IoT時代だからこそ「エッジコンピューティング」を再定義する既存のワークフロー再編が勝利の鍵

エッジコンピューティングへの転換は、あらゆる企業で起こっている。そして、その転換の中心に存在しているのがモバイルだ。分析、セキュリティ、ビジネスプロセスの改革は、新たなIT戦略の重要な要素になる。

2017年06月27日 05時00分 公開
[Maribel LopezTechTarget]

 豊富な処理能力、ユビキタス同然の接続性、GPS、カメラ、センサーなどの新たなデータソースにより、モバイルはエッジコンピューティングを再定義している。

 過去には、ネットワーク業界と電気通信業界において、どれほどのインテリジェンスをエンドポイントにもたらすかが絶えず議論されていた。つまり、どれだけのデータを生成元からできるだけ近い場所で処理すべきかということだ。ただし、エンドポイントには単体で稼働できるほどの能力がなかったため、ほとんどのデータをローカルで処理することは叶わなかった。今日のエッジコンピューティングでは、一元管理している場所に接続する必要のある、処理能力のないデバイスは想定されていない。

 モノのインターネット(IoT)によって、さらに多くのデバイスやセンサーがインターネットに接続され、エッジコンピューティングの仲間入りを果たすことへの期待が集まっている。そして、企業がエッジコンピューティングを活用できるチャンスは増えている。分析、セキュリティ、ビジネスプロセスの改革は、これらの新たなIT戦略の重要な要素になる。

現状分析

ITmedia マーケティング新着記事

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...

news094.jpg

電通が「AI×クリエイティブ」の強みを生かしたビジネスコンサルティングサービスを提供開始
電通は「AI×クリエイティブ」で企業の事業やサービスの開発を支援する新サービス「AIQQQ...