TechTargetジャパン

レポート
ゼロデイ脆弱性トップ5──危険にさらされた期間とパッチ適用までの日数は?
 本書は、毎年発行されている脅威レポートの最新版『シマンテックウェブサイトセキュリティ脅威レポート 2015』だ。2014年に収集、分析されたサイバー攻撃、サイバー犯罪のデータに基づき、標的型攻撃、情報漏えいに関する最新動向を示している。特に以下の項目はランキ...(2016/3/22 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
セキュリティ徹底分析:サイバー犯罪者がこれから狙ってくるものは?
 今やサイバー犯罪は一大ビジネスに成長している。サイバー攻撃に必要なソフトウェアをサービスとして提供する「Malware as a Service」まで登場し、サイバー犯罪組織がソフトウェアとサービスを提供するベンダーのような役割まで果たし始めている。 また、サイバー攻撃...(2017/3/1 提供:シンガポールテレコム・ジャパン株式会社)

製品資料
クラウドメールの標準セキュリティで標的型攻撃やゼロデイ攻撃は防げるのか?
 メールは依然として、サイバー犯罪者に最も使用される攻撃手段だ。進化し続ける標的型攻撃とゼロデイ攻撃は、検出と阻止が困難になってきており、標準のシグネチャベースのマルウェア対策ツールはほとんど効果がない。また添付ファイルだけでなく、メールの中に悪質なUR...(2016/9/14 提供:株式会社シマンテック)

レポート
米大統領選挙の裏で実行された攻撃 サイバー犯罪の標的はIoT、モバイルへ
 本コンテンツは、シマンテックが毎年発行している『インターネットセキュリティ脅威レポート(ISTR)』の最新版(2017年4月発行)である。157を超える国や地域で脅威活動を監視し、取得した9兆件を超えるセキュリティデータを徹底分析し、アナリストが以下のような調査...(2017/6/19 提供:株式会社シマンテック)

レポート
5億5200万件の個人情報が流出──2014年版「Webサイトセキュリティ脅威レポート」
 このホワイトペーパーは、シマンテックが毎年発行している『Webサイトセキュリティ脅威レポート』の2014年版である。「2013年のセキュリティタイムライン」「数字で見る2013年」といった独自の視点のレポートをはじめ、2013年のWebサイトセキュリティ脅威に関する以下の...(2016/9/20 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
Webサイトの75%で脆弱性を検出、企業がすぐに着手すべきセキュリティ対策は?
 近年、大規模なサイバー攻撃では、Webサイトの脆弱性を足掛かりにして、企業ネットワークへの侵入などを図るケースが多く見られる。このような攻撃の大部分は、インフラのメンテナンスで防げるはずだが、現実には定期的な作業を怠っている企業が多く、重要データの漏え...(2017/4/17 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

レポート
Heartbleed脆弱性は発覚から4時間で悪用された?──2015年版最新脅威レポート
 インターネット上の脅威は変化を続けている。2014年は「攻撃が高速化する一方、防御が追い付いていない」傾向が見られた。例えば、Heartbleed脆弱性が明らかになってから、4時間以内に脆弱性を悪用する多数の攻撃が確認されている。また、「攻撃方法が効率化・高度化し...(2015/7/23 提供:株式会社シマンテック)

レポート
1回のデータ侵害で平均218万件が流出──2014年版インターネットセキュリティ脅威レポート
 2013年のデータ侵害の総件数は253件、流出した個人情報の総件数は5億5200万件、1回のデータ侵害で流出した個人情報の平均件数は約218万件で前年比261%増──シマンテックが毎年発行している「インターネットセキュリティ脅威レポート」の2014年版によるものだ。標的型...(2014/11/28 提供:株式会社シマンテック)

レポート
個人情報流出件数が多い業界ランキング、セキュリティ脅威の傾向と対策
 サイバー犯罪の手口の巧妙化が進む中、情報セキュリティ技術とのイタチごっこが続いている。個人を狙ったフィッシングから、組織を狙って巧妙に仕掛けられる標的型攻撃、さらにはIoTデバイスへの攻撃まで、攻撃者は価値のある情報や金銭を得られそうな対象であれば何で...(2016/12/19 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

Webキャスト
標的型メール攻撃対策:未知の脅威に対処するための3つのポイント
 多様化するメール攻撃に対抗するには、複数のセキュリティ技術を組み合わせる必要がある。スパムメールには「アンチスパム」、ウイルスを添付したり、不正URLへ誘導したりするウイルスメールには「アンチウイルス」、ゼロデイ攻撃やマルウェアなど未知の攻撃には「サン...(2017/2/24 提供:フォーティネットジャパン株式会社)

製品資料
エンドポイントセキュリティを徹底解説、多層防御に採用すべき技術は?
 近年は多数のベンダーや新興企業から、マルウェア感染の阻止に向けたエンドポイントセキュリティ製品が次々と登場している。しかし、年間で数億にも及ぶマルウェアの亜種が発見される状況では、多くの製品に見られるような限定的な保護機能では十分な対策とはならない。(2017/5/11 提供:株式会社シマンテック)

製品資料
未知のマルウェアを高精度で検出、新しいアプローチによるエンドポイント対策
 遠隔操作や情報漏えいに直結するゼロデイ脆弱性は、今なお発見され続けており、多くの企業がその対応に追われている。その一方で、既知のマルウェアだけでなく、従来のウイルス対策ソフトでは検出できない未知のマルウェアも急速に増加している。 このように従来型の対...(2017/3/15 提供:株式会社日立ソリューションズ)

講演資料
ゼロデイ攻撃からWebアプリケーションを守るために、セキュリティ対策としてすべきこと
 企業が保有する情報資産を標的にしたサイバー攻撃への対策は、大きな経営課題である。IPAによる情報セキュリティの脅威ランキングでは「Webアプリケーションの脆弱性」に関連するものが上位を占めている。SQLインジェクション、bashなどミドルウェアの脆弱性をついた攻...(2015/8/26 提供:F5ネットワークスジャパン株式会社)

レポート
ゼロデイ脆弱性発見件数は前年比61%増──2014年度版「Webサイトセキュリティ脅威レポート」
 2013年は、サイバースパイ、プライバシーに対する脅威、部内者の悪質行為が大きな注目を集めた。しかし 2013年末には、サイバー犯罪が依然として蔓延している現実を改めて示す事件も起きている。サイバー犯罪の脅威と被害は今でも企業や個人ユーザーの上に重くのしかか...(2015/1/5 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

技術文書
既知の脆弱性に加えてゼロデイ攻撃もブロック、CDNに組み込まれたクラウド型WAFサービスとは
 Webアプリケーションのハッキングや悪用、サービス妨害などの攻撃は手法が多様化し、さらに攻撃ツールが出回り、たやすく入手できる状況のため深刻な問題となっている。今や大手企業だけでなく中小規模の組織まで狙われ、信頼失墜、売り上げの損失、ブランドイメージへ...(2015/8/4 提供:株式会社シーディーネットワークス・ジャパン)

レポート
標的型攻撃やシステムの脆弱性を突くゼロデイ攻撃への対応。その鍵は未知の攻撃の検出と通信の可視化
 CMS(Contents Management System)へのサイバー攻撃が増加する今日、CMSの脆弱性のうち2割以上はパッチが配布されておらず、プラグインの場合では4割以上にもなり、システムの脆弱性への対応が優先事項なのは明らか。 既知の攻撃をデータベース化し、パターンマッチン...(2015/3/31 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

レポート
5億5200万件の個人情報が流出──2014年版「Webサイトセキュリティ脅威レポート」
 このホワイトペーパーは、シマンテックが毎年発行している『Webサイトセキュリティ脅威レポート』の2014年版である。「2013年のセキュリティタイムライン」「数字で見る2013年」といった独自の視点のレポートをはじめ、2013年のWebサイトセキュリティ脅威に関する以下の...(2015/4/1 提供:合同会社シマンテック・ウェブサイトセキュリティ(旧 日本ベリサイン株式会社))

製品資料
多層防御を徹底解説:次世代マルウェアに備えるための次なる対策とは?
 企業には顧客情報や製品の設計データなどさまざまな情報資産があり、それらはサーバやPCなどのエンドポイントに保管されている。サイバー攻撃者はこうしたエンドポイントにマルウェアを侵入させてし、そこから情報資産を盗んで販売したり、暗号化して使えないようにした...(2017/5/30 提供:マカフィー株式会社)

製品資料
「マルウェアを起動させない」 外部専門家による運用監視で未知の攻撃も不発に
 近年のサイバー攻撃対策では、マルウェアの侵入を100%防ぐことはできないという前提のもと、侵入後の対策を含めた多層的な防御をすることが基本となっている。ただし、その場合もシステム内に侵入したマルウェアを“起動させない”ことが鉄則となる。 そこで登場した...(2017/1/30 提供:株式会社クエスト)

製品資料
“プロフェッショナル化”が進むサイバー攻撃、企業で取り組むべき防御策とは?
 近年、多くの専門化が攻撃者の“プロフェッショナル化”を指摘している。少人数で安価なツールを使って攻撃を行うような従来のイメージとは異なり、専用のデータセンターを持ち、組織化されたスタッフを使い、時には数万ドル以上もするツールを活用した攻撃者が登場して...(2016/8/10 提供:株式会社シマンテック)

比較資料
その対策は間違っている──グラフで理解する“正しい”多層防御セキュリティ
 セキュリティ対策は、ハードウェアやクラウドサービスなどの導入とは異なり、処理能力向上や経費削減といった形で費用対効果を把握することが難しい。そのため、ランサムウェアなどのセキュリティリスクが大きく報じされている昨今でも、「取りあえず入れておけばいい」...(2017/7/11 提供:日本アイ・ビー・エム株式会社)

製品資料
高度な「未知の攻撃」を防ぐ次世代IPS、脅威解析との連携でさらに強固に
 高度な技術を用いた「未知の攻撃」への対策は、近年のセキュリティにおける最重要課題となっている。特に、従来型の不正侵入防止システム(IPS)は、未知の攻撃やゼロデイ攻撃に対して有効に機能しなくなりつつあり、次世代IPSへの刷新が進んでいる。 それでは、今企業...(2016/12/8 提供:NSFOCUSジャパン株式会社)

レポート
セキュリティ対策に終わりなし、標的型攻撃の検知に必要な4つの機能とは?
 企業のウイルス対策ではさまざまな対策が採られてきたが、決定打はまだない。最新のマルウェアではネットワークの防御をすり抜けるため、暗号化された通信チャネル、カーネルレベルのルートキット、巧妙な回路回避など、攻撃者は高度な技術を使用している。また、ゼロデ...(2015/7/21 提供:ウォッチガード・テクノロジー・ジャパン株式会社)

製品資料
バックドア型トロイの木馬をどう防ぐ? 「感染の連鎖」の仕組みと対策を解説
 企業の情報資産を守るために欠かせないのが、情報セキュリティへの取り組みだ。しかし昨今のマルウェアには、セキュリティ製品に検知されにくくするため、複数の回避手法が盛り込まれていることが多い。 例えば、Javaベースのバックドア型トロイの木馬「Adwind」であれ...(2017/6/30 提供:マカフィー株式会社)

技術文書
次期主流となる「NVMe」――ファブリック展開の本命はファイバーチャネル
 かつては、コストや容量、耐久性などの問題を抱えていたフラッシュアレイだが、近年は金融業界を中心にエンタープライズでも極めて高い信頼性と安全性を要求される分野で導入が進んでいる。そこで脚光をあびたのが、これまでのSCSIに代わるフラッシュの性能をさらに生か...(2017/7/18 提供:ブロケード コミュニケーションズ システムズ株式会社)

製品資料
金融業界に見るセキュリティ対策、今すぐ取り組むべき緊急課題とは?
 金融機関は、サイバー犯罪者から主要な標的として狙われ続けている。もちろん金融業界の多くの機関がセキュリティに積極的に投資しているが、新たな脅威が登場するたび対症療法的に製品を導入したことでセキュリティ体制が複雑化し、管理・運用の足かせとなっているケー...(2017/6/15 提供:パロアルトネットワークス株式会社)

製品資料
ランサムウェア攻撃はなぜ成功するのか? 手口の分析から見えた9つの対策
 2017年5月12日から世界中で猛威を振るったランサムウェア「WannaCry」は、非常に強い感染力を持ち、国内でも多数の被害を出した。このようなランサムウェア攻撃が成功する背景には、企業のセキュリティを潜り抜けるテクニックを、技術力の低い攻撃者に販売するサービス...(2017/6/2 提供:ソフォス株式会社)

レポート
新たな攻撃手法も確認。国内標的型サイバー攻撃分析レポート2017年版
 トレンドマイクロは、2016年の1年間に日本国内で観測された標的型サイバー攻撃の分析から、攻撃手法を明らからにし、対策に関する考察をまとめた「国内標的型サイバー攻撃分析レポート2017年版」を公開した。 国内における標的型サイバー攻撃は、巧妙化と高度化を続け...(2017/5/18 提供:トレンドマイクロ株式会社)

技術文書
ワークスタイル多様化に向けたセキュリティ対策――リスク管理の5つの鉄則
 近年はワークスタイルの多様化に向けて、場所やデバイス、使われるネットワークを問わずに業務ができる環境へのニーズが高まっている。しかし、使いやすさと生産性を保ちながらビジネスリスクを最小化することは難しく、多くのセキュリティ担当者がID管理やアクセス制御...(2017/5/12 提供:シトリックス・システムズ・ジャパン株式会社)

レポート
標的型攻撃を防ぐインターネット分離、ダウンタイムを最小化する運用管理法
 パターンマッチング型のウイルス対策ソフトは、ゼロデイ攻撃を手口とした標的型攻撃などを防ぎきれない。そこで、近年はマルウェアの侵入を想定した対策が求められるようになっている。その有力な方法の1つが「インターネットアクセス分離(インターネット分離)」だ。(2016/10/5 提供:ヴイエムウェア株式会社)

Loading