2019年11月13日 05時00分 公開
特集/連載

AdobeとUberに学ぶ、イノベーションにおけるCIOの役割AdobeとUberのデジタルトランスフォーメーション【前編】

企業が熱心に取り組む「デジタルトランスフォーメーション」が、CIOや担当者に大きな課題をもたらしている。

[David Needle,TechTarget]

関連キーワード

CIO | IT部門


 変化には困難がつきものだが、デジタルトランスフォーメーションにはそれだけの価値がある。インシデント管理サービスをクラウドで提供するPagerDutyがサンフランシスコで開催した年次イベント「PagerDuty Summit 2019」はそう発信していた。

 AdobeとUberからの登壇者が参加したパネルディスカッションでは、デジタルトランスフォーメーションがもたらす課題とイノベーションにおけるCIO(最高情報責任者)の役割がテーマとなった。

失敗することにも意義がある

 UberのITエンジニアリング責任者であるショーバナ・アルワリア氏は「大企業には多くのリソースがあるが、会社の規模が大きくなればなるほど変革は難しくなる」と語った。変革を進めるには、既に確立しているシステムや考え方を壊さなければならない。会社の規模が大きいと、失敗した場合のコストも大きい。だが失敗することにも意義があるというのがアルワリア氏の考えだ。

 「失敗を恐れないことが重要だ。卓越したものを追求しようとしてそこから学ぶことがあれば、たとえ失敗しても意義がある」とアルワリア氏は語る。同氏によるとUberでは、失敗は恥ずべきことではなく、重大な過失でない限り解雇されることもない。

「責任は深く追及しない」のがUber流

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...