TechTargetジャパン

技術文書
最新技術を徹底解説、「Azure IaaS構築・運用・管理ガイド」2017年2月版
 「Microsoft Azure」は、Microsoftのパブリッククラウドサービスで、PaaSとIaaSの形態で提供されている。そのサービスは早いペースで進化しているため、Azureのメリットを最大限に得ようと考えるのであれば、最新の技術情報の入手は欠かせない。 そこで本コンテンツで...(2017/4/7 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
LTE回線での二重化にも対応できる、ゼロコンフィグ対応のVPNルーターとは?
 ネットワークの構築や更新を考慮しているSIや情報システム管理者にとっては、どのようなルーターを選択するかが重要になる。ポイントになるのは、Office 365などインターネット通信の負荷軽減を考慮しているのか、無線LANを使用した店舗など向けのシステム構築を考えて...(2017/4/21 提供:センチュリー・システムズ株式会社)

製品資料
VPNが不要になる? 次世代セキュリティツールが変えるモバイル戦略
 モバイルデバイスが不可欠なビジネスツールとして活用される一方で、その管理や安全性の確保にはいまだ課題が残る。スケジュールに迫られて、あるいは効率を考えて、従業員が社外秘のデータをモバイルデバイスで持ち出してしまうといった事態が、実際に多くの企業で起こ...(2017/4/6 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
パブリッククラウドのセキュリティは大丈夫? そんな不安を解消するには
 クラウドやモバイル端末の業務活用が進んだことで、企業の生産性は大きく向上した。その一方で、管理すべきプラットフォームの拡大は、アプリケーションの可用性やパフォーマンス、セキュリティを維持する管理者にとって困難な状況を生んでいる。 その一例が、Webアプ...(2017/4/27 提供:F5ネットワークスジャパン合同会社)

製品資料
海外で構築する「SD-WAN」――どうすれば国際閉域網のコスト効率は高まるのか?
 WAN回線サービスを仮想化する「SD-WAN」(Software Defined WAN)の登場により、仮想閉域網をユーザー組織自身で構築・運用できるようになった。そのメリットは、専用線やIP-VPN、ブロードバンド回線、4G回線、無線LANなどを活用した、ハイブリッドなネットワーク環境だ...(2017/4/28 提供:シンガポールテレコム・ジャパン株式会社)

レポート
なぜ、モバイル活用にEMMが必要不可欠なのか? 失敗しない導入ステップ解説
 EMM(エンタープライズモバイル管理)は、モバイルデバイスの業務利用をセキュアに実現するための統合ツールだ。その導入目的は、従業員が業務のためにデバイスを利用しても、自然に企業の運用ポリシーが守られ、セキュリティが保たれる運用環境を作ることにある。 従...(2017/5/19 提供:ヴイエムウェア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月19日号:RAID vs. イレージャーコーディング
 Computer Weekly日本語版 4月19日号は、以下の記事で構成されています。■Google Playで配信されているVPNアプリの84%でデータ漏えい? その恐るべき理由■「ホワイトボックスサーバの台頭で大手メーカーが苦戦」は本当か?■全土のMinecraft用マップを公開し、都市...(2017/4/19 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
モバイルワークに最適なVPN環境を実現――業務効率を向上させる5つの機能
 モバイル端末の業務利用が当たり前となり、多くのモバイルワーカーを抱える企業や、施設内で多数のモバイル端末を運用する企業も珍しくなくなった。しかし、企業のモバイルワーク環境は、依然としてセキュリティや通信速度/品質に課題を抱えている。 例えば、Wi-FiやL...(2017/1/23 提供:丸紅情報システムズ株式会社)

技術文書
ワークスタイル多様化に向けたセキュリティ対策――リスク管理の5つの鉄則
 近年はワークスタイルの多様化に向けて、場所やデバイス、使われるネットワークを問わずに業務ができる環境へのニーズが高まっている。しかし、使いやすさと生産性を保ちながらビジネスリスクを最小化することは難しく、多くのセキュリティ担当者がID管理やアクセス制御...(2017/5/12 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

製品資料
仮想化/クラウド環境のコスト削減――運用自動化に向けたネットワーク仮想化
 仮想化やクラウドの技術により、サーバ/リソースのデプロイはオンデマンドで容易に実行できるようになった。しかし、システム全体の効率化やコスト削減を進める上では、もう1つ解消しなければならない課題がある。それは、従来型ネットワークが抱える「設定や運用の複...(2017/2/16 提供:SCSK株式会社)

事例
請求業務時間を2日間から数時間に短縮。IBM i環境の帳票オープン化の効果
 帳票にまつわる課題は企業によって多種多様だ。なかにはメインフレーム系システム基盤を用いているため、帳票出力業務に多くの労力と時間がかかり、専用プリンタや専用用紙の管理コストが負担となっているケースもある。 例えば、「IBM i(AS/400)」などは、長年にわ...(2017/5/24 提供:インフォテック株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月24日号:ブロックチェーンの意外な活用法
 Computer Weekly日本語版 5月24日号は、以下の記事で構成されています。■AWSの独走は終わる? GoogleとAzureがAWS以上の評価を獲得■コードを書き換えずにメインフレームアプリを移行する“リホスト”のススメ■「特別なソフトウェアは要らない」──GAME Digitalの...(2017/5/24 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
“働き方を制約しない”モバイルセキュリティ対策、アクセス制御の5つの心得
 BYOD(私物端末の業務利用)やワークスタイルの多様化が進んだ現在の業務環境では、従来のセキュリティ手法で情報を守ることがますます困難になっている。そこで、場所やデバイス、ネットワークを選ばず、アプリケーションとデータを利用できる新たなアクセス制御のアプ...(2017/5/12 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 5月10日号:システム導入を阻む反対派への対処法
 Computer Weekly日本語版 5月10日号は、以下の記事で構成されています。■Red Hatいわく「ライセンスだけでは本物のオープンソースとはいえない」■破産した英HMVが断行したITコスト削減■クラウド移行を加速するオーストラリアのME銀行■ブルームバーグのデータサイエ...(2017/5/10 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
SIMカード1枚で対策が完了、モバイルワーク/IoT向け多機能セキュリティツール
 2015年末に経済産業省が「サイバーセキュリティ経営ガイドライン」を策定するなど、情報セキュリティはIT部門にとどまらず、経営課題として取り組むものへとシフトしている。こうしたセキュリティ意識の高まりの一方で、見過ごされがちなのが外出先でのセキュリティ対策...(2017/5/8 提供:フリービット株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月19日号:RAID vs. イレージャーコーディング(Kindle版)
 Computer Weekly日本語版 4月19日号は、以下の記事で構成されています。■Google Playで配信されているVPNアプリの84%でデータ漏えい? その恐るべき理由■「ホワイトボックスサーバの台頭で大手メーカーが苦戦」は本当か?■全土のMinecraft用マップを公開し、都市...(2017/4/19 提供:アイティメディア株式会社)

技術文書
Computer Weekly日本語版 4月19日号:RAID vs. イレージャーコーディング(EPUB版)
 Computer Weekly日本語版 4月19日号は、以下の記事で構成されています。■Google Playで配信されているVPNアプリの84%でデータ漏えい? その恐るべき理由■「ホワイトボックスサーバの台頭で大手メーカーが苦戦」は本当か?■全土のMinecraft用マップを公開し、都市...(2017/4/19 提供:アイティメディア株式会社)

事例
東急建設のインフラ刷新、SDDC移行で変わったセキュリティとインフラ運用の負荷
 建設需要が一段落するポストオリンピックを見据えて、東急建設はICTの積極活用による新たな価値創造と業務プロセスの革新を目指している。その土台となるITインフラには早期からサーバ仮想化・統合ストレージ環境を利用してきたが、想定以上にシステム数が増え、負荷が...(2017/3/21 提供:ヴイエムウェア株式会社)

製品資料
「Oracle Cloud」基礎解説:IaaS移行に向けて知っておきたい8つの機能
 多くの企業が「競争力の維持にはインフラの見直しが必要」と気付いており、IaaSへの移行に関心を示している。全世界でのIaaSへの投資額は、2015年の約150億ドルから、2020年には560億ドルまで急増する見込みだ。 このようにIaaSの利用が拡大する一方で、大企業の利用は...(2017/4/17 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
マルチクラウドのスペシャリスト集団が、クラウド環境を最適にカスタマイズ
 パブリッククラウドを利用しても、その運用や監視などに手間やコストが掛かっていては、せっかくのクラウド化のメリットが軽減されてしまう。そこで、クラウドのメリットを享受しつつ、開発やサービス提供に専念できるように、マネージドサービスを利用する企業が増えて...(2017/4/28 提供:株式会社ISAO)

技術文書
コンバージドインフラ製品導入戦略ガイド
 ハイパーコンバージドプラットフォームは、デジタル製品の開発を加速しながら、拡張やプロビジョニング、管理業務を合理化できる。この技術を利用することでスキルの数や関連コストを削減できる一方で、スタックの全パーツを管理する方法を確実に把握しておくことが求め...(2017/4/26 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
Gmailが赤い鍵マークで警告――電子メールの暗号化が欠かせない理由
 Googleが提供するメールサービス「Gmail」で、時折表示される赤い鍵のアイコン。その意味か分からないというユーザーは少なくないが、果たしてこのアイコンが表示されたままメールをやりとりし続けてもよいのだろうか。 実は、Gmailではこの警告アイコンによって、メー...(2017/4/10 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
環境やアプリケーションを選ばない、真にオープンなクラウドサービスは?
 企業のクラウド移行が加速する中、PaaS、IaaSの重要性は一層増している。その特徴は多岐にわたるが、中でも重要なのは柔軟性だ。クラウドベンダーの製品・サービスだけでなく、他社製品・他社環境を含めて柔軟に連携できるサービスが求められている。 アプリケーション...(2017/4/3 提供:日本オラクル株式会社)

製品資料
トレードオフではない、コストとパフォーマンスを両立する次世代型VDIとは?
 ワークスタイルの多様化やセキュリティ強化、ITコスト削減、BCP(事業継続計画)対策などの目的で導入が進むVDI(仮想デスクトップインフラ)。導入時や運用中に課題が表面化するケースが少なからず見られるが、その原因とはどのようなものだろうか。 VDIの導入では...(2017/3/7 提供:株式会社 信興テクノミスト)

製品資料
VPNで「拠点間接続」「リモート接続」、利用シーンや導入のメリット
 スマートフォンやタブレットをはじめとするモバイル端末の普及や、ワークスタイルの多様化などにより、拠点間でファイルやネットワーク機器、アプリケーションを共有したり、自宅や外出先から社内と同じ環境で仕事をしたりする環境が求められている。 そこで注目される...(2016/7/1 提供:ニフティ株式会社)

技術文書
ネットワーク機能仮想化製品導入戦略ガイド
 固定されたネットワークアーキテクチャでは、現代のネットワークニーズに適した柔軟性は実現できない。そこでネットワーク機能仮想化(NFV)の人気が上昇している。本稿ではOpenStack Neutronの進展と、NFVによるネットワークの柔軟性増大、通信事業者によるWAN機能のコ...(2017/3/29 提供:アイティメディア株式会社)

製品資料
セキュリティ対策は「組み込み型」へ──ポイント対策が限界を迎えたわけ
 ほぼ20年間にわたり、ファイアウォールは企業のセキュリティ戦略の中心に据えられてきた。アプライアンスが登場するとすぐに、サービスプロバイダーが次々とファイアウォールの管理サービスの提供を始めた。そして、新たな攻撃に対応するために、電子メールゲートウェイ...(2017/3/7 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

講演資料
新しい認証の世界が広がる、追加コスト要らずのWindows 10とVPN
 システムを利用しているのが誰なのか、認証技術はセキュリティの基礎ともいえる。なりすましを防止しなくてはならない一方、ユーザーの利便性を損なわないことも重要であり、そのバランスは難しい。しかしIDとパスワードの組み合わせは、安全性向上のため長く複雑になり...(2016/12/2 提供:日本マイクロソフト株式会社)

製品資料
障害復旧時間を約60%に短縮、AWSにも対応した自動監視運用サービス
 ビジネスクリティカルなシステムが増加した近年、障害などによるダウンタイムは業績に大きな損失を与えかねない課題だ。システムを常時監視し、障害にはスピーディに対応できる体制を整備することが理想だが、専任のエンジニアの不在や予算不足のために十分な監視体制を...(2017/3/30 提供:株式会社イーツ)

事例
「AWS×データ分析」構築事例3選──データ変換/統合を楽にするツール導入法
 Amazon Web Services(AWS)では、ソリューションアーキテクチャを理解することで、可用性や安全性が高く、業務負荷に合わせてインフラリソースを増減できるITシステムを簡単に構築できるようになる。しかし、そのコストまで含めてシステムを最適化するためには、さまざ...(2017/3/14 提供:Talend株式会社)

Loading