TechTargetジャパン

製品資料
VPNで「拠点間接続」「リモート接続」、利用シーンや導入のメリット
 スマートフォンやタブレットをはじめとするモバイル端末の普及や、ワークスタイルの多様化などにより、拠点間でファイルやネットワーク機器、アプリケーションを共有したり、自宅や外出先から社内と同じ環境で仕事をしたりする環境が求められている。 そこで注目される...(2016/7/1 提供:ニフティ株式会社)

講演資料
新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN
 システムを利用しているのが誰なのか、認証技術はセキュリティの基礎ともいえる。なりすましを防止しなくてはならない一方、ユーザーの利便性を損なわないことも重要であり、そのバランスは難しい。しかしIDとパスワードの組み合わせは、安全性向上のため長く複雑になり...(2016/12/2 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
東京大学ほかがVPNを活用し実現、ハッカソンイベントで選ばれたサービスは?
 東京大学にて2015年7月に、IoTをテーマにした「スマートライフハッカソン」が開催された。エンジニアなどが参加して短期間で開発を行い、アイデアを競い合うこのイベントを裏で支えたのがVPNだ。 イベントでは、会場の東京大学をオフィス、大阪のデモ会場を自宅に見立...(2016/7/1 提供:ニフティ株式会社)

製品資料
VoIPやSkype for Businessの通信品質向上に役立つ「SD-WAN」とは?
 VoIPやSkype for Businessで音声品質の劣化や通話の切断が起きるのは、IP-VPN(MPLS)やインターネット接続環境が不安定になり、パケットのロスやトラフィックの遅延が発生するからだ。この対策として契約回線の増設や帯域幅の拡大という方法があるが、不特定多数の利用...(2017/1/10 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
クラウドとどう使い分ける? VPNが業務効率の向上に役立つシーンとは?
 モバイル活用による営業効率の改善、ノートPCの持ち出しなどによる情報漏えい対策、オフィスや拠点の増設などへの対応に課題を持つ企業は多いだろう。これらの課題を解決するには、ネットワーク環境の改善が有効な場合がある。 しかし、インターネット回線を用いた「イ...(2016/7/1 提供:ニフティ株式会社)

製品資料
テレワークの情報漏えい対策、外部パートナーに共有したファイルも暗号化/追跡
 現在、国が主導する「働き方改革」と歩調を合わせて、多くの企業でワークスタイルの多様化が進められている。この取り組みを成功させるためには、テレワーカーに安全なファイル共有環境を提供する必要があるが、従来の方式にはさまざまな課題がある。 例えば、社内サー...(2017/1/10 提供:アイドック株式会社)

技術文書
DDoS攻撃対策はできている? リモートアクセスの安全性を強化する3つのポイント
 ユーザー認証と暗号化は、信頼の置けないネットワークを経由するリモートアクセスセッション(およびデータ)の機密性と完全性を保つための、定番手法だ。組織内のごく一部の従業員が、企業が管理するデバイスから、ごく少数のアプリにリモートアクセスしていた時代には...(2017/1/10 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

事例
AWS導入事例:ECサイトや社内システムの耐障害性と柔軟性を高めるには?
 近年、ECサイトや社内システムのようなミッションクリティカルなシステムのクラウド移行が進んでいる。その背景には、Amazon Web Services(AWS)に代表される、耐障害性やセキュリティに優れたクラウドサービスの存在がある。 しかし、信頼性の高いAWSであってもシス...(2017/1/12 提供:クラスメソッド株式会社)

事例
「地図」連携で訪問ルート・時期を最適化、アサヒプリテックの営業改善策とは?
 ERPやSFAの導入やモバイル端末の活用により営業活動の効率化は大幅に進んだ。その一方で、顧客訪問計画では、いまだに多くの非効率を解消できずにいる。顧客訪問のルートや時期を最適化することは、営業部門にとっては古くて新しい課題だ。 貴金属リサイクル業のアサヒ...(2017/1/20 提供:富士通株式会社)

技術文書
ハイブリッドクラウドの利用を支える、次世代運用管理の3つの鍵
 業務部門がIT部門の手を借りることなく、迅速かつ柔軟に利用できるIT環境が、クラウドの普及で実現した。その反面、管理の目が行き届かないシャドーITも生まれ、仮想マシンの乱立など、これまでの運用手法では企業全体のIT最適化に大きな課題がある。 パブリッククラウ...(2017/1/13 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
AI導入が現実的な選択肢に――ASP・SaaS型Watsonではじめるテキストマイニング
 人工知能「IBM Watson」の登場により、これまで困難とされてきた自然言語解釈技術を活用したテキストマイニングを一般企業でも手軽に行えるようになった。その結果、クレーム、問い合わせ、SNSなどの顧客の声を分析し、傾向把握や課題発掘をする手法が一般的なものとな...(2017/1/10 提供:株式会社イーネットソリューションズ)

レポート
利便性を犠牲にしない“緩やかなネットワーク分離”をかなえる「ISFW」とは?
 未知のマルウェアが相次ぎ登場するなど脅威の侵入を防ぐことが難しくなる中、有効なセキュリティ対策として期待を集めるのが、インターネット閲覧環境と業務システムのネットワークを分離する「ネットワーク分離」だ。仮に攻撃を受けたとしても、攻撃者が重要データを格...(2017/1/18 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
モバイル管理の新常識:ユーザー/経営者/管理者の全員が納得する5大機能
 モバイル端末の業務活用は、社内システムへの手軽なアクセスやさまざまなモバイルアプリの利用を望むユーザーと、情報共有や業務効率化を目指す経営者の双方にメリットをもたらす。しかし、その有効性を確保するためには、ユーザーにある程度の自由を与えなければならな...(2017/1/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
金融サービスにおいて業務モビリティがもたらす効果――4社の事例で解説
 現在のビジネス、特に金融サービス業界は、かつてないほど厳しい環境に置かれている。市場の急速な変化や値下げ圧力の中、顧客の獲得や引き留めには、新たな顧客体験の提供が求められる。また、業務における高い生産性や、コンプライアンス対応、セキュリティ強化といっ...(2017/1/10 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
低コストでAIを導入――Watsonがビッグデータ分析・マーケティング分析を支援
 AIや機械学習が本格的な実用段階に入り、さまざまな場面でAIが業務における意思決定を支援し始めている。これは大企業に限った話ではなく、あらゆる規模の企業で利用が拡大している。その背景には、AI導入を阻むコストの壁が取り払われたことがある。 例えば、AIブーム...(2017/1/10 提供:株式会社イーネットソリューションズ)

製品資料
IDCフロンティアの「1分で接続できるVPN」を支えるルーターとは
 複数の拠点で構築したクラウドを、安全かつ高速なネットワークを利用しながら接続することで、さまざまな可能性が生まれる。互いにバックアップデータを持ち合うことで、災害対策やBCPの充実を図ることもできるし、アプリケーションの不具合が発生した場合なども、互い...(2016/9/30 提供:ジュニパーネットワークス株式会社)

比較資料
中堅・中小企業向け、統合脅威管理(UTM)の主要ベンダー一覧表:100〜300台クラス
 統合脅威管理(UTM)はその名の通り、インターネットと社内LANの間で「統合的」なセキュリティ対策を実現するシステムだ。スパム対策やウイルス対策、URLフィルタリング、IPS(不正侵入防止システム)アプリケーションコントロールといった対策を自動的に実施してくれる...(2016/12/5 提供:アイティメディア株式会社)

比較資料
中堅・中小企業向け、統合脅威管理(UTM)の主要ベンダー一覧表:30〜50台クラス
 統合脅威管理(UTM)はその名の通り、インターネットと社内LANの間で「統合的」なセキュリティ対策を実現するシステムだ。スパム対策やウイルス対策、URLフィルタリング、IPS(不正侵入防止システム)アプリケーションコントロールといった対策を自動的に実施してくれる...(2016/12/5 提供:アイティメディア株式会社)

講演資料
Office 365とID統合とアクセス制御、三者のベストな関係はIDaaSで構築
 クラウド上で複数の組織が協働作業を行うケースは多い。その際、複数組織をどのように1つにまとめ、コミュニケーションを取り、ユーザーが利用しやすく、管理者も管理しやすい環境を構築するか、が課題になる。 解答の1つが「Identity Management as a Service(IDaaS...(2016/12/22 提供:日本マイクロソフト株式会社)

講演資料
社外からも業務データにアクセスしたいを安全にかなえる「条件付きアクセス」
 クラウドとモバイルデバイスの普及で、オフィス外でも業務を行うシーンが一挙に増えた。そこで現れた課題は「重要なデータやリソースに、社外からアクセスする」ニーズが増えたことだ。 しかしさまざまなデバイス、通信経路、ID・パスワードが入り乱れる中で、不正利用...(2016/12/16 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
なぜネットワークは遅延するのか? 確認すべき5つのポイント
 ネットワークパフォーマンス管理で重要になるのは、アプリケーションごとの利用状況の可視化が十分にできるかどうかである。どのアプリケーションが、どこで、誰に使われ、どのネットワークが、どの程度利用されているかといった、全体的な傾向を把握できなければ、パフ...(2016/12/19 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

製品資料
多段階の攻撃プロセスに対応する「サイバーキルチェーン防御」の実力とは?
 近年、企業を狙ったサイバー攻撃では、標的型攻撃やランサムウェアなど、クライアントを狙った攻撃が多発している。これらの攻撃は巧妙化が進んでおり、既存のセキュリティ製品では防ぎきれないという状況だ。そこでやむなく、エンドユーザーの自由度を大幅に損ねるよう...(2016/12/13 提供:フォースポイント ジャパン株式会社)

技術文書
アーキテクチャの5原則が導く次世代データセンターのデザインとメリット
 AWSやAzureとの差別化を図るため、他のクラウドサービスプロバイダーは低価格での提供や、将来的ニーズが不明確なままのプラットフォーム構築など、負担を強いられている。また、顧客の進化に応じたサービスやソリューションを迅速に調節できない、新しい市場や収益源を...(2016/12/8 提供:ネットアップ株式会社)

技術文書
5つの原則に見る、従来型データセンターの課題と次世代データセンターの姿
 パブリッククラウドの利用が一般的になり、今やクラウドの使い勝手を自社インフラのも期待するようになってきた。例えば迅速なサービス立ち上げ、柔軟な拡張性、低コストで高パフォーマンス、ユーザーセルフサービスで利用できることなどだ。 一方、インフラを運用する...(2016/12/6 提供:ネットアップ株式会社)

製品資料
IT自動化からDR対策まで、ネットワーク仮想化の「4つのメリット」
 仮想環境でのインフラ運用が進むにつれ、リソースを迅速に調達する要求が激しくなり、それに応えるためにネットワークのプロビジョニングが頻繁に実施されるようになる。ネットワークの仮想化が注目されるようになった最大の理由は、この対応力を強化したいというニーズ...(2016/12/1 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
ノートPCやデスクトップPCのバックアップは、なぜ難しいのか?
 ノートPCやデスクトップPCなど、エンドポイント端末の内部にあるデータを定期的にバックアップする体制を整えている企業は、それほど多くない。重要なデータは社内システムにある共有フォルダにコピーし、残りのデータはローカルにのみ、そのまま残しているケースがほと...(2016/11/29 提供:CommVault Systems Japan)

製品資料
通信事業者級の安全性を実現、大規模ネットワークに最適なサービスゲートウェイ
 ファイアウォールなどのネットワークセキュリティ機能は、利用する規模に応じて、求められる性能や機能が違ってくる。大規模ネットワークでは、支店や中・大規模拠点で利用される製品とは桁違いのスループット性能や、より高度なセキュリティが求められる。 本コンテン...(2016/11/21 提供:マクニカネットワークス株式会社)

レポート
なぜ今オンプレミス版リモートコントロールツールへの乗換が増えているのか
 従業員の端末利用が拡大したことで、PCや社内システムの操作方法やトラブル解決などをサポートするヘルプデスク業務の負荷が急増している。その対応の遅れは企業の生産性の低下に直結するが、限られた人員で迅速に対応することは難しく、多くの企業がヘルプデスク業務の...(2016/11/29 提供:株式会社オーシャンブリッジ)

レポート
未来のWANの姿を考えよう──WANがソフトウェア定義へと向かうこれだけの理由
 クラウドの採用に加え、リッチメディアや双方向通信といった帯域幅を大量に消費するアプリケーションをサポートするために必要な、帯域幅要件の拡大が進んでいる。そのため、遠隔地でのハイブリッドWANトポロジー(MPLS、インターネット、LTEの方式を組み合わせた接続形...(2016/11/30 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

レポート
MDMを“オワコン”にしたiPhone、Android管理の新標準「EMM」とは?
 Appleの「iPhone」「iPad」やGoogleの「Android」搭載デバイスなど、モバイルデバイスを大量に導入する企業にとって、その管理を一元化できる「モバイルデバイス管理」(MDM)製品は不可欠ともいえる存在となった。だが企業のモバイルデバイス活用が高度化するにつれて...(2016/11/30 提供:ヴイエムウェア株式会社)

Loading