TechTargetジャパン

技術文書
EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版【2015年11月号】
 エレクトロニクス技術の今をまとめ読み――エレクトロニクス技術の最新動向をお届けする「EE Times Japan」と、電子設計の技術情報を発信する「EDN Japan」の両メディアが発行した「EE Times Japan×EDN Japan 統合電子版」の2015年11月号をご紹介。 特集記事では、201...(2016/7/7 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
ストレージの基礎解説――オブジェクトストレージの活用法と効果
 モバイルの普及に伴い商業、製造業、研究調査、個人の日常活動などで生成される非構造化データ(テキスト、画像、さらにはセンサー情報など)の量は爆発的に増加している。こうしたデータの急増が、IT基盤運用において大きな負荷となっている。また、データを扱うストレ...(2016/7/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
問題・変更・障害の管理などIT運用保守戦略の整備のための「3つのステップ」
 モバイルの頻繁な活用やユーザー増加など、ビジネスのあらゆる場面でITシステムは24時間利用されている。その結果、社員の生産性が向上する一方で、運用管理面では新たな課題も生まれている。 クラウド、アナリティクス、モバイル、ソーシャル、ERP、CRMなど、ITを活用...(2016/3/30 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
高性能コンピューティングのための「理想的な」インターコネクトとは
 あらゆるコンピューティングで必要なインターコネクト。インターコネクトの消費電力は増大の一途をたどっており、その効率性を高めることが重要視されている。 本稿では、オープンな高性能コンピューティングのための「理想的な」効率の高いインターコネクトの特性を紹...(2016/2/8 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
APIの概念、何が変わったのか? 「API活用」のために知っておくべき10の項目
 多様なデバイスやセンサーで得たデータ、Webアプリケーションを活用して直接ビジネスを行うようになった今、「APIの活用」があらためて注目を集めている。例えばAmazon.comは、新たな売買取引者が簡単に参入できるAPIを基盤として入念に構築されており、パブリックAPIや...(2016/2/4 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 1月20日号:映画『ゼロ・グラビティ』制作の舞台裏
 Computer Weekly日本語版 1月20日号は、以下の記事で構成されています。■自社データセンターとコロケーションを価格だけで選んではいけない■Disneyの協賛で実現した、『Star Wars』コーディング教育の成果■パスワード認証撲滅に向けて一歩前進──FIDO標準の現在■...(2016/1/20 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
医療情報学のスペシャリストが語る、未来の医療ITを支える4つの技術
ガートナージャパンが2014年4月23〜25日に開催した「ITインフラストラクチャ&データセンター サミット 2014」。4月24日のゲスト基調講演には、医療情報学に詳しい兵庫医科大学の宮本正喜 主任教授が登壇した。 「医療における過去、現在、未来の夢」と題したこの講演で...(2014/12/18 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
平均コストは6800万円? 軽視できないダウンタイムコストの実態と対策とは
 企業ITに対するビジネスプロセスの依存度が高まるのに伴い、システム障害が経営に及ぼす影響も大きくなっている。米調査会社ポネモン・インスティテュートの調査では、システム障害インシデント1件当たりの平均コストは、2010年から2013年にかけて20%以上も増加し、そ...(2015/11/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
マーケティングオートメーション実装マニュアル、3段ステップで解説
 マーケティングにおける業務の最適化を進める上で、大きな武器となるマーケティングオートメーションだが、その構築・運用に試行錯誤している企業は多い。何に取り組めば良いのか、どのように取り組めば良いのか、取り組みに関する情報がまだ不足している。 本ホワイト...(2015/11/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
1ドルの投資で3.57ドルのコスト削減と生産性向上 新時代の企業間連携の要件とは?
 夜間バッチプロセス、長時間のオンボーディング処理、メンテナンスによる取引先ネットワークの停止など従来手法では、現在の企業間連携の要件を満たすことは不可能となってきている。こうしたリアルタイムのプロセスやアクションを24時間、365日、年中無休で提供するた...(2015/9/15 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
BYODのセキュリティを確保するネットワーク設計とはどのようなものか?
 普段の生活でいつでも、どこでも、どのデバイスからでもアプリケーションにアクセスできる利便性に慣れた従業員は、業務で利用するアプリケーションについても同じシームレスなアクセスを求めている。しかし、BYOD(私物端末の業務利用)は企業のIT部門にとっては大きな...(2015/8/31 提供:ALE日本支社)

事例
約8万ユーザーが使うデスクトップ仮想化環境、構築の変遷をたどる
 デスクトップ仮想化の市場が活性化している。2012年の法人向けクライアント端末における仮想化導入率は20.2%、2016年には40.4%まで到達するという予測データもある。そんな中で日立製作所は、セキュリティPC(シンクライアント)の自社導入プロジェクトを2004年に立ち...(2015/7/27 提供:株式会社日立製作所)

技術文書
モノづくり企業にとっての「モノのインターネット」〜IoTとは何か、我々は何をすべきか〜
今後数年の間に数百億個のデバイスが互いに接続され、インターネットを超えた新たなネットワーク「Internt of Things(IoT)」が誕生するといわれています。インターネットによって、人々の行動や価値観が、企業のあり方が、そして世界が変わってしまったように、IoT によっ...(2014/11/17 提供:株式会社アットマークテクノ)

技術文書
BYODのカギは「ネットワーク」、既存インフラ再構築のための段階的アプローチ
 現在の企業ネットワーク環境は、わずか数年前には想像もできなかった課題に直面している。企業は従業員に、より簡単かつ効率的に仕事をさせるために次々と無線デバイスを与えており、同時に従業員、パートナー、訪問者は、個人のスマートフォン、タブレット、またはノー...(2015/8/31 提供:ALE日本支社)

技術文書
金融システムのセキュリティから「複雑性」を取り除く新しいアプローチとは?
 金融業界において、今最も重視されているセキュリティ課題は「複雑性の排除」である。インターネット黎明期から導入されてきたセキュリティ製品に加えて、さまざまなソリューションが適用され、まるでパッチワークのような様相となっているからだ。この状態で、パフォー...(2015/7/29 提供:パロアルトネットワークス合同会社)

レポート
押さえておくべき、エンタープライズモバイル戦略に重要な「4つのトレンド」とは?
 最近のIDCの調査によると、企業の30%が「モバイルアプリケーションの取り組みは事業部門によって予算化/主導された」としている一方で、「IT部門によって予算化/主導された」とする回答は15%だった。スマートデバイスの量的拡大、IoTの進展、ソーシャルビジネスの拡...(2015/5/11 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
Wi-Fi機器のパフォーマンスは大丈夫? 機器テストの5つの重要な要素とは
 企業も消費者も、ワイヤレスデバイスやアプリケーションが、自宅でも職場でも、移動中でも公共の場所でも、常に最適に信頼できるよう動作することを期待している。そして、多くの新規モバイル機器にとって唯一の接続手段であるWi-Fiは、以下のようなミッションクリティ...(2014/8/1 提供:イクシアコミュニケーションズ株式会社)

レポート
サイバーリスクを最小限に抑える、5つのアプローチ
 企業システムは大規模なサイバー攻撃によって、壊滅的なダメージを受ける可能性を持つ。いかなる攻撃も確実に防げる方法がない以上、被害の対策を怠ることはできない。そこで必要なのが、サイバー攻撃の被害を受けた場合、可能な限り迅速にシステムを回復させる手だてで...(2015/5/27 提供:株式会社シマンテック)

レポート
調査で分かった失敗しないモバイル管理の選び方
 コンシューマーのデジタルライフスタイルが企業環境に持ち込まれるようになり、企業はモバイルデバイスでどこからでも自社のシステムやデータに簡単にアクセスできることを期待している。サービスプロバイダーはこうした要望を十分に認識しており、対応を積極的に進めて...(2015/4/22 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
SDSを検討する際、知っておきたい10の真実
 仮想化技術の登場はデータセンターに転機を促し、多くのメリットを提供した。しかし、ストレージの課題に対してはほとんど役に立たず、仮想化がストレージの問題をより大きくしているのではないかと指摘する人もいるくらいだ。現在のストレージシステムは、スケールアウ...(2015/4/13 提供:ニュータニックス・ジャパン合同会社)

レポート
「モノのインターネット」のセキュリティ、どう確保する?
 昨今、ITセキュリティの新たな課題となっているのが「モノのインターネット」に関するセキュリティリスクだ。インターネットに接続した「モノ」は2013年の99億から2020年には300億に増加するという予測がある。セキュアな開発が行われていない黎明期のデバイスは、PCや...(2015/2/16 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
自社Webサービスの可能性を無限に広げる「Web API戦略」の策定方法
 今日、企業は製品やサービスを多様なチャネルやデバイスで消費者に提供することが求められている。だが、最先端の技術を要する企業でも、時間やリソースの余裕がなく、単独では実現するのが困難な目標だ。 このような課題の解決策としてWeb APIでビジネスを公開するこ...(2015/1/7 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
機器・設備の保全管理は「予防」からデータ分析による「予知」へ
 生産機器やプラント設備など、事業の根幹を成す重要機器・設備の保全の在り方が転換期を迎えている。トラブル発生後の対処や、想定したシナリオに沿った従来型の「予防保全」ではなく、「予知保全」に変わろうとしているのだ。 ログ、設備台帳、メンテナンスおよび不具...(2014/11/21 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
金融サービスにおけるサイバーセキュリティ課題の傾向と対策
 サイバー犯罪者が最大の標的として狙いを定めているのは、他でもない金融サービス機関だ。金融機関はまずセキュリティの現状を把握し、最重要リスクを特定した上で迅速に改善を施してセキュリティインフラを最新化する必要がある。だが、金融機関も他の組織同様、応急処...(2014/10/16 提供:パロアルトネットワークス合同会社)

レポート
時や場所を問わず文書作業の生産性向上を望むユーザーとリスク軽減を追うIT管理者、共存の可能性は?
 ここ数年のモバイルデバイスの普及により、いつ、どこで、どのように情報にアクセスするかは、企業のIT管理者ではなく従業員がコントロールできるようになった。これに伴い、IT管理者は企業内のセキュリティや情報漏えいのリスクを軽減しつつ、従業員の生産性向上を支援...(2014/4/17 提供:アドビ システムズ 株式会社)

レポート
オープンソースの戦略的活用が金融サービスを変える
 モバイルデバイスの普及に伴い、銀行や金融サービス企業もモバイルアプリケーションへの迅速な対応を求められるようになった。コスト効率化を推進し、ソフトウェア開発を加速化する必要に迫られた金融サービス機関は、オープンソースソフトウェア(OSS)を戦略的に利用...(2014/4/4 提供:ブラック・ダック・ソフトウェア株式会社)

製品資料
【企業向けIPケータイ】.Phoneユビキタスのご紹介 〜外出先でIP電話の通話料を実現
 NTTコムの企業向けモバイルIP電話サービス『.Phoneユビキタス』は、日本全国のウィルコムPHSサービスエリアで使えるIPケータイサービスである。 PHS端末からの発着信がIP電話の050番号で行えるため、オフィスに導入したNTTコムのIP電話サービス「.Phone IP Centrex」や...(2010/1/18 提供:NTTコミュニケーションズ株式会社)

講演資料
クラウド活用のファイル共有/転送サービスは“業務”で選んで効率アップを狙え
 企業における電子データの取り扱い量は年々増え続けている。従来のUSBメモリや磁気・光学媒体を用いた受け渡しや、メール添付による送受信、無料のファイル送信サービスでは、容量やセキュリティ面での課題が発生する。課題解決のため、クラウドを利用したファイル共有...(2014/2/21 提供:NRIセキュアテクノロジーズ株式会社)

事例
25の医療機関事例を一挙公開 先進ソリューションの導入で日本の医療はどう変わる?
 昨今多くの医療機関で重視されている「チーム医療」。その前提条件として正しい情報共有は必須といえる。例えば、複数の診療科にかかる患者の診断結果や投薬状況が共有されていなければ、診療科ごとに確認の手間が発生、無駄な業務が増加する。また、看護師が互いの業務...(2014/2/5 提供:インターシステムズジャパン株式会社)

事例
法政大学理工系学生5000人の貸与PC利用率をほぼ100%にしたノートPCとは?
 法政大学は、理工系学生全員に必要なソフトをインストールしたノートPCを無償貸与、全学生に均質な教育環境の提供を開始した。だが当初貸与したノートPCについて「大きい、重い、バッテリー駆動時間が短い」という指摘が多く、私物のPCを使う学生も少なくなかったという...(2014/1/31 提供:レノボ・ジャパン株式会社)

Loading