TechTargetジャパン

製品資料
VPNで「拠点間接続」「リモート接続」、利用シーンや導入のメリット
 スマートフォンやタブレットをはじめとするモバイル端末の普及や、ワークスタイルの多様化などにより、拠点間でファイルやネットワーク機器、アプリケーションを共有したり、自宅や外出先から社内と同じ環境で仕事をしたりする環境が求められている。 そこで注目される...(2016/7/1 提供:ニフティ株式会社)

事例
東京大学ほかがVPNを活用し実現、ハッカソンイベントで選ばれたサービスは?
 東京大学にて2015年7月に、IoTをテーマにした「スマートライフハッカソン」が開催された。エンジニアなどが参加して短期間で開発を行い、アイデアを競い合うこのイベントを裏で支えたのがVPNだ。 イベントでは、会場の東京大学をオフィス、大阪のデモ会場を自宅に見立...(2016/7/1 提供:ニフティ株式会社)

製品資料
クラウドとどう使い分ける? VPNが業務効率の向上に役立つシーンとは?
 モバイル活用による営業効率の改善、ノートPCの持ち出しなどによる情報漏えい対策、オフィスや拠点の増設などへの対応に課題を持つ企業は多いだろう。これらの課題を解決するには、ネットワーク環境の改善が有効な場合がある。 しかし、インターネット回線を用いた「イ...(2016/7/1 提供:ニフティ株式会社)

製品資料
VoIPやSkype for Businessの通信品質向上に役立つ「SD-WAN」とは?
 VoIPやSkype for Businessで音声品質の劣化や通話の切断が起きるのは、IP-VPN(MPLS)やインターネット接続環境が不安定になり、パケットのロスやトラフィックの遅延が発生するからだ。この対策として契約回線の増設や帯域幅の拡大という方法があるが、不特定多数の利用...(2016/9/16 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
アプリケーション仮想化でWebアプリを配信する「3つのメリット」とは?
 Webアプリは従来のクライアント/サーバ向けアプリと比較して、軽量で、しかも複数のOSに合わせて開発・テストを行う必要もないため、多くの企業で開発が行われてきた。Webアプリにより、短期間でビジネスに役立つIT活用ができると期待されたのである。 しかし、実際に...(2016/9/16 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
ノートPCやデスクトップPCのバックアップは、なぜ難しいのか?
 ノートPCやデスクトップPCなど、エンドポイント端末の内部にあるデータを定期的にバックアップする体制を整えている企業は、それほど多くない。重要なデータは社内システムにある共有フォルダにコピーし、残りのデータはローカルにのみ、そのまま残しているケースがほと...(2016/9/6 提供:CommVault Systems Japan)

製品資料
モバイルワークや在宅ワークがすぐに実現、専門知識ゼロで安全なリモート接続
 近年、ワークスタイルの多様化へのニーズが高まっていることから、モバイルワークや在宅ワークを推進する企業が増えている。社員にこのような業務環境を提供することは、作業の効率化だけでなく、優秀な人材の獲得や離職率の防止にも役立つ。 しかし、誰もが利用できる...(2016/7/27 提供:ニフティ株式会社)

製品資料
低コストで高度な標的型攻撃対策、クラウド型サンドボックスでどこまでできる?
 巧みな方法でユーザー自身にウイルスを実行させ、企業からさまざまな情報を盗み出そうとする「標的型攻撃」。同僚や取引先、顧客、公的機関などからのメールを偽装する手口が巧妙になっており、被害に気付かずにいるケースも少なくない。 企業側もエンドポイントのセキ...(2016/9/6 提供:ソフトバンク コマース&サービス株式会社)

レポート
キーマンズネット データブック 2016(2016年2月発行)
 コンテンツマーケティングを職務の1つとするマーケティング担当者にとって、「どのようなコンテンツを作れば、アプローチしたい読者に見てもらえるのか?」という悩みは尽きることはない。 企業向けIT製品の総合サイトであるキーマンズネットには、ITベンダー企業制作...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
多店舗・多拠点企業は店舗のマイナンバー収集・管理をどう行っているか?
 マイナンバー制度への対応では、特定個人情報の漏えいや流用などのリスクを可能な限り回避することが求められる。しかし、自社でマイナンバーを安全に管理するためには、収集・保管業務の人員確保や教育、保管設備の設計や構築に多くのコストと人的リソースを投じなけれ...(2016/8/4 提供:日本電気株式会社)

技術文書
基幹システムとAPIが連携、ビジネスモデルの転換を支える次世代インフラとは?
 自動車配車サービスの「Uber」や宿泊施設提供サービスの「Airbnb」といったデジタル企業は、タクシーやホテルなどの資産を持たずに世界中でビジネスを展開している。このような新しいビジネスモデルへの転換は、今後、多くの業種で避けては通れない道となっていくだろう...(2016/9/23 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

技術文書
「オレオレSSLサーバ証明書」では防げない、中間者攻撃の仕組みと対策
 中間者攻撃(Man-in-the-Middle Attack:MITM Attack)によって、WebブラウザとWebサーバ間のHTTPセッションをハイジャックされてしまう危険性があることは広く認識されてきた。これと同様に、サーバ間通信でもセッションをハイジャックされ、情報の盗聴や改ざんをする...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
MDMを“オワコン”にしたiPhone、Android管理の新標準「EMM」とは?
 Appleの「iPhone」「iPad」やGoogleの「Android」搭載デバイスなど、モバイルデバイスを大量に導入する企業にとって、その管理を一元化できる「モバイルデバイス管理」(MDM)製品は不可欠ともいえる存在となった。だが企業のモバイルデバイス活用が高度化するにつれて...(2016/9/16 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
セキュリティの観点から見た「アプリケーションとデスクトップ仮想化の効用」
 IT部門はセキュリティ強化を行いながら、エンドユーザーのさまざまなIT活用を向上させるための課題に取り組んでいる。デスクトップPC、ノートPC、タブレット、スマートフォンなどから、どこにいても仕事ができ、外部パートナー企業も必要に応じて社内データを共有できる...(2016/9/16 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
IT自動化からDR対策まで、ネットワーク仮想化の「4つのメリット」
 仮想環境でのインフラ運用が進むにつれ、リソースを迅速に調達する要求が激しくなり、それに応えるためにネットワークのプロビジョニングが頻繁に実施されるようになる。ネットワークの仮想化が注目されるようになった最大の理由は、この対応力を強化したいというニーズ...(2016/9/5 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
データセンターの次世代セキュリティ――ネットワーク仮想化で解決できる3つの課題
 データセンターの運用効率改善や俊敏性の向上、コスト削減などを目指す企業にとって、仮想環境への移行は現在でも有力な選択肢の1つだ。しかし、それだけでは解決できないネットワークに関する問題も徐々に知られるようになっている。 ネットワークの境界で防御するセ...(2016/9/5 提供:ヴイエムウェア株式会社)

レポート
BYOD導入に欠かせない「主要OSへのセキュリティ対処能力」をどう確保するか
 BYOD(私物デバイスの業務利用)は企業にコストメリットだけでなく、従業員のモバイル活用を促進し、ビジネススピードの改善、顧客満足度の向上といった多くのメリットをもたらす。 しかし、BYODを導入する上で注意しなくてはならないのが、セキュリティ管理の問題だ。(2016/7/29 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
iPadでのWindowsアプリ活用、「見づらい」「操作性が悪い」の声にどう応える?
 スマートデバイスの業務利用を考える際、iPadは真っ先に検討したい端末の1つだ。操作性が高く、ビジネスアプリも豊富で、「Microsoft Exchange」などと連携したメール利用も問題ない。しかし、いざ導入してみると、業務での活用が進まなかったというケースが見られる。(2016/8/3 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
次世代ファイアウォールやUTMで未知の脅威にも即応――複合型防御のススメ
 近年のサイバー攻撃に見られる傾向として3つの変化が挙げられる。1つは、ボットネットやAPT(Advanced Persistent Threat)など、攻撃手法のさらなる高度化だ。これにより、1つの方式で完全に防ごうとするアプローチから、複数の方式を併用した防御へと移行が進んでいる...(2016/7/25 提供:ジェイズ・コミュニケーション株式会社)

レポート
私物端末で社内システムのアクセスまで許可、金融機関も選ぶ端末管理法とは?
 金融業界のように情報管理が厳しい業界では、これまで業務におけるモバイル活用に消極的な企業も少なくなかった。しかし、高いセキュリティと利便性を備えたモバイル管理技術が登場したことで、金融業界でも私物端末の業務利用(BYOD)などが進みつつある。 その技術の...(2016/8/22 提供:デジタルアーツ株式会社)

製品資料
デバイス不問のアプリ活用と安全性を両立するリモートアクセス基盤の構築術
 モバイル活用、私物端末の業務利用(BYOD)など、エンドユーザーの要求は日々高まっている。その結果、使用場所、ネットワーク、デバイスを問わず、生産性とセキュリティを確保するリモートアクセス環境が求められるようになってきた。 こうした要求に対応する上で注意...(2016/8/4 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
不自由なモバイル活用が原因? “シャドーIT”を発生させないための基本を解説
 業務におけるモバイル活用を進めている企業の中には、セキュリティ上の理由から利用範囲を厳しく制限している組織も多い。そのため、利用できるのはメールとスケジューラのみで、社内データにモバイルデバイスでアクセスして閲覧・編集するのは禁止、というケースも珍し...(2016/8/1 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
iPhoneウイルスの現状――iOSの安全神話は捨てるべき
 「iOSはウイルスがいないから対策ソフトなんて無意味だ」――。本気でそう考えているのだとしたら、認識を改めた方がよい。AppleのモバイルOS「iOS」を狙ったマルウェアは存在するし、2014年には感染が確認されている。仮に“iOS安全神話”があったとしても、それは既に...(2016/8/31 提供:KDDI株式会社)

製品資料
Azureベースの独自クラウド、導入・運用の不安を解消するサービスとは?
 近年、ITシステムの変化を促す要因が多様化していることから、法制度やエネルギー・環境問題のような社会状況にも迅速に対応できるクラウドへの移行が進んでいる。しかし、不慣れなクラウドサービスの導入や運用には不安を感じる企業も少なくない。 そんな企業が注目し...(2016/8/24 提供:富士通株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月24日号:それでもAzureを選ぶべき理由
 Computer Weekly日本語版 8月24日号は、以下の記事で構成されています。■あらゆる用途にマッチする魔法のブロックチェーンは存在しない■至れり尽くせりなインテリジェントビルを目指す「Watson IoT」導入計画■優秀なDevOpsチームがハマる落とし穴■それでもAWSでは...(2016/8/24 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
TechTargetジャパン Data Report 2016(2015年4月〜2016年3月版)
 コンテンツマーケティングを職務の1つとするマーケティング担当者にとって、「どのようなコンテンツを作れば、アプローチしたい読者に見てもらえるのか?」という悩みは尽きることはない。 本コンテンツは、2015年度にTechTargetジャパンに掲載され、読者にダウンロー...(2016/8/18 提供:アイティメディア株式会社)

事例
「地図」連携で訪問ルート・時期を最適化、アサヒプリテックの営業改善策とは?
 ERPやSFAの導入やモバイル端末の活用により営業活動の効率化は大幅に進んだ。その一方で、顧客訪問計画では、いまだに多くの非効率を解消できずにいる。顧客訪問のルートや時期を最適化することは、営業部門にとっては古くて新しい課題だ。 貴金属リサイクル業のアサヒ...(2016/8/5 提供:富士通株式会社)

技術文書
アクセスコントロール製品導入戦略ガイド
 現代のIT環境は従来のユーザーアクセス制御の方法に課題を投げ掛け、先進的なID・アクセス管理(IAM)ツールの普及を加速させている。 本稿ではIAMがビジネスアクセスポリシーの中心に位置付けられる理由や、職場が変わってもITやセキュリティ管理者がコントロールを維...(2016/8/31 提供:アイティメディア株式会社)

事例
金融サービスにおいて業務モビリティがもたらす効果――4社の事例で解説
 現在のビジネス、特に金融サービス業界は、かつてないほど厳しい環境に置かれている。市場の急速な変化や値下げ圧力の中、顧客の獲得や引き留めには、新たな顧客体験の提供が求められる。また、業務における高い生産性や、コンプライアンス対応、セキュリティ強化といっ...(2016/8/22 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

事例
【事例】三菱電機でのIoT活用、レーザー加工機の稼働率が向上
 従来の『もの』に加えて、『こと』に対する価値観が消費側で非常に高まっている。 三菱電機ではお客様生産現場に設置するレーザ加工機のIoT化に着手。 リモート診断等により、異常発生時に情報をリアルタイムに入手して稼働率の向上を目指した。また、さまざまな加工...(2016/8/22 提供:日本電気株式会社)

Loading