TechTargetジャパン

技術文書
最新技術を徹底解説、「Azure IaaS構築・運用・管理ガイド」2017年2月版
 「Microsoft Azure」は、Microsoftのパブリッククラウドサービスで、PaaSとIaaSの形態で提供されている。そのサービスは早いペースで進化しているため、Azureのメリットを最大限に得ようと考えるのであれば、最新の技術情報の入手は欠かせない。 そこで本コンテンツで...(2017/4/7 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
マルチベンダー環境のネットワークを統合、月額コストを25%削減したVPN活用法
 東京都を中心に神奈川県や千葉県で38店舗のスーパーマーケットを運営するオオゼキは、現在のシステムへの移行前、業務システムごとにネットワークを構築していたという。例えば、クレジットカードやポイントカード用の専用線によるネットワーク、POSデータや基幹系シス...(2017/7/11 提供:ソフトバンク株式会社)

製品資料
セキュリティと運用管理の「4つの課題」を解決
 クラウド型オフィススイートの普及やモバイルワークの拡大などに見られるように、ビジネスにおけるインターネット利用はさらに高度化し、規模も拡大している。その中では、Web通信の常時SSL化といったセキュリティのトレンドも生まれているが、ネットワーク管理者の課題...(2017/10/16 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
クラウドサービスを「中の人」が解説――今、注目すべき重要技術とは?
 ビジネスにおけるクラウドの重要性が高まる中、クラウドベンダーの競争も激しさを増している。この競争に勝ち抜くため、クラウドベンダーはどのような技術に力を注ぎ、差別化を図っているのだろうか。国内最大規模のバックボーンネットワークを保有するベンダーを例に...(2017/10/20 提供:株式会社インターネットイニシアティブ)

レポート
いまさら聞けない「統合脅威管理(UTM)」の基礎知識
 統合脅威管理(UTM)システムには多数のセキュリティ機能を搭載してあり、1台で幅広い脅威を防御できるのが特徴だ。とはいえ近年は、次世代ファイアウォール(NGFW)とUTMの機能的相違が曖昧になりつつあり、どちらも「ネットワークセキュリティのリスクを最小限に抑え...(2017/10/12 提供:シーティーシー・エスピー株式会社)

製品資料
帯域幅の急増にも対応、ネットワーク機能仮想化で構築する通信インフラ
 モバイルデバイスやIoTデバイス、新しいサービスの普及により、ネットワークの構築および運用の複雑さとコストは増大する一方だ。より多くの帯域幅へのニーズも高まっており、世界のIPトラフィックは今後5年間で3倍に増えると予測されている。 このIPトラフィックの急...(2017/10/2 提供:インテル株式会社)

製品資料
「安全で快適なアプリケーション利用」を実現するプラットフォームをどう選ぶ?
 ビジネスアプリケーションのクラウド利用が拡大するとともに、オンプレミスとクラウドの境界を意識させないビジネス基盤へのニーズが高まっている。安全かつ快適にアプリケーションを利用できるという理想像を目指すには、パフォーマンスや拡張性、柔軟性などさまざまな...(2017/10/16 提供:株式会社ネットワールド)

製品資料
帯域品目や回線タイプに縛られないVPNサービスのアクセス回線とは?
 AIやIoTなどの新技術の台頭に伴い、企業ネットワークに接続されるデバイスやクラウド上のリソースが多様化しており、ネットワーク環境はますます複雑化している。そこで、多様なデバイスやリソースと、シームレスかつセキュアに接続できるVPNサービスが求められている。(2017/6/14 提供:ソフトバンク株式会社)

技術文書
アプリケーションのクラウド移行で「守るべきルール」と「破るべきルール」
 エンタープライズアプリケーションをパブリッククラウドに移行するメリットとして、固定費の抑制を挙げる企業は多い。企業によっては、柔軟にシステム基盤を運用できることや、セキュリティを強化できることをメリットとして挙げるところもあるだろう。 しかし、現状の...(2017/10/16 提供:F5ネットワークスジャパン合同会社)

製品資料
「オンラインストレージ」入門:4つのビジネス効果を基礎から解説
 インターネット接続環境があれば、世界中のどこからでも、さまざまな端末を用いてファイルにアクセスできる「オンラインストレージ」。文書、写真、動画などのデータをオンラインストレージに保管しておけば、会社で作成した文書ファイルを移動中などに閲覧・編集できる...(2017/10/11 提供:株式会社ジャストシステム)

レポート
次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは?
 近年、多層型の防御戦略の一角を担い始めた「次世代ファイアウォール」(NGFW)。管理が容易であり、ストリーム単位でのスキャンにも対応するなど、多くのメリットを持つため、NGFWがセキュアWebゲートウェイやWebプロキシの代わりになると主張するベンダーも見られる。(2017/10/10 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
働き方改革に欠かせないクライアントPCのセキュリティ対策、その実現方法とは
 働き方改革によって、外出先で仕事をする機会が増えれば、その分セキュリティのリスクは高まる。万が一、端末が紛失や盗難に遭い、不正にログインされてしまえば情報漏えいは避けられない。セキュリティの高い特定の場所にデータを置くルールを定めていても、大事なデー...(2017/9/15 提供:横河レンタ・リース株式会社)

製品資料
保存だけでは死蔵する、膨大なセキュリティログを生かす「統合管理」を考える
 企業のサイバーセキュリティにおいて、不正侵入を防ぐ「外部対策」と、侵入を許した後の感染拡大を防ぐ「内部対策」は共に重要だ。顕在化しうるリスクを可視化し、監視とレポートを可能にするために、ログの活用は不可欠である。これまで単なる「記録」「保険」にすぎな...(2017/9/29 提供:株式会社網屋)

技術文書
取引相手の特権ID管理に疑問を感じたら? 自社を守る「アクセス制御の5箇条」
 テクノロジーの進化によりビジネスモデルが変化した現代においては、ベンダーや契約業者などサードパーティーと連携してビジネスを展開するのが当たり前となっている。当然、共にビジネスを進めるサードパーティーの関係者に対して、社内ネットワークやシステムへのアク...(2017/9/27 提供:CA Technologies)

市場調査
クラウドインフラに関するアンケート(2017年6月)
TechTargetジャパンとキーマンズネットは、会員を対象に「クラウドインフラに関するアンケート調査」を実施した。調査結果から、ツールの利用状況や検討状況が明らかになった。目的:TechTargetジャパン会員とキーマンズネット会員で、IT製品・サービスの導入に関与する方...(2017/9/19 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

製品資料
働き方改革時代突入、今求められるクライアント環境構築の新しい手段とは?
 これまで、業務用に用いるクライアントPCなどのデバイスの配備はそこまで複雑なものではなかった。しかし、働き方改革に伴い、外出先でも円滑に業務ができるような端末を用意することが求められ、さらにスマートフォンやタブレットなどPC以外のデバイスまで業務に活用さ...(2017/9/15 提供:横河レンタ・リース株式会社)

レポート
「第6回IoT/M2M展」「第8回クラウドコンピューティングEXPO 春」展示会レポート
IoT/M2Mシステムを構築するための無線通信技術やセンサーなど、さまざまなアプリケーションや、クラウドコンピューティングに関する製品、サービスが一堂に集まる展示会。本レポートでは、注目の各ブースで聞いた話を、豊富な写真とともにまとめている。展示会に参加でき...(2017/9/12 提供:株式会社アペルザ)

製品資料
環境やアプリケーションを選ばない、真にオープンなクラウドサービスは?
 企業のクラウド移行が加速する中、PaaS、IaaSの重要性は一層増している。その特徴は多岐にわたるが、中でも重要なのは柔軟性だ。クラウドベンダーの製品・サービスだけでなく、他社製品・他社環境を含めて柔軟に連携できるサービスが求められている。 アプリケーション...(2017/9/8 提供:日本オラクル株式会社)

技術文書
クラウドの3つの実装モデルはどう選ぶ? 最適なワークロード配置の見極め方
 クラウドの導入に際して、多くの企業が運用効率やTCO、パフォーマンスなどを慎重に検討する。その一方で、プライベート、パブリック、ハイブリッドの3種類の実装モデルと、配置するワークロードの特性の親和性については、十分な検討がなされていないのが現状だ。 だが...(2017/9/8 提供:インテル株式会社)

技術文書
企業へのIoT導入を実現させるIoTゲートウェイ
産業界ではIoT実現に向けた動きが加速し、接続対象がネットワーク機器から通信機能を備えていない機器へと広がりを見せています。「MMLink-GW」は、産業設備などで多く用いられているRS-485インタフェースをサポート。IP通信機能を備えていない産業設備も容易にネットワー...(2017/9/1 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
VDI導入/運用のTCOを大幅削減、拡張性に優れた次世代型「VDI2.0」の実力は?
 VDI(仮想デスクトップインフラ)は、自社センター内にデスクトップ環境を構築し、その環境を画面転送の仕組みを通じて利用することで、情報漏えい対策などセキュリティ強化やいつでもどこでもPC環境を利用することができるが、従来のVDIでは、複雑な構成による運用負荷...(2017/8/3 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
接続先を選ばない「次世代ビデオ会議システム」を安価に活用する方法
 今、ビデオ会議への期待が高まっている。テレビ会議専用端末を設置した会議室で行うという考えは過去のものとなりつつある。PCやスマートフォン、タブレット、電話など幅広いデバイスを通じて、オフィス内や外出先、自宅、取引先などと“会議室”の枠を超えたビデオ会議...(2017/8/24 提供:ソフトバンク株式会社)

製品資料
顧客との急な打ち合わせにも対応できる「自由なビデオ会議サービス」の可能性
 取引先の担当者や、自宅や外出先でテレワークを行うスタッフとのコミュニケーションには欠かせないビデオ会議サービス。しかし、従来のサービスはIDの登録や運用管理が必要であることや、接続先が自社の特定拠点に限定されることなど、不便な面もあった。 そこで、こう...(2017/8/24 提供:ソフトバンク株式会社)

製品資料
クラウド基盤は何を基準に選ぶ?──IaaS・PaaS選びの「5つの要件」
 IoT、デジタルビジネス、ビッグデータ分析など、ビジネスにおけるIT活用が必須となる中で、オンプレミス環境のコストと運用管理、拡張性が問題視されるようになった。そのため、サーバやストレージ、ネットワークのリソースを月額や時間課金で利用できるIaaS(Infrastru...(2017/8/14 提供:日本電気株式会社)

製品資料
ハイブリッドWANからクラウド接続の自動化まで、次世代SDNで実現可能なことは?
 目まぐるしく変化していくビジネスの世界では、これまで以上にスピードと柔軟性が必要とされている。しかし、多店舗展開やグローバル展開を行っていくと、複数のインフラを組み合わせたハイブリッドネットワークが必要になり、ビジネスを支えるITインフラは、肥大化、複...(2017/8/23 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

製品資料
保守コスト削減からレガシー機器の延命まで――EOSL保守サービス選びのポイント
 サーバやストレージ、ネットワーク機器などのメーカーサポートは、一般的に約5年程度で終了するといわれている。しかし、リプレース費用などの問題から、このように「EOSL」(End Of Service Life)を迎えた製品を使い続けたいと考える企業は多い。 そこで、選ばれてい...(2017/8/4 提供:アプライドテクノロジー株式会社)

レポート
中堅・中小企業が選ぶべきERPは? 4つの課題から導く最適解
 これまで大企業向けというイメージの強かったERPだが、そのハードルは大きく下がり、近年は中堅・中小企業での導入も進んでいる。そのサービスは多様化し、さまざまな形態で提供されているが、それらはコスト、スピード、セキュリティ、グローバル展開の4つの面から評価...(2017/8/21 提供:株式会社日立システムズ)

レポート
「無線LANアクセスポイント」の法人モデルは家庭用と何が違うのか?
 今やすっかり一般的な通信方式となった無線LAN(Wi-Fi)。SOHOや中小企業で無線LANを導入する場合、オフィス内をフリーアドレス制にするといったケースや、商談ルームやラウンジなど来客用に限定して無線LANを開放するといったケースなど、その目的はさまざまだろう。そ...(2017/8/31 提供:KDDI株式会社)

技術文書
クラウド環境で達成可能なアプリケーション性能は? 応答の遅延を防ぐ基本戦略
 クラウドを利用することで、アクセスの自由度が高く、セキュアで柔軟な拡張に対応したインフラを実現できる。しかし、アプリケーションのパフォーマンスに関しては、オンプレミス環境と比較して応答時間が遅いことなどが課題となる。 そのため、クラウドの利便性を生か...(2017/8/23 提供:リバーベッドテクノロジー株式会社)

事例
8社の事例で解説、ERP導入による課題解決と経営メリット
 ERPでは、企業における製造・物流・販売・調達・人事・財務会計などに関する業務活動の情報管理を支援する。これによって、業務の「見える化」を実現し、効率化や業務プロセスの改善、意思決定の迅速化を実現している。しかし、実際の導入では、既存システムを置き換え...(2017/8/21 提供:株式会社日立システムズ)

Loading