「イノベーション」とは部署名ではなく企業の文化であるAdobeとUberのデジタルトランスフォーメーション【後編】

Adobeのシニアバイスプレジデント兼CIOが語った、デジタルトランスフォーメーションの真骨頂とは。同社とUberが登壇したイベントの内容を基に紹介する。

2019年11月21日 05時00分 公開
[David NeedleTechTarget]

関連キーワード

CIO | IT部門


 インシデント管理サービスをクラウドで提供するPagerDutyがサンフランシスコで開催した年次イベント「PagerDuty Summit 2019」。そのパネルディスカッションに登壇したAdobeのシニアバイスプレジデント兼CIOのシンシア・ストッダード氏は、イノベーションを特定の部署や職務に限定せず、誰もが参加できるようにすべきだと述べた。

 「社内にイノベーション担当グループを作っている会社を見かけるが、私の考えは違う」とストッダード氏は語る。イノベーションは企業文化に組み込むべきだというのがその理由だ。同氏によると、AdobeもUberと同じように「フリクションレス」(摩擦や障害がないこと)を目指している。

 「Uberでは、スマートフォンのボタン一つで車を呼ぶことができる。Adobeも、サービスを使いやすくてユビキタスでセルフサービスにするために、クラウドの利点を自社のDNAに組み込みたいと考えている」(ストッダード氏)

「テクノロジー依存」は危険

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...