「高級ビール1杯」と「ダークWebで買えるマルウェア」 高いのはどっち?マルウェア低価格化で高まる脅威【第1回】

ダークWebで入手できる攻撃ツールは低価格化が進み、サイバー犯罪のハードルが下がっている。攻撃ツールの価格を、英国ロンドンのパブで飲めるビールと比較したら、驚くべき結果が……。

2022年08月20日 08時30分 公開
[Alex ScroxtonTechTarget]

 さまざまな種類のマルウェアや、脆弱(ぜいじゃく)性を突く攻撃プログラム(エクスプロイト)が、ダークWeb(通常の手段ではアクセスできないWebサイト群)で取引されている。こうした攻撃ツールの低価格化が進んでいるという。どの程度の安さなのか。価格が高騰しつつあるビールの価格と比べてみよう。

「ビールとマルウェア、どっちが高い?」驚きの答え

 ダークWebではマルウェアが10ドル(約8.40ポンド)以下の価格で入手できる――。こうした実態が調査で分かった。この価格は英国ロンドンで販売されている一番高いビールの、1パイント(約570ミリリットル)の価格とほぼ変わらない。

 コンサルティング会社のCGAによると、英国では2008年の金融危機以来、ビール1パイントの価格が高騰している。物価の高さで知られるロンドンには、ビール1パイントを8.06ポンドで販売するパブがあるという。CGAはその店名は明らかにしていない。

 HPのセキュリティ部門「HP Wolf Security」が2022年7月に発表したレポート「The Evolution of Cybercrime: Why the Dark Web is Supercharging the Threat Landscape and How to Fight Back」によると、サイバー攻撃を実施するための費用は低下している。ダークWebではマルウェアの76%、エクスプロイトの91%を10ドル以下で購入できるという。

 企業から流出したリモートデスクトッププロトコル(RDP)の認証情報は、ダークWebにおいて平均5ドルで売られているとHPは説明する。一方、攻撃の成功率が高いとみられる脆弱性情報は値が張る。同社によれば、ゼロデイ脆弱性(まだパッチが公開されていない脆弱性)は数万ポンドで販売されていることがある。


 第2回は、攻撃が勢いを増している背景を説明する。

Computer Weekly発 世界に学ぶIT導入・活用術

米国TechTargetが運営する英国Computer Weeklyの豊富な記事の中から、海外企業のIT製品導入事例や業種別のIT活用トレンドを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...