TechTargetジャパン

技術文書
Windows Server 2012 Hyper-Vのバックアップ/リストア設計ガイド
 Hyper-Vのシステムでは、ホストはハードや仮想マシンを管理し、複数の仮想マシンがそれぞれ業務システムを運用するため、ホストで異常が発生した場合の被害は甚大になる。また、仮想マシンも物理マシンと同様にシステムとデータを所有しており、仮想マシン上でのファイ...(2012/11/30 提供:富士通株式会社)

技術文書
Windows Server 2008対応のバックアップとリストア(前編)
 Windows Server 2008に対応済みの「Symantec Backup Exec 12d for Windows Servers」を使用してWindowsデータをバックアップ&リストアする方法の前編となる。  本ホワイトペーパーは、Backup Execを初めて使用する管理者を対象とし、同製品を使用してWindowsデータの...(2008/5/31 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
Hyper-V 仮想マシンのバックアップ ―クラスター共有ボリューム(CSV)編―
Microsoft Hyper-V 2.0では、クラスター共有ボリューム(CSV)を使用したライブマイグレーションが可能となった。Hyper-V仮想環境の可用性を大幅に向上させるテクノロジーとして注目を集めている。 一方で新たなテクノロジーを実際に導入する上で、バックアップなど基礎的...(2011/5/26 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
Hyper-V 仮想マシンのバックアップ ―クラスター共有ボリューム(CSV)編―
 Microsoft Hyper-V 2.0では、クラスター共有ボリューム(CSV)を使用したライブマイグレーションが可能となった。Hyper-V仮想環境の可用性を大幅に向上させるテクノロジーとして注目を集めている。 一方で新たなテクノロジーを実際に導入する上で、バックアップなど基礎...(2010/9/30 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
Windows データのバックアップとリストアの基礎
 「Symantec Backup Exec 11d for Windows Servers」を使用してWindows データをバックアップ&リストアする方法を、4章に分けて分かりやすく解説する。 最初に、バックアップの必要性とSymantec Backup Execの概要について説明。その後で、インストール方法を実際の画...(2008/2/1 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
実測値が裏付けるバックアップ選定のポイント、速度と重複排除率を徹底検証
 事業継続計画(BCP)や災害復旧(DR)対策の要となるバックアップ環境だが、その製品選びのポイントとして、重複排除機能の有無やバックアップ/リストア速度を重視する企業は多い。 そこで、仮想サーバ上の仮想マシンに対して「バックアップ」「リストア」「バックア...(2016/8/31 提供:arcserve Japan合同会社)

技術文書
「かんたん」「手軽」にバックアップデータを遠隔地へ保管
 バックアップしたデータを保護する方法は数多く存在しており、データの重要性に合わせて適材適所の選択をすることが重要である。特に、企業のノウハウなど重要な情報が詰まったデータは、本番サイト全体が被害を受けるような事態が発生した場合でもリストアできるよう...(2012/9/19 提供:株式会社日立製作所)

比較資料
比較表で理解する 仮想環境のDR製品 選定ポイント
 VMware環境で災害対策(DR)を実現するための方式、製品選定のポイントとは? 災害などによるシステム障害を想定し遠隔地でデータを保護したい方、サービスの復旧時間を短縮するためサイト間でシステムを切り替えたい方の参考に。第1 章 VMware環境のBCP/DR対策で陥...(2015/5/22 提供:アイティメディア株式会社)

比較資料
バックアップ/リストアスピード比較:重複排除製品の性能はどれだけ違う?
 データ量の増大と積極的な仮想化の導入は、データセンターの管理と保護をますます困難にしている。全てのインフラが仮想化されてサービスとして提供され、さらにこうしたデータセンターの制御が完全にソフトウェアで自動化される世界「Software-Defined Data Center」と...(2013/9/25 提供:EMCジャパン株式会社)

レポート
サーバ仮想化の隠れたデメリット、データ保護の効率低下はどう解消する?
 サーバ仮想化によりリソースの効率化や運用コストの削減を目指す企業が増えているが、それにより新たな問題が生じることもある。その代表例が、高度な仮想環境になることでデータの保護とリカバリの効率が低下するケースだ。 これについてIT調査会社のESGは「従来のバ...(2016/10/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
全リストアの約20%が失敗している事実──データ保護に関するユーザー動向調査
 多くの企業では、システムやデータの重要度などに応じてデータ保護の手法はバックアプやレプリケーション、スナップショットなど多くのテクノロジーが使い分けられている。しかし、仮想化やクラウドの導入などによりシステム環境が複雑化する中で、自社のデータ保護環境...(2012/6/25 提供:株式会社シマンテック)

事例
3時間のバックアップを30分に短縮、一部上場駐車場運営企業の遠隔バックアップ方法
 駐車場の運営、管理に関するさまざまな事業を展開する一部上場企業のパカラ。同社は事業継続計画(BCP)対策の一環として、基幹システムのバックアップ/リストア環境を大阪支店内のサーバルームに移設することを決定した。また、2010年7月には「SAP ERP」を導入した基...(2013/12/4 提供:ノベル株式会社)

製品資料
バックアップの諸悪の根源を絶つ“2階層”ストレージ管理術
 データ活用がビジネスの成否を分ける時代になり、バックアップ対策があらゆる企業に求められている。その一方で、管理すべきデータは年々増大し、従来型のバックアップ/リストア運用がもたらす膨大な手間とコストで身動きが取れない状態も生まれつつある。 まず考えな...(2016/8/17 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
バックアップ/リストアに「銀の弾」はあるのか? 達人たちの事例に学ぶ設計運用のノウハウ
 今日、企業の生命線であるデータを守るため、バックアップは重要な課題となっている。もちろん、ただバックアップを取るだけでは意味がない。万一の際には確実かつ迅速に、日々の業務を停止することなくリストア可能な環境を整えなければならない。 本稿では、2015年1...(2015/4/20 提供:デル株式会社)

レポート
仮想環境向けデータ保護ソリューションの選び方――実地テスト結果で検証
 VMwareやHyper-Vを用いてサーバ仮想化に取り組む企業は多いが、高度に仮想化された環境において、仮想マシンのバックアップ、データリカバリに課題を感じる企業は多い。災害対策における復旧目標値(RTO/RPO)の改善のため、データストア内の仮想マシンを対象にしたス...(2016/7/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

講演資料
失敗に学ぶ仮想化環境のバックアップ術――4大課題を克服できるか
 仮想化環境が多くの企業で利用されるにつれて、その仮想マシンのバックアップが課題として浮かび上がってきた。特にバックアップやリストアに時間がかかる点や、複数OS混在時の設定と運用の複雑化は、その代表格である。 例えば、VMwareの仮想化基盤においてはバックア...(2017/1/27 提供:伊藤忠テクノソリューションズ株式会社)

製品資料
バックアップとリストアを大幅に迅速化、柔軟なスナップショット活用とは?
 システムが複雑化してデータ量が急激に増加していく中、バックアップ完了が翌日の始業に間に合わないというケースがある。定期的にバックアップデータをリストアし、正常に業務再開が可能かを検証するまで手が回らないためだ。 また企業システムでは、前日のデータが復...(2015/5/27 提供:デル株式会社)

製品資料
普段使わないから選択に困る「データ保護製品」を選ぶための5つの理由
 万が一に備えてデータ保護の用意は欠かせない。だが平常時には出番のない備えだからこそ、いざ障害が起きてしまってから「リストアに想定外の時間がかかる」などの問題が明らかになるケースも多い。 そうならないための「データ保護ソリューションを選ぶ5つの理由」を...(2016/12/13 提供:arcserve Japan合同会社)

製品資料
データバックアップのススメ、「3つの復旧パターン」
 業務データの保護はビジネス上の重要な課題である。ハードウェアやソフトの障害、人的ミス、ウイルスなどでデータを損失した場合、業務停止だけでなく、結果として利益損失、信用や競争力の低下など大きな影響を及ぼす。こうしたデータ損失を防ぐために最も基本的かつ必...(2015/9/28 提供:株式会社日立製作所)

技術文書
Windows Server 2008 R2 Hyper-Vをどう生かすか。〜バックアップとリストア編〜
CPUやメモリ、ディスクI/Oなどの共有リソースの効率的な配分により、物理サーバ数の削減、消費電力や管理工数の軽減を可能にすることで、Windows Server 2008 R2 Hyper-Vの導入が注目を浴びている。しかし、複数の仮想マシンがリソースを共有するために、バックアップ時...(2010/6/30 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
バックアップの統合運用「3つのポイント」――仮想・物理環境も複数OSも問わず
 事業を支えるITシステムを安定稼働させるための対策として、多くの企業がバックアップ体制を整えている。しかし、年々進行するシステムの複雑化やデータの増加により、バックアップに対する新たな課題も見え始めている。 特に物理・仮想環境の併用や複数OSの混在などが...(2016/6/27 提供:arcserve Japan合同会社)

レポート
後悔してからでは間に合わない――今こそバックアップ体制を見直すべき理由
 バックアップは企業の財産である情報資産を守るものではあるが、直接的な営業上の利益を生むものではないためどうしても後回しにされがちだ。特に仮想化に適したバックアップ体制を整備できている企業は多くないのが現状だ。とはいえランサムウェア被害の深刻化などによ...(2017/6/1 提供:株式会社ネットジャパン)

製品資料
仮想化環境のバックアップ構築、企業規模に合わせてコスト・災害対策を最適化
 ビジネスの根幹までIT化が進み企業規模を問わず、データ管理やバックアップが必須となってきている。しかし多くの企業が導入している仮想化環境では、バックアップやリストアに手間と時間がかかるだけでなく、バックアップデータの長期保管にも課題がある。 その解決法...(2017/4/20 提供:東京エレクトロン デバイス株式会社)

事例
日次バックアップの迅速化を実現、プライムポリマーはサーバをどう変えたのか?
 グローバルに合成樹脂事業を展開するプライムポリマーでは、複数の拠点にファイルサーバを設置し、日次でバックアップのテープを遠隔保管する運用を行ってきた。しかし、データ容量が増加し、日次バックアップが2日に分けるほどに長期化。また、テープを遠隔保管するた...(2017/2/13 提供:さくらインターネット株式会社)

製品資料
クラウドとアプライアンス製品を活用した「シンプルなBCP戦略」とは?
 オンプレミス環境にバックアップシステムを導入しているケースでも、災害時の迅速な復旧のため、クラウドに新たなバックアップ環境を構築しようという企業が増えている。もちろん、この取り組みにおいても柔軟で経済的なデータ保護が実現できなければならない。データの...(2016/8/24 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
バックアップ応用術、霧島酒造が仮想化基盤へのサーバ移行を1日で実現した方法
 あらゆるデータが肥大化を続ける中で、BCP体制の構築やバックアップ/リストア時間の改善、DRサイトでの復旧時間の短縮への要求が日増しに増大している。しかし、そのためのコストや人員の負担は大きく、企業にとって頭の痛い問題となっている。 芋焼酎「霧島」で知ら...(2017/2/3 提供:arcserve Japan合同会社)

技術文書
重複除外が実現するVMware環境の高速バックアップ/リストア
 仮想化の普及・拡大は仮想マシンの増大を促し、それらのデータ保護が新たな業務課題となっている。VMwareが提供するAPIを活用するEMC Avamar 6.0は、柔軟かつ高速なバックアップを実現。Avamarには「ゲストレベル」と「イメージレベル」の2種類のバックアップ方法があり...(2012/2/6 提供:EMCジャパン株式会社)

レポート
予算はなくても強化が必須のバックアップ体制、マルウェアや仮想化への対応は?
 業務システムにおいて仮想化環境やクラウド環境が当たり前となったことで、バックアップ製品にはさらに複雑な環境への対応が求められるようになった。その一方で、セキュリティソフトでは防げないランサムウェアなどへの対策としてバックアップ体制の再構築が急がれてい...(2016/9/28 提供:株式会社ネットジャパン)

製品資料
間違いやすいVMware環境のバックアップ運用、まずは基礎知識を身に付けよう
 サーバ仮想化技術が普及するにつれ、多くの企業が新たな課題として仮想環境の運用管理の増大を挙げている。特に、バックアップ運用に頭を抱えているという。仮想化のメリットである柔軟な機動性や運用性があだとなり、その管理が煩雑になるというのだ。 しかし、システ...(2012/8/31 提供:EMCジャパン株式会社)

製品資料
Google Appsで一番怖い「操作ミス」、データ損失を防ぐには機能の補強が必要
 企業向けプラットフォームとしてGoogle Appsなどのクラウドサービスの導入が進んでいる。このようなサービスは、高度な技術を使って運営され、信頼性が高い半面、操作ミスによるデータ損失や、意図的な操作による情報漏えいへの対策機能が不十分という問題もある。 ま...(2016/7/25 提供:ホワイトポイント株式会社)

Loading