2021年08月31日 12時00分 公開
特集/連載

米国政府、Exchange Server攻撃で中国を非難 ハッカーの「個人活動」にも懸念TechTarget発 世界のITニュース

2021年3月にMicrosoftの「Exchange Server」が標的になったサイバー攻撃について、米国政府は中国政府が支援するハッカーによる犯行だったとの声明を発表した。

[Alexander Culafi,TechTarget]

 米国政府は2021年7月19日(現地時間、以下同じ)、2021年3月にMicrosoftのオンプレミス版メールサーバ「Exchange Server」がサイバー攻撃を受けた事件について、中国政府支援のハッカー集団を非難する声明を発表した。

 2021年3月初旬、中国を拠点とするハッカー集団「Hafnium」の一員とみられる人物が、Exchange Serverのゼロデイ脆弱(ぜいじゃく)性(ベンダーからセキュリティ更新プログラムが提供される前の脆弱性)を悪用して攻撃を実施。Microsoftがパッチ(修正プログラム)を公開するまで、世界中のExchange Serverが安全ではない状態に陥っていた。

中国国家安全保障省(MSS)の関連を明言

ITmedia マーケティング新着記事

news055.jpg

カスタマーサクセスを成功(サクセス)させる「日本型テックタッチ」とは?
カスタマーサクセスにおいて、より多くの顧客に効率よく情報を届ける上で特に重要になる...

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...