SSDは「PLCで終わり」ではない? その先の選択肢SSDの次世代技術「PLC」とは【第4回】

「PLC」を使ったSSDの商品化に向けた開発が進む中、「PLCの先」を目指すベンダーがある。SSDの“PLCではない次世代技術”を含めて動きを紹介する。

2023年07月20日 05時15分 公開
[Stephen PritchardTechTarget]

関連キーワード

PLC | SSD | 半導体ストレージ


 1つのメモリセル当たり5bitを記録し、大容量SSDを実現する技術として期待される「PLC」(ペンタレベルセル)。この技術は、1つのチップに保存できるデータ容量と保存コストに関して、SSDに新風を吹き込む可能性がある。PLCを巡るストレージベンダーや半導体ベンダーの動きを見てみよう。

SSDは「PLCで終わり」ではない? ストレージ業界が見るSSDの未来

 ストレージベンダーはこれまでも、1つのメモリセル当たり3bitのデータを記録できる「TLC」(トリプルレベルセル)や、1つのメモリセル当たり4bitのデータを記録できる「QLC」(クアッドレベルセル)など、記録密度を高める技術に注力してきた。「記録密度が高くなれば、データ容量の保存コスト面のメリットが大きい」。調査会社Gartnerのバイスプレジデント(新興技術担当)ジョセフ・アンスワース氏はそう語る。

 ストレージベンダーにとってPLCの商品化に乗り出すのは、唯一の道ではない。ストレージベンダーPure Storageの最高技術責任者(CTO)アレックス・マクマレン氏は、「QLCをはじめとした技術の磨き上げに取り組めば、PLCとは違う形で次世代SSDを生み出せる」と述べる。

 半導体ベンダーは既に「PLCの次」を見込み、1つのメモリセル当たり6bitのデータを記録できる「ヘキサレベルセル」や、7bitのデータを記録できる「ヘプタレベルセル」の技術開発を始めている。ヘプタレベルセルは、128段階の電荷量を保持する。各段階間の電荷差はわずか約0.1%で、設計上大きな課題になると考えられる。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news074.jpg

ニップンと刀が協業 マーケティングノウハウで成熟市場を拡大へ
ニップンと刀は「ニップン × 刀 協業発表会」を開催し、協業を通じた両社の取り組みとそ...

news197.png

広告運用自動化ツール「Shirofune」がMicrosoft広告の改善機能を実装
Shirofuneは広告運用自動化ツール「Shirofune」に改善カード機能を追加。これにより、キ...

news192.jpg

インテージ、「YouTube Select」「YouTube Shorts」における態度変容調査を提供開始
広告効果測定サービス「Brand Impact Scope」をバージョンアップし、サンプルサイズと計...