2008年02月08日 20時11分 UPDATE
ニュース

NEWSNEC、既存網をオールIP化する回線変換ソリューション「CX2200/100」を発売

厚さ1Uの筐体で回線インタフェース部分が交換可能なモジュール方式を採用。既存網とIP網を相互接続し、オールIP化を実現する。

[TechTarget]

 NECは2月8日、ネットワーク上で媒体やプロトコルが異なるデータを相互に変換して通信を可能にするマルチサービストランスポートゲートウェイ「CX2200/100」の販売を開始した。価格は本体・共通部、ファンモジュール、アップリンクカードによる最小構成で30万円から。

 CX2200/100は、厚さ1Uの筐体サイズを実現しながら、回線インタフェース部分に交換可能なモジュール方式を採用している。モバイル網のオールIP化実現や、運用コストの削減に貢献する。

 また、TDM(時分割多重)、ATM(非同期転送モード)、xDSL、イーサネットなどの回線に対応。パケットスイッチと64kbpsのTDMクロスコネクトスイッチを並列に処理する「ハイブリッドスイッチ機能」、TDM/ATM回線をIPネットワーク上で伝送する「PWE(Pseudo Wire Emulation)機能」などの搭載により、現行サービスを継続しながら新たなモバイルIP網を収容でき、効率的な回線のIP化を実現するとしている。

 さらに、同社が2007年2月に発表したサービス集約スイッチ「CX2600/200シリーズ」や、超小型マイクロ波通信システム「PASOLINK」との連携により、WiMAXやHSDPAなどのモバイルブロードバンドにも対応する。

関連ホワイトペーパー

IP電話 | ネットワーク監視 | ユビキタス


ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

「TikTok Ads」2019年の振り返りと2020年の展望
もう「踊ってみた」動画だけではない。急成長する広告配信プラットフォーム「TikTok Ads...

news112.jpg

「メルカリハイ」の謎を解く――4人に1人が100円以下の利益でもフリマアプリに出品
なぜ人は100円以下の少額利益でもフリマアプリに出品してしまうのか。謎を解く鍵は「承認...

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...