2019年11月13日 05時00分 公開
特集/連載

AdobeとUberに学ぶ、イノベーションにおけるCIOの役割AdobeとUberのデジタルトランスフォーメーション【前編】

企業が熱心に取り組む「デジタルトランスフォーメーション」が、CIOや担当者に大きな課題をもたらしている。

[David Needle,TechTarget]

関連キーワード

CIO | IT部門


 変化には困難がつきものだが、デジタルトランスフォーメーションにはそれだけの価値がある。インシデント管理サービスをクラウドで提供するPagerDutyがサンフランシスコで開催した年次イベント「PagerDuty Summit 2019」はそう発信していた。

 AdobeとUberからの登壇者が参加したパネルディスカッションでは、デジタルトランスフォーメーションがもたらす課題とイノベーションにおけるCIO(最高情報責任者)の役割がテーマとなった。

失敗することにも意義がある

 UberのITエンジニアリング責任者であるショーバナ・アルワリア氏は「大企業には多くのリソースがあるが、会社の規模が大きくなればなるほど変革は難しくなる」と語った。変革を進めるには、既に確立しているシステムや考え方を壊さなければならない。会社の規模が大きいと、失敗した場合のコストも大きい。だが失敗することにも意義があるというのがアルワリア氏の考えだ。

 「失敗を恐れないことが重要だ。卓越したものを追求しようとしてそこから学ぶことがあれば、たとえ失敗しても意義がある」とアルワリア氏は語る。同氏によるとUberでは、失敗は恥ずべきことではなく、重大な過失でない限り解雇されることもない。

「責任は深く追及しない」のがUber流

ITmedia マーケティング新着記事

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...

news161.jpg

コロナ禍で縮小したマーケティング施策 1位は「オフラインのセミナー/展示会」――ベーシック調査
B2Bマーケターを対象にした調査で8割以上が「コロナ禍で実施/検討しているマーケティン...