TechTargetジャパン

レポート
「プライバシーを大切にしない会社」は就活生から見捨てられる?
 ECサイトを訪問すれば自分の好みに合った商品が提案され、ひいきにしている店舗に近づくとスマートフォンに割引クーポンが送付される――。こうした個人に関する情報を基にした販売促進手法が、個人にもたらすメリットは大きい。事業者が手にした情報をどう扱うかはもち...(2016/4/28 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
Windows 10に震えるベテランユーザーたち
 このところ、Windows UpdateからWindows10への移行を催促されているユーザーも多いと思う。前世代のWindows 8とは違って、Windows 10の評判は“それほど”悪くない。新しいOSが登場すると必ず現れるのが「新しいものを否定する自称ベテランユーザー」だ。Windows 10に対...(2016/4/7 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
IoTの構築におけるオープンソースの役割
 IoT(Internet of Things)の構築は驚異的な速度で進行している。2020年までには、500億台以上のインテリジェント機器がインターネット上で接続され、情報を交換すると予想されている。この“モノ”の群れには、驚くほどの多様性があり、コンピュータからインフラ機器、セ...(2016/3/28 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月16日号:Microsoftが米国政府と全面対決(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 3月16日号は、以下の記事で構成されています。■勝者はOffice 365かGoogle Appsか──メールサービス市場は混迷模様■変化するCIOの役割、だが「こうしたスキルを備えている者は多くない」■VMwareは複雑で高すぎる──あるSaaSプロバイダーが...(2016/3/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月16日号:Microsoftが米国政府と全面対決(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 3月16日号は、以下の記事で構成されています。■勝者はOffice 365かGoogle Appsか──メールサービス市場は混迷模様■変化するCIOの役割、だが「こうしたスキルを備えている者は多くない」■VMwareは複雑で高すぎる──あるSaaSプロバイダーが...(2016/3/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月16日号:Microsoftが米国政府と全面対決
 Computer Weekly日本語版 3月16日号は、以下の記事で構成されています。■勝者はOffice 365かGoogle Appsか──メールサービス市場は混迷模様■変化するCIOの役割、だが「こうしたスキルを備えている者は多くない」■VMwareは複雑で高すぎる──あるSaaSプロバイダーが...(2016/3/16 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Bluetooth 4.2 セキュリティとプライバシー保護の機能を強化
 さまざまなモノがインターネットにつながる中、自分の行動が簡単に追跡されてしまうという、プライバシーに対する懸念も高まっている。Bluetooth 4.2では、セキュリティとプライバシー保護の機能が強化された。今回は、「LEプライバシー」と呼ばれる仕組みを紹介しよう...(2016/2/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月2日号:暴挙か? GoogleのOffice 365攻略作戦(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 12月2日号は、以下の記事で構成されています。■Office 365打倒に燃えるGoogleのなりふり構わぬ「無償」作戦■問題だらけのAndroidセキュリティ、そもそも何がダメなのか?■スキル習得を望む従業員を失望させる企業の実態■プライバシーかセ...(2015/12/2 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月2日号:暴挙か? GoogleのOffice 365攻略作戦(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 12月2日号は、以下の記事で構成されています。■Office 365打倒に燃えるGoogleのなりふり構わぬ「無償」作戦■問題だらけのAndroidセキュリティ、そもそも何がダメなのか?■スキル習得を望む従業員を失望させる企業の実態■プライバシーかセ...(2015/12/2 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 12月2日号:暴挙か? GoogleのOffice 365攻略作戦
 Computer Weekly日本語版 12月2日号は、以下の記事で構成されています。■Office 365打倒に燃えるGoogleのなりふり構わぬ「無償」作戦 敵は世界で最も導入されているクラウドアプリ「Office 365」。Office 365をこの座から引きずり下ろすため、Googleが大胆な戦略を発...(2015/12/2 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 7月1日号:情報をまき散らすウェアラブルデバイス
 Computer Weekly日本語版 7月1日号は、以下の記事で構成されています。■Bluetooth Low Energyでウェアラブルデバイスから情報がダダ漏れの恐れ 多くのウェアラブルデバイスに採用されているBluetooth Low Energyには、プライバシー保護の面で問題があるという。■導...(2015/7/1 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
Heartbleed脆弱性は発覚から4時間で悪用された?──2015年版最新脅威レポート
 インターネット上の脅威は変化を続けている。2014年は「攻撃が高速化する一方、防御が追い付いていない」傾向が見られた。例えば、Heartbleed脆弱性が明らかになってから、4時間以内に脆弱性を悪用する多数の攻撃が確認されている。また、「攻撃方法が効率化・高度化し...(2015/6/22 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
IoTのセキュリティを考える 〜潜在リスクと対策としての組込暗号〜
IoTの事例から扱うデータに注目し、そのリスクについて考察しています。情報に着目するとリスクは3点で、「プライバシーの侵害」「防犯上の問題」「企業ノウハウの流出」と考えますが、特に流出事故のイメージが薄い「企業ノウハウ」については留意する事をお勧めしま...(2015/3/31 提供:東京システムハウス株式会社)

事例
事例に見る:紙ベース教材からeラーニング環境への移行メリット
 紙ベースの教材を使った研修は、教材作成だけでなく、教育からテストまでの管理作業が膨大になる。従業員へのプライバシーマークに関する教育とその管理負荷が課題だったソフトウェア企業は、eラーニングの導入を検討する。一般的なASPサービスの教材ではなく、教材の内...(2015/1/19 提供:株式会社テンダ)

レポート
ゼロデイ脆弱性発見件数は前年比61%増──2014年度版「Webサイトセキュリティ脅威レポート」
 2013年は、サイバースパイ、プライバシーに対する脅威、部内者の悪質行為が大きな注目を集めた。しかし 2013年末には、サイバー犯罪が依然として蔓延している現実を改めて示す事件も起きている。サイバー犯罪の脅威と被害は今でも企業や個人ユーザーの上に重くのしかか...(2015/1/5 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
SSL暗号の技術解説! 鍵交換のメカニズムが確立する安全な通信
 SSLはインターネット通信の安全を確保する方法として広く普及している。主要なWebサーバとWebブラウザは標準的にSSLに対応しており、ログイン情報やクレジットカードなどの重要な情報を入力するWebサービスに採用されている対策である。 Webブラウザではロックされた錠...(2015/1/5 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

事例
短期間導入可能なスイッチ変更・増設で実現する社内セキュリティ強化策
 店舗用機器や備品の管理輸送の他、コンシューマー向けの雑貨、家具のECサイトを手掛けるSBSサポートロジ。顧客情報を含む個人情報を取り扱うため、プライバシーマークを取得し、セキュリティ教育に注力しているが、より強固なセキュリティシステム構築を模索していた。(2014/10/7 提供:株式会社パイオリンク)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月6日号:RAIDはもういらない
 Computer Weekly日本語版 8月6日号は、以下の記事で構成されています。■弁護士が警告するウェアラブル端末使用の法的リスク ウェアラブル技術は新たなプライバシー問題を引き起こすと業界トップの法律事務所が警告している。ウェアラブル端末の利用によってどのよう...(2014/8/6 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
ITアーキテクトが直面している「モバイル3大課題」の解決方法
 モバイルは社会やライフスタイル、働き方を変革している。企業でのスマートデバイス導入も進み、先進的なモバイルアプリケーションやサービスを社内や顧客に提供し、さらなる企業成長力の源泉とすることをミッションにしているITアーキテクトは少なくないだろう。しかし...(2013/11/25 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
Computer Weekly日本語版 9月11日号:社内にある真のセキュリティ脅威
 Computer Weekly日本語版 9月11日号は、以下の記事で構成されています。■ウイルス対策ソフトウェア時代は終わった? 新種のマルウェアが1日に20万種類も生み出される現在、ウイルス対策ソフトは機能するのか?■内部脅威による情報漏えいの処方せん 部内者が関与す...(2013/9/11 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
メッセージング環境のクラウド移行 課題と解決策
 電子メールをはじめとするメッセージングツールは、業務遂行のために不可欠なツールとなった。しかし、企業内でメッセージング環境を運用・管理するためのITリソースや、データセンターのスペースと設備にかかる費用、およびメンテナンス費用を調達する必要が生じた結果...(2013/6/19 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
SSL暗号の技術解説! 鍵交換のメカニズムが確立する安全な通信
 SSLはインターネット通信の安全を確保する方法として広く普及している技術だ。ログイン情報やクレジットカードなどの重要な情報を入力するウェブサービスには必ずと言って良いほど採用されている。 施錠された錠前アイコンとHTTPSで始まるURLの表示によってSSL暗号化さ...(2013/1/28 提供:日本ベリサイン株式会社)

レポート
コンプライアンス違反を未然に防ぐ「自動化」4つのステップ
 企業は、規定、法律、ライセンスおよびプライバシーに関する契約、社内ポリシーに準拠せざるを得ない状況になっている。しかし、増え続けるコンプライアンス要件に対して、社内で別々のプロセスを使用して手動で対処しようとすれば、多くの場合は失敗してしまうだろう。(2013/1/11 提供:日本ヒューレット・パッカード株式会社)

技術文書
SSL暗号の技術解説! 鍵交換のメカニズムが確立する安全な通信
SSLはインターネット通信の安全を確保する方法として広く普及している技術だ。ログイン情報やクレジットカードなどの重要な情報を入力するウェブサービスには必ずと言って良いほど採用されている。施錠された錠前アイコンとHTTPSで始まるURLの表示によってSSL暗号化されて...(2012/10/22 提供:日本ベリサイン株式会社)

技術文書
SSL暗号の技術解説! 鍵交換のメカニズムが確立する安全な通信
SSLはインターネット通信の安全を確保する方法として広く普及している。主要なウェブサーバとウェブブラウザは標準的にSSLに対応しており、ログイン情報やクレジットカードなどの重要な情報を入力するウェブサービスに採用されている対策である。ウェブブラウザではロック...(2012/7/2 提供:日本ベリサイン株式会社)

技術文書
https接続の心臓部、「SSLネゴシエーション」とは
 インターネット通信の安全を確保する方法として広く普及している方法にSSLがある。ほとんどのウェブサーバとブラウザがSSLに対応しており、ウェブサイト運営者にとって通信を暗号化する最も手軽でコストパフォーマンスに優れた技術である。 しかし、個人情報、ID、パス...(2012/4/2 提供:日本ベリサイン株式会社)

技術文書
【個人情報とシステムに関わる担当者向け】81の業界ガイドラインに見られる個人情報保護への対応
 「個人情報の保護に関する法律(以下、個人情報保護法)」が平成17年に施行されてから5年余りが経過した。この5年間、様々な情報流出事件が起こり、一部では過剰な対応も見られたものの、法律自体は定着し、プライバシー保護に関する基本的な考え方は定まってきたかのよ...(2010/12/13 提供:日本ベリサイン株式会社)

レポート
【個人情報とシステムに関わる担当者向け】81の業界ガイドラインに見られる個人情報保護への対応
「個人情報の保護に関する法律(以下、個人情報保護法)」が平成17年に施行されてから5年余りが経過した。この5年間、様々な情報流出事件が起こり、一部では過剰な対応も見られたものの、法律自体は定着し、プライバシー保護に関する基本的な考え方は定まってきたかのよう...(2010/8/23 提供:日本ベリサイン株式会社)

その他
中堅・中小企業のIT担当者が「本来の仕事に専念できる」ための解決策とは?
少ないリソースのIT担当者の負担を軽減し、・所有コストの削減・ネットワーク稼動の維持・変化するビジネスニーズへの対応・社員のビジネス生産性の向上を実現する【中堅・中小企業向けソリューション】の利用メリットをユーザーの声と共にご紹介する。−−−−−−−−−...(2009/4/7 提供:シスコシステムズ合同会社)

技術文書
社内に散在する部門ファイルサーバ、統合した場合のコスト削減効果は?
 手軽に導入できるファイルサーバは、いつの間にか社内の各部署で乱立してしまう。その結果、知らないうちに無駄なリソースや煩雑な管理が増えて、コストがかさんでしまう。このような状況を改善し、コスト削減を図るには、統合ネットワークストレージの導入によるファイ...(2009/3/6 提供:EMCジャパン株式会社)

Loading