2019年05月14日 05時00分 公開
特集/連載

安全は全てに優先する「リストアできない」と泣きを見ないために、バックアップで失敗しない3つの条件

バックアップで失敗しないためには3つの課題をクリアする必要がある。この課題はどれも等しく重要だ。事業継続計画(BCP)と災害復旧(DR)戦略を向上させる3つの条件について解説する。

[Paul Kirvan,TechTarget]
画像

 昨今のバックアップには多くの課題がある。ビジネスの存亡という大きな視点から見ると、その課題のどれもが等しく重要だ。バックアップの正式なポリシーと手順、バックアップ構成の定期テスト、ビジネス要件に合わせて設計したバックアップインフラ、こうしたもの全てがデータバックアップの手順には不可欠だ。

 本稿はバックアップに関する3つの問題を取り上げ、事業継続計画(BCP)と災害復旧(DR)戦略を向上させる方法を詳しく解説する。

1.バックアップのセキュリティを確保し、侵害できないようにする

 企業がデータをバックアップするに当たって重要な必須事項が3つある。それが次の「CIA」だ。

  • 機密性(Confidentiality)
    • 承認を受けた個人以外はデータにアクセスできない。
  • 完全性(Integrity)
    • データを保全し、未承認の変更を防止する。
  • 可用性(Availability)
    • 承認を受けた個人がデータにアクセスできる。

 CIAは、サードパーティーのバックアップ構成を評価する際にも当てはまる。セキュリティ機能は、多様で堅牢(けんろう)なもので、コスト効率が良く、すぐに利用可能でなければならない。そうでなければ、データバックアップの手順に深刻な問題をもたらす恐れがある。

2.ビジネス要件に見合うバックアップインフラを設計、導入する

ITmedia マーケティング新着記事

news083.jpg

メルカリ調査で判明 フリマアプリは「新品」の購入も後押しする
フリマアプリの普及で中古品の二次流通が活発になると新品が売れなくなると思われがちで...

news071.jpg

TwitterがキラキラしたInstagramよりも美容の情報源として有益かもしれないと考えられる理由
美容に関する女子のネタ元はインフルエンサーのまぶしい投稿満載なInstagramのみにあらず...