのヒント
 Webサイトやその関連サービスで不愉快な思いをしたユーザーは、再びその企業のサイトを利用することはない。この「不愉快な思い」というのは、明確にトラブルとなったものだけでなく、「使いづらい」「分かりにくい」「コンテンツに魅力がない」などの定性的な評価も含...(2016/2/1 提供:タクトシステムズ株式会社)

製品資料
ビジネスチャンスをもたらすWebエクスペリエンス管理「4つの領域」
 Webエクスペリエンスの管理を考える上で重要なのは「4つの領域」を意識することだ。「Webコンテンツ管理」と、それに伴う「エクスペリエンスの最適化」「デジタルメディア管理」「ローカライゼーション」、この4つの領域から自社サイトを継続的にチェックし、具体的な改...(2016/2/1 提供:タクトシステムズ株式会社)

Loading