TechTargetジャパン

技術文書
最新技術を徹底解説、「Azure IaaS構築・運用・管理ガイド」2017年2月版
 「Microsoft Azure」は、Microsoftのパブリッククラウドサービスで、PaaSとIaaSの形態で提供されている。そのサービスは早いペースで進化しているため、Azureのメリットを最大限に得ようと考えるのであれば、最新の技術情報の入手は欠かせない。 そこで本コンテンツで...(2017/4/7 提供:日本マイクロソフト株式会社)

事例
マルチベンダー環境のネットワークを統合、月額コストを25%削減したVPN活用法
 東京都を中心に神奈川県や千葉県で38店舗のスーパーマーケットを運営するオオゼキは、現在のシステムへの移行前、業務システムごとにネットワークを構築していたという。例えば、クレジットカードやポイントカード用の専用線によるネットワーク、POSデータや基幹系シス...(2017/7/11 提供:ソフトバンク株式会社)

製品資料
帯域品目や回線タイプに縛られないVPNサービスのアクセス回線とは?
 AIやIoTなどの新技術の台頭に伴い、企業ネットワークに接続されるデバイスやクラウド上のリソースが多様化しており、ネットワーク環境はますます複雑化している。そこで、多様なデバイスやリソースと、シームレスかつセキュアに接続できるVPNサービスが求められている。(2017/6/14 提供:ソフトバンク株式会社)

製品資料
VDI導入/運用のTCOを大幅削減、拡張性に優れた次世代型「VDI2.0」の実力は?
 VDI(仮想デスクトップインフラ)は、自社センター内にデスクトップ環境を構築し、その環境を画面転送の仕組みを通じて利用することで、情報漏えい対策などセキュリティ強化やいつでもどこでもPC環境を利用することができるが、従来のVDIでは、複雑な構成による運用負荷...(2017/8/3 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
クラウド基盤は何を基準に選ぶ?──IaaS・PaaS選びの「5つの要件」
 IoT、デジタルビジネス、ビッグデータ分析など、ビジネスにおけるIT活用が必須となる中で、オンプレミス環境のコストと運用管理、拡張性が問題視されるようになった。そのため、サーバやストレージ、ネットワークのリソースを月額や時間課金で利用できるIaaS(Infrastru...(2017/8/14 提供:日本電気株式会社)

製品資料
保守コスト削減からレガシー機器の延命まで――EOSL保守サービス選びのポイント
 サーバやストレージ、ネットワーク機器などのメーカーサポートは、一般的に約5年程度で終了するといわれている。しかし、リプレース費用などの問題から、このように「EOSL」(End Of Service Life)を迎えた製品を使い続けたいと考える企業は多い。 そこで、選ばれてい...(2017/8/4 提供:アプライドテクノロジー株式会社)

レポート
次世代ファイアウォールを補完、Webプロキシで実現する最高度の多層防御とは?
 近年、多層型の防御戦略の一角を担い始めた「次世代ファイアウォール」(NGFW)。管理が容易であり、ストリーム単位でのスキャンにも対応するなど、多くのメリットを持つため、NGFWがセキュアWebゲートウェイやWebプロキシの代わりになると主張するベンダーも見られる。(2017/8/14 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
EOSL後の延命保守、大型ストレージの場合の注意点と対策
 大型ストレージを保有する企業にとって、正規メーカーの保守期間終了、いわゆるEOSL(End of Service Life)が大きな負担になっている。新規システムへ移行するまでのつなぎや、コスト削減のためのシステム延命という意味でも、どうしても延命保守サービスが必要になる...(2017/8/7 提供:株式会社エスエーティ)

プレミアムコンテンツ
WannaCryが明らかにした、生産システムセキュリティ「2つの問題点」と「2つの対応策」
 2017年5月に発生して約150カ国に広がり、国内でも複数の企業で感染が確認されたランサムウェア「WannaCry」については、テレビや新聞といったマスメディアで度々報じられたこともあり、ご存じの方も多いことでしょう。とはいえ、モノ作りの現場からは縁遠い話だと感じて...(2017/8/3 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Webプロキシが次世代ファイアウォールより有効な理由〜Web脅威対策の基本
 現在、企業を対象にしたサイバー攻撃はますます増加しているが、今日の脅威の多くはWebを介して侵入している。こうした攻撃への対策では、Webを経由するトラフィックを遮断することが有効であるが、次世代ファイアウォール(以下、次世代FW)といえども全面的にWeb経由...(2017/8/2 提供:株式会社シマンテック)

技術文書
Computer Weekly日本語版 8月2日号:2つのオープンソースハードウェアプロジェクト
 Computer Weekly日本語版 8月2日号は、以下の記事で構成されています。■オープンソースハードウェア技術「Open19」と「OCP」の微妙な関係■十分に進化した生体認証は“手に埋め込んだチップ”すら不要になる■未来のボルボ車はAndroid OSが基本機能を制御■Hadoopの父...(2017/8/2 提供:アイティメディア株式会社)

Webキャスト
Watsonでモバイル管理はどう変わる? IBMが実践するワークプレース改革事例
 日本IBMは、2008年のBlackBerry導入からモバイルワーク環境の構築を開始し、現在では6000台以上のiOSデバイスを従業員に貸与している。これに加えて、従業員の私物端末を業務で活用するBYODも導入しているため、社内で管理すべきデバイスの数は1万を超えるという。 こ...(2017/7/12 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
LTE回線での二重化にも対応できる、ゼロコンフィグ対応のVPNルーターとは?
 ネットワークの構築や更新を考慮しているSIや情報システム管理者にとっては、どのようなルーターを選択するかが重要になる。ポイントになるのは、Office 365などインターネット通信の負荷軽減を考慮しているのか、無線LANを使用した店舗など向けのシステム構築を考えて...(2017/4/21 提供:センチュリー・システムズ株式会社)

製品資料
1日で構築できる次世代型VDI、TCOと実用性はどこまで変わる?
 セキュリティ対策や生産性向上を目的にシンクライアントを導入する企業が増えている。その中でも注目されているのが、VDI(仮想デスクトップインフラ)だが、VDIの導入・運用には高いコストがかかるため、導入に踏み切れない企業も多い。 そんな中、従来のVDIの課題を...(2017/7/28 提供:日商エレクトロニクス株式会社)

製品資料
VPNが不要になる? 次世代セキュリティツールが変えるモバイル戦略
 モバイルデバイスが不可欠なビジネスツールとして活用される一方で、その管理や安全性の確保にはいまだ課題が残る。スケジュールに迫られて、あるいは効率を考えて、従業員が社外秘のデータをモバイルデバイスで持ち出してしまうといった事態が、実際に多くの企業で起こ...(2017/4/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
テレワークやBYODを低コストかつ安全に実現するシンクライアント活用術
 情報漏えい対策や災害対策だけでなく、テレワークやBYODの対応手段としても導入が進むシンクライアント。中でも注目されているのが、USB型シンクライアントだ。専用のUSBを挿入すれば、さまざまな端末をシンクライアント化して場所を選ばずに利用できる。 このUSB型シ...(2017/7/26 提供:日本ナレッジ株式会社)

事例
「過酷な環境でも止まらない」、IoT機器のセキュリティと耐久性を両立する秘訣
 IoTは新たな製品やサービスにつながる可能性を持つが、活用する上でこれまでにない課題に直面することも多い。大崎電気工業は農家向けにビニールハウスの遠隔監視と機器の制御を行うシステムを開発したものの、ビニールハウス内の過酷な環境ではルーターが持たなかった...(2017/6/8 提供:フリービット株式会社)

技術文書
基礎解説:なぜ「ハイパーコンバージドインフラ」が必要なのか?
 デジタルトランスフォーメーションに対応するべく、多くの企業がIT基盤の革新に取り組んでいる。従来は、急激な成長や変化を求めるビジネスに対してITが追従できず、ギャップが生まれていた。このため柔軟性や拡張性に優れたクラウドの利用が拡大してきたように、オンプ...(2017/7/21 提供:ネットワンシステムズ株式会社)

レポート
会議の削減/時間短縮に関するアンケート(2017年4月)
 TechTargetジャパンとキーマンズネットは、会員を対象に「会議の削減/時間短縮に関するアンケート調査」を実施した。調査結果から、ツールの利用状況や検討状況が明らかになった。目的:TechTargetジャパン会員とキーマンズネット会員で、IT製品・サービスの導入に関与...(2017/7/3 提供:TechTargetジャパン 広告企画)

事例
認証システムのクラウド移行、桜美林学園が可用性とコスト性能を向上できた理由
 桜美林学園では、メールをキーに、履修登録や課題提出、図書館サービス、就職情報サービスなど、学園内の各種サービスの認証を行っている。これらのサービスは、複数の認証サーバで運用されており、認証サーバ間の整合性は統合認証システムが管理しているが、その運用に...(2017/5/31 提供:さくらインターネット株式会社)

製品資料
海外で構築する「SD-WAN」――どうすれば国際閉域網のコスト効率は高まるのか?
 WAN回線サービスを仮想化する「SD-WAN」(Software Defined WAN)の登場により、仮想閉域網をユーザー組織自身で構築・運用できるようになった。そのメリットは、専用線やIP-VPN、ブロードバンド回線、4G回線、無線LANなどを活用した、ハイブリッドなネットワーク環境だ...(2017/4/28 提供:シンガポールテレコム・ジャパン株式会社)

製品資料
業務アプリがなんだか遅い――ログでは不明な遅延の原因を迅速に特定するには?
 業務アプリケーションのレスポンスが悪くなると、ユーザーの不満を招くだけでなく、作業効率も大きく低下する。しかし、通信断がログによって証明できるのとは異なり、通信遅延の理由はログに出力されないため、ネットワーク管理部門とサーバ管理部門のどちらが取り組む...(2017/6/23 提供:ソーラーウインズ・ジャパン株式会社)

製品資料
Salesforceからの帳票出力を効率化、クラウド帳票サービスで解決できる課題とは
 伝票や請求書、給与明細などの「帳票」の運用では、複雑なレイアウトの作成や印刷時のズレなど、さまざまな課題がある。営業支援・CRMツール「Salesforce」からの出力でも、帳票へのデータコピーやカスタマイズなどで苦労しているユーザーも多いだろう。 本コンテンツ...(2017/6/22 提供:ウイングアーク1st株式会社)

製品資料
FTPの数十倍の速度。激増するデータの高速転送に最適なプロトコル「fasp」とは
 TCPベースのFTPやHTTPは、今までIPネットワーク上でデータ転送の大きな役割を担ってきた。しかし、クラウドの普及や業務のグローバル化、データの爆発的な増加、IPネットワークの拡大と多様化に伴い、メディア産業などでニーズの先行する「大容量データの確実で安全な高...(2017/6/28 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

事例
東京女子大学は「スチールドア付き学生寮で快適無線LAN」をどう実現したのか
 大学の学生や教員が、eラーニングや図書館データベースなどの学内システムを快適に利用できるようにするには、安定かつ高速に利用できるネットワーク環境が不可欠となる。特に重要性が高まっているのが、ケーブルを接続することなく学内LANへアクセスできる無線LANだ。(2017/6/26 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

技術文書
コンバージドインフラ製品導入戦略ガイド
 ハイパーコンバージドプラットフォームは、デジタル製品の開発を加速しながら、拡張やプロビジョニング、管理業務を合理化できる。この技術を利用することでスキルの数や関連コストを削減できる一方で、スタックの全パーツを管理する方法を確実に把握しておくことが求め...(2017/6/23 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
金融業界に見るセキュリティ対策、今すぐ取り組むべき緊急課題とは?
 金融機関は、サイバー犯罪者から主要な標的として狙われ続けている。もちろん金融業界の多くの機関がセキュリティに積極的に投資しているが、新たな脅威が登場するたび対症療法的に製品を導入したことでセキュリティ体制が複雑化し、管理・運用の足かせとなっているケー...(2017/6/15 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

技術文書
ネットワーク仮想化のパフォーマンス問題を理解、強化のポイントは?
 通信サービスプロバイダー(CSP)の間では、新サービスの迅速な投入とネットワーク運用コスト削減の両面の視点から、ネットワーク仮想化(NFV)に注目が集まっている。NFVはファイアウォールなどのネットワーク機能を専用ネットワーク機器から標準的なx86サーバ上で動作...(2017/6/9 提供:インテル株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 6月7日号:Bluetooth 5仕様の真意とは?
 Computer Weekly日本語版 6月7日号は、以下の記事で構成されています。■オープンソースの多くで脆弱性を検出、さらに新たな問題が発覚■分散ファイルシステム「GlusterFS」の高速化と自己修復機能強化■パロアルト研究所CEOに聞く、注目技術とイノベーションチームの...(2017/6/7 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
基礎解説:Webプロキシにまつわる誤解、なぜWeb脅威防御のために不可欠なのか?
 サイバー攻撃の格好の標的となっている企業のWebサイト。多くの企業ではWebセキュリティに対するアプローチを見直すことでこの問題に対応しているが、現在のWebセキュリティテクノロジー、特にセキュアWebゲートウェイ(Webプロキシソリューション)については、誤解さ...(2017/6/5 提供:株式会社シマンテック)

Loading