TechTargetジャパン

製品資料
モバイルワークに最適なVPN環境を実現――業務効率を向上させる5つの機能
 モバイル端末の業務利用が当たり前となり、多くのモバイルワーカーを抱える企業や、施設内で多数のモバイル端末を運用する企業も珍しくなくなった。しかし、企業のモバイルワーク環境は、依然としてセキュリティや通信速度/品質に課題を抱えている。 例えば、Wi-FiやL...(2017/1/23 提供:丸紅情報システムズ株式会社)

製品資料
海外で構築する「SD-WAN」――どうすれば国際閉域網のコスト効率は高まるのか?
 WAN回線サービスを仮想化する「SD-WAN」(Software Defined WAN)の登場により、仮想閉域網をユーザー組織自身で構築・運用できるようになった。そのメリットは、専用線やIP-VPN、ブロードバンド回線、4G回線、無線LANなどを活用した、ハイブリッドなネットワーク環境だ...(2017/3/1 提供:シンガポールテレコム・ジャパン株式会社)

製品資料
仮想化/クラウド環境のコスト削減――運用自動化に向けたネットワーク仮想化
 仮想化やクラウドの技術により、サーバ/リソースのデプロイはオンデマンドで容易に実行できるようになった。しかし、システム全体の効率化やコスト削減を進める上では、もう1つ解消しなければならない課題がある。それは、従来型ネットワークが抱える「設定や運用の複...(2017/2/16 提供:SCSK株式会社)

事例
東急建設のインフラ刷新、SDDC移行で変わったセキュリティとインフラ運用の負荷
 建設需要が一段落するポストオリンピックを見据えて、東急建設はICTの積極活用による新たな価値創造と業務プロセスの革新を目指している。その土台となるITインフラには早期からサーバ仮想化・統合ストレージ環境を利用してきたが、想定以上にシステム数が増え、負荷が...(2017/3/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
トレードオフではない、コストとパフォーマンスを両立する次世代型VDIとは?
 ワークスタイルの多様化やセキュリティ強化、ITコスト削減、BCP(事業継続計画)対策などの目的で導入が進むVDI(仮想デスクトップインフラ)。導入時や運用中に課題が表面化するケースが少なからず見られるが、その原因とはどのようなものだろうか。 VDIの導入では...(2017/3/7 提供:株式会社 信興テクノミスト)

製品資料
パブリッククラウドのセキュリティは大丈夫? そんな不安を解消するには
 クラウドやモバイル端末の業務活用が進んだことで、企業の生産性は大きく向上した。その一方で、管理すべきプラットフォームの拡大は、アプリケーションの可用性やパフォーマンス、セキュリティを維持する管理者にとって困難な状況を生んでいる。 その一例が、Webアプ...(2017/1/31 提供:F5ネットワークスジャパン株式会社)

製品資料
VPNで「拠点間接続」「リモート接続」、利用シーンや導入のメリット
 スマートフォンやタブレットをはじめとするモバイル端末の普及や、ワークスタイルの多様化などにより、拠点間でファイルやネットワーク機器、アプリケーションを共有したり、自宅や外出先から社内と同じ環境で仕事をしたりする環境が求められている。 そこで注目される...(2016/7/1 提供:ニフティ株式会社)

製品資料
セキュリティ対策は「組み込み型」へ──ポイント対策が限界を迎えたわけ
 ほぼ20年間にわたり、ファイアウォールは企業のセキュリティ戦略の中心に据えられてきた。アプライアンスが登場するとすぐに、サービスプロバイダーが次々とファイアウォールの管理サービスの提供を始めた。そして、新たな攻撃に対応するために、電子メールゲートウェイ...(2017/3/7 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

講演資料
新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN
 システムを利用しているのが誰なのか、認証技術はセキュリティの基礎ともいえる。なりすましを防止しなくてはならない一方、ユーザーの利便性を損なわないことも重要であり、そのバランスは難しい。しかしIDとパスワードの組み合わせは、安全性向上のため長く複雑になり...(2016/12/2 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
「AWS×データ分析」構築事例3選──データ変換/統合を楽にするツール導入法
 Amazon Web Services(AWS)では、ソリューションアーキテクチャを理解することで、可用性や安全性が高く、業務負荷に合わせてインフラリソースを増減できるITシステムを簡単に構築できるようになる。しかし、そのコストまで含めてシステムを最適化するためには、さまざ...(2017/3/14 提供:Talend株式会社)

製品資料
IoTからクラウドまで広範囲に守る――「多層防御」構築の5つのポイント
 クラウド、仮想化、IoT、BYODなど、新たな技術や概念の登場とともに、企業のネットワーク環境は多様化・複雑化している。それに応じてセキュリティまで複雑化させては管理部門の負担が増すばかりだ。いま必要なのは、複雑さに付き合うのでなく、「シンプルさ」を実現す...(2017/3/13 提供:フォーティネットジャパン株式会社)

レポート
「無線LANアクセスポイント」の法人モデルは家庭用と何が違うのか?
 今やすっかり一般的な通信方式となった無線LAN(Wi-Fi)。SOHOや中小企業で無線LANを導入する場合、オフィス内をフリーアドレス制にするといったケースや、商談ルームやラウンジなど来客用に限定して無線LANを開放するといったケースなど、その目的はさまざまだろう。そ...(2017/3/21 提供:KDDI株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 3月8日号:PC&Windows時代の終わり
  Computer Weekly日本語版 3月8日号は、以下の記事で構成されています。■導入企業の90%がAIのメリットを活用できず、さらに懸念を抱えている現実■DNSの守り方──DNSプロキシサービスのススメ■NoSQLデータベース「Couchbase」がモバイル環境で愛される理由■IT部...(2017/3/8 提供:アイティメディア株式会社)

レポート
セキュリティ徹底分析:サイバー犯罪者がこれから狙ってくるものは?
 今やサイバー犯罪は一大ビジネスに成長している。サイバー攻撃に必要なソフトウェアをサービスとして提供する「Malware as a Service」まで登場し、サイバー犯罪組織がソフトウェアとサービスを提供するベンダーのような役割まで果たし始めている。 また、サイバー攻撃...(2017/3/1 提供:シンガポールテレコム・ジャパン株式会社)

製品資料
DaaS選びの基礎解説――ユーザー体感速度を損なわず高度なセキュリティ対策
 仮想デスクトップ(VDI)環境は、ワークスタイル変革やセキュリティ向上など、さまざまな目的で採用が増えている。一方、課題は、多数のクライアント処理が集中すると動作が重くなる、といった使い勝手の点だ。 クラウドサービス「DaaS(Desktop as a Service)」を採...(2017/2/21 提供:ニフティ株式会社)

製品資料
モバイルデバイスとしての「Windows 10」、業務利用に欠かせない管理ツールは?
 Windowsをスマートフォンやタブレットなどのモバイルデバイスで利用する流れは、Windows 8/8.1から始まり、Windows 10によってさらに強まった。この流れの中で、モバイルデバイスとしての操作性だけでなく管理機能も一段と向上した。 しかし、既存のWindows向け管理方...(2017/2/15 提供:ヴイエムウェア株式会社)

事例
東京大学ほかがVPNを活用し実現、ハッカソンイベントで選ばれたサービスは?
 東京大学にて2015年7月に、IoTをテーマにした「スマートライフハッカソン」が開催された。エンジニアなどが参加して短期間で開発を行い、アイデアを競い合うこのイベントを裏で支えたのがVPNだ。 イベントでは、会場の東京大学をオフィス、大阪のデモ会場を自宅に見立...(2016/7/1 提供:ニフティ株式会社)

製品資料
クラウドとどう使い分ける? VPNが業務効率の向上に役立つシーンとは?
 モバイル活用による営業効率の改善、ノートPCの持ち出しなどによる情報漏えい対策、オフィスや拠点の増設などへの対応に課題を持つ企業は多いだろう。これらの課題を解決するには、ネットワーク環境の改善が有効な場合がある。 しかし、インターネット回線を用いた「イ...(2016/7/1 提供:ニフティ株式会社)

製品資料
テレワークの情報漏えい対策、外部パートナーに共有したファイルも暗号化/追跡
 現在、国が主導する「働き方改革」と歩調を合わせて、多くの企業でワークスタイルの多様化が進められている。この取り組みを成功させるためには、テレワーカーに安全なファイル共有環境を提供する必要があるが、従来の方式にはさまざまな課題がある。 例えば、社内サー...(2017/1/10 提供:アイドック株式会社)

製品資料
AWS移行の新常識、「Amazon WorkSpaces」でデスクトップ運用負荷を大幅に軽減
 近年、業務システムや業務環境のクラウド移行がさまざまな形で進んでいる。その背景には、オンプレミスや仮想基盤に展開されたシステムの全面移行にも対応できるセキュリティと可用性を備えた「Amazon Web Services」(AWS)などの存在がある。 AWSが選ばれる理由には...(2017/2/7 提供:株式会社サーバーワークス)

技術文書
DDoS攻撃対策はできている? リモートアクセスの安全性を強化する3つのポイント
 ユーザー認証と暗号化は、信頼の置けないネットワークを経由するリモートアクセスセッション(およびデータ)の機密性と完全性を保つための、定番手法だ。組織内のごく一部の従業員が、企業が管理するデバイスから、ごく少数のアプリにリモートアクセスしていた時代には...(2017/1/10 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
業務システム用クラウドサービスの選び方――海外サービスとの比較、他
 IT部門の人的リソースに余裕がない、あるいはそもそもIT部門が存在しない企業にとって、システム基盤をクラウド化できるようになったことは大きな変化だ。自社で保有していたサーバに比べて、より高い安定性や利便性を得つつも、費用を抑えることが可能になるからだ。 ...(2017/2/22 提供:ビッグローブ株式会社)

レポート
仮想環境に潜むコンプライアンスリスク――膨大な監査請求の支払責任は誰に?
 パブリック、プライベート、ハイブリッドなど、クラウドにもさまざまな形態があり、また、その上で運用されるソフトウェアの柔軟性から仮想マシン(VM)の利用も進んできた。一方、こうした状況では、クラウドサービスのコンプライアンスやセキュリティ対策などの責任所...(2017/2/3 提供:ウチダスペクトラム株式会社)

製品資料
「モバイル業務は好みのデバイスで」 ID一元管理で安全性と生産性を両立
 複数のアプリケーションへのシングルサインオン(SSO)は、あらゆるユーザーから歓迎される機能だろう。クラウドプラットフォームやSaaSアプリケーションなどIT環境が拡大したことで、ID管理は複雑化し、ユーザーと管理部門の双方に負担がかかっている。 そこで、注目...(2017/2/23 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
数千のSaaSアプリにシングルサインオン、モバイル活用を進化させるEMM製品は?
 現在、ほとんどの企業が「どこからでも、どのデバイスでも作業できる」ことを標準としている。しかし、従業員が現在のモバイルワーク環境に満足しているかといえば、必ずしもそうではない。その原因の1つが、EMM(エンタープライズモビリティ管理)などによる複雑なアク...(2017/2/23 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
デジタルビジネス実現への道「クラウド運用のホワイトボックス化 8つの極意」
 デジタル化の進展に伴い、IoTやAIを活用した新たなビジネスの創出に取り組む企業が増えている。その一方で、日々の運用に人手を割かれ、新規ビジネスを開拓するための業務システム開発に着手できない──その悩みは、多くのIT部門で共通するものだろう。経営から期待さ...(2017/2/17 提供:日本電気株式会社)

レポート
「IoTハッキング」事例研究:市販の防犯機器への調査で分かった10の脆弱性
 導入後にセキュリティパッチを適用できないデバイスが、これまでにないペースでネットワークに追加されている。それがIoTデバイスだ。2016年にマルウェア「Mirai」によって引き起こされた大規模なDDoS攻撃は、このようなIoTデバイスが攻撃者に悪用された場合の危険性を...(2017/2/16 提供:ラピッドセブン・ジャパン株式会社)

製品資料
業務に合わせたクラウドの選び方、オンプレミスからサービスまで徹底解説
 ひと口にクラウドサービスといっても、その内容はさまざまだ。SaaS、PaaS、IaaSなどのサービス区分があり、それぞれのサービスメニューも千差万別で、IaaSに限っても、仮想サーバだけでなくユーザーが占有できる物理サーバのサービスもあり、基幹系などのニーズに対応し...(2017/2/15 提供:日本電気株式会社)

製品資料
「研究を停滞させずに守る」 大学・研究機関に適した情報保護対策は?
 近年、大学・研究機関で情報漏えい事件・事故が多発している。その中には、マルウェアにより情報が漏えいしてから発覚までに半年以上かかったケースもある。それも外部からの通報で把握できたもので、通報がなければ被害がさらに拡大しかねなかった。 多数の情報資産を...(2017/2/8 提供:NECソリューションイノベータ株式会社)

事例
大学・研究機関の機密情報保護、研究効率を落とさず「画像・資料の複製」を禁止
 多くの大学は、発表前の研究情報や画像など外部に流出すると特許や著作権に関わる機密情報を保有している。その一方で、学外からのアクセスを制限しただけで、学内での複製や持ち出しは自由にできるというように情報保護対策が不十分な大学も珍しくない。 こうした問題...(2017/2/8 提供:NECソリューションイノベータ株式会社)

Loading