クラウドコンピューティングの事例記事一覧

ユーザー企業のIT担当者を対象に、IT製品/サービスの導入・購買に役立つ情報を提供する無料の会員制メディア「TechTargetジャパン」。このコンテンツでは、事例に関する事例の記事を紹介します。製品/サービス選定の参考にご覧ください(リンク先のページはPR記事を含みます)。

クラウドコンピューティング関連の事例

セブン銀行が「ATM受取」をオンプレミスでなくプライベートクラウドに構築した理由

セブン銀行は新サービス「ATM受取」のシステムをホスティング型プライベートクラウドに構築した。それまではオンプレミスのインフラを利用してきた同社がプライベートクラウドを選択した理由と、その効果に迫る。

メルカリが写真検索に「Amazon EKS」を活用 マネージドKubernetesの使い勝手は

フリマアプリ「メルカリ」の写真検索機能は、マネージドKubernetesである「Amazon EKS」を採用している。どのように活用し、どのような使い勝手なのだろうか。

Amazonには貢がない――小売大手がAWSではなく「Google Cloud」を選んだ理由

小売大手のKrogerにとって、同社の顧客が利用する検索エンジンのシステムを「Google Cloud Platform」に移行させることは簡単ではなかった。迅速にこれを成し遂げられたのは正しい計画と適切な人材があったからだ。

なぜ大手新聞社は「AWS」から「Google Cloud Platform」への移行を決めたのか

大手新聞社Telegraph Media Groupはデジタル版のサービスを充実させるため、インフラとして利用するクラウドサービスを「Amazon Web Services」から「Google Cloud Platform」へ切り替えることを検討している。

Gartnerお墨付きのクラウド移行手法「5つのR」は今でも有効か?

クラウドコンピューティングの進化に伴い、アプリケーションは単一のソフトウェアではなく、サービスの集合体となっている。そのため企業は、これまでのクラウド移行の手法を再検討する必要がある。

セブン銀行が「ATM受取」にSalesforceを採用 2年のはずの構築期間が1年に

セブン銀行の新サービス「ATM受取」。サービスの提供に当たり、同社はクラウドを利用してシステムを構築した。2年かかるといわれた開発期間は、クラウドの導入でどのくらい短縮されたのか。

小売業者に敬遠されるAmazon Web Services

小売業界におけるクラウドビッグ3の戦いは熾烈(しれつ)を極め、興味深い局面を迎えている。ダントツでリードするAWSも、この市場では弱点を抱えている。AWSはなぜ小売業者に嫌われるのか。

大企業の必須課題を解決するCMSの最新潮流

質の高いデジタル体験を提供するオープンソースCMS「Drupal(デュルーパル)」は、大規模Webサイト構築の有力な選択肢だが、OSSを使いこなすのは簡単ではない。シンプルかつ強固なセキュリティ対策をして運用するにはどうすればいいか。

クラウドでコンタクトセンターを効率化する「Amazon Connect」が国内で本格展開

「Amazon Connect」は設備投資や人件費の削減、導入期間の短縮につながるコンタクトセンターシステムだ。提供元のアマゾン ウェブ サービス ジャパンは、その東京リージョンにおける提供計画を発表した。

Windows Server 2008のサポート終了――クラウド化に振り切るべき理由とは

Windows Server 2008のサポート終了が迫り、Azure化を検討する企業は多い。しかし、クラウド移行の課題は際限なく湧き上がる。効率的なAzure化を実現する方法とは?

VDIもDaaSも諦めた「中小情シス」が今読むべき、最新DaaS事情

VDIは高価だしDaaSは機能が「しょぼい」から使えない、というのが多くの情シスの「常識」だった。だが技術革新が進んだ今となっては、その知識はもう古いかもしれない。

2020年に向けたIT変革、クラウド移行とデジタル変革に取り組むヒント

クラウド導入を検討する中堅・中小企業が知っておきたいオンプレミスからの移行方法、オープンクラウドの活用、クラウドネイティブ戦略について最新情報をお伝えする。

企業のクラウド移行で失敗しないために サービス選びで気を付けるポイント

企業内のオンプレミスシステムをクラウド環境へ移行すべき理由と課題に注目し、クラウドサービスのあるべき姿を明らかにする。

事例:パブリッククラウドは無理だけど、オンプレミスも限界 そんな企業の選択は

利点は理解しつつも、基幹業務を支えるシステムのクラウド移行は難度が高く、踏み切れない企業は多い。クラウド活用の事例が示す解決策とは。

事例:通信コストが3分の1、通信速度が安定――クラウド移行の明暗を分けるもの

すぐに全てをクラウド移行できるとする夢物語をよそに、基幹系システムを運用する多くの企業は現実味のあるクラウド移行とオンプレミス活用を考える。事例が語る真実とは?

膨大な運用コストを払っても属人化が止まらない……基幹系システムの実態とは

2017年10月に「基幹系システムの利用状況に関する読者調査」を実施した。本レポートでは企業が持つ基幹系システムの課題と解決への取り組みについて紹介する。

kmタクシーがGCP「Cloud Spanner」を採用、新サービスでタクシー業界に新風吹き込む

kmタクシーの国際自動車は、「Google Cloud Platform」(GCP)のサービス「Cloud Spanner」を活用し、ビジネスを変革させる新しいサービス「フルクル」を開発した。Spannerを使った理由やメリットを聞いた。

ヤフーの「Cloud Foundry」徹底活用術、使って分かったPaaSの魅力と難しさ

「Yahoo! JAPAN」を運営するヤフーは、開発速度の10倍向上を目指しクラウドネイティブ基盤を構築。そのために「Pivotal Cloud Foundry」を採用した。同製品を選択した理由や目指している方向性についてまとめた。

三菱アルミニウムがサーバ統合でコスト削減とBCPを同時実現した施策とは

三菱アルミニウムは基幹システムの大規模リプレースにて散在していたサーバの統合だけでなく、BCPの強化も同時に成功したという。成功の鍵となったマルチテナントとは何か?

HANAの実装を巡る混乱に翻弄されるSAP顧客

HANAに関する混乱のために、多くの顧客が二の足を踏んでいる。その課題について専門家に解説してもらった。

メルカリ&ソウゾウ、Google Cloudで得られた効果を率直に語る

メルカリの子会社として多数のサービスを提供するソウゾウもまた、「Google Cloud Platform」(GCP)の熱心なユーザーだ。「Google App Engine」(GAE)を中心に1年以上使ってみて期待した効果は得られたのか。

メルカリがデータ分析基盤に「Google BigQuery」を採用する理由

データ分析基盤に「Google Cloud Platform」(GCP)をはじめ、Googleのサービスを多数採用しているメルカリ。中でも積極的に活用しているのが「Google BigQuery」だ。BigQueryを中心としたGCP活用事例を紹介する。

クラウド利用調査で分かった他社への乗り換え意向、その裏にあるものとは

キーマンズネットとTechTargetジャパンは2017年6月、クラウドの利用状況に関するアンケート調査を実施した。IaaS/PaaSを中心としたサービスの活用状況、クラウドベンダーの乗り換え実態が明らかになった。調査結果の一部を紹介する。

無駄な会議、長時間会議……企業が抱える会議課題と、効率化への取り組み実態は

2017年4月に「会議の削減/短縮に関する読者調査」を実施。本レポートでは企業の会議実態やその改善・効率化への取り組み状況を紹介する。

ベリタスと富士通が可能にする、プラットフォームを問わない全方位データ管理

企業のデータ量は増加の一途をたどり、その在りかもオンプレミスやクラウドなどさまざまな場所に点在するようになっている。統合的なデータ管理に必要な要素とは。

Windows Server 2008の延長サポート終了はクラウド移行のチャンス

ITへの要求が増す今日、社内でITインフラを構築・管理していくのは大きな負担だ。人員の少ない中小企業ならなおさらだ。そこで考えるべきなのがクラウド移行である。

クラウドファーストの切り札か? 年商2兆円企業もほれ込んだ「iPaaS」の実力

American Expressから分離独立したビジネストラベル会社が、クラウドファースト戦略の推進に当たって「iPaaS」を採用した。そのいきさつや選定の背景を探る。

基幹系をクラウドで「高速開発」する時代へ、先進技術との連係も魅力

基幹系システムの開発環境にクラウドを活用することには、期待と同時に不安もある。だが信頼のおけるIBMクラウド基盤で「高速開発」を実現するサービスが登場する。

社内コミュニケーションツール利用状況、比較で分かる大企業と中堅・中小企業の違い

キーマンズネットは、ITによる情報共有とナレッジマネジメントの課題に関するアンケート調査を実施。企業規模によって、情報共有ツールの使い分けの傾向が見えてきた。

全体の6割以上がIoT活用に意欲、2割弱は既に活用を開始

TechTargetジャパンは2016年5月に、「企業のIoT活用に関するアンケート調査」を実施した。本レポートでは、その概要をまとめた。

グリーがわずか3カ月でIT資産状況のリアルタイム可視化を実現、その手法とは?

インターネットビジネスを多岐にわたって展開するグリーは、FAQシステムのリプレースをきっかけに、ITサービスマネジメントの標準化・効率化を進めている。IT運用の最適化を進める同社の取り組みを紹介する。

メールからチャットへ――「Slack」「LINE」が変える情報共有と開発手法

業務における情報伝達手段がメールからチャットに変化している。同じく開発・運用の現場でも、チャットをハブとして利用し、情報共有の効率化やITの自動化を進める「ChatOps」という考え方が浮上している。

6つの事例が示す 注目を集める「超高速開発」ツールの真価

ツールによってプログラムの生成やテストを自動化する「超高速開発」が、ユーザー企業のアプリケーション開発現場でも存在感を強めている。ガートナーが示す6つの先進事例と製品選定ポイントをレポートする。

「5年後の課題」を解決する次世代コンタクトセンター基盤とは

顧客チャネルの多様化や周辺システムとの連係など、コンタクトセンターを取り巻く環境は大きく変化している。これからの時代に求められるのは、規模や機能の拡張をより柔軟に行うための解決策だ。

メインフレームを一工夫 スマホ/タブレットからアクセスして活用する方法とは

堅牢性や信頼性が支持され、多くの企業で現役稼働するメインフレーム。モバイルやクラウドといった最新技術とは無縁だと思われがちだが、実はそうではない。最新技術でメインフレームを生かす方法を紹介する。

リコーがSharePointをAWSへ、ユーザーの使用感そのままに運用コストを削減

世界各国にサポート網を広げるリコーのグローバルアカウントチームを支える情報共有基盤。そのリプレースプロジェクトにおいて移行先として選ばれたのはAWSだった。クラウド化を選択した理由とその効果を聞いた。

プラスが文具メーカー部門で「情報系サーバ全廃」「AWS移行」に踏み切った理由

文具・オフィス家具メーカー大手のプラスは、ステーショナリーカンパニーでBIをはじめとした情報系システム全般を「アマゾン ウェブ サービス」(AWS)へ移行。老朽化したWindows Server環境を一新し運用負荷の軽減に成功した。

“世界のカップヌードル”を支えるインフラとは? 日清食品グループがAWSを採用

日清食品グループは海外市場を視野に入れたITインフラ刷新に当たり、オンプレミスから「アマゾン ウェブ サービス」(AWS)の採用へと舵を切った。果たして同社の狙いは? 取り組みの詳細を聞いた。

月間1万台超の中古車輸出・販売サイトを支える運用監視サービスとは

世界100カ国以上に自社ECサイトを通じて中古車を輸出・販売するビィ・フォアードは、急激に拡大するビジネスの成長に対応するため、ITインフラをAWSに移行。運用監視サービスも導入し、システムの安定稼働を実現した。

クラウド移行でどのくらいコスト減? 見積もりキャンペーンが好評の訳

国内でのパブリッククラウドの利用が加速している。しかし、情報システム部門などでは移行になかなか踏み切れないでいるところも多いという。クラウド導入の障壁の1つとなっているコスト問題を解決するには?

米企業の過半数がSDN導入を計画 うち74%は2015年内に

掛け声ほど進んでいないともいわれるSDN導入。本当のところはどうなのか。米Juniper Networksが発表した「SDN進捗レポート」他、SDNに関連した内外の注目ニュースをキャッチアップ。

信州大学がAmazonクラウドで災害対策 「クラウドは自前で作るものじゃない」

全学内システムのクラウド移行を目指す信州大学。当初は自前でのクラウド環境構築に挑んでいたが、「Amazon Web Services」をはじめとする商用クラウドの利用へとかじを切った。その理由とは何か。

サントリー、新DB基盤で顧客対応システムの処理を最大50倍に高速化

飲料メーカー大手のサントリーは、Oracle Exadataなどを活用し、顧客対応システムのデータベース基盤を刷新。処理速度を最大50倍に高速化し、業務の効率と質を大幅に向上することに成功した。

クラウド利用のBCPに不可欠なネットワーク選定の勘所とは?

業務システムを大規模災害などから守るために、クラウドサービスを生かそうとする動きが広がりつつある。その真価を引き出すために必須となる、ネットワーク選定のポイントを解説しよう。

プライベートクラウドの構築を最短ルートで実現する方法

プライベートクラウドが注目されてはいるが、その実現にはさまざまな課題がある。二の足を踏む企業が多い中、仮想化技術を基盤とするプライベートクラウド構築のベストプラクティスに関心が集まっている。

米国CIOお薦めの「クラウドで災害復旧&事業継続計画」

クラウドはIT部門の影響力を低下させるかもしれないが、ディザスタリカバリや事業継続計画には有効だ。米国でCIOを務める筆者お薦めの方法論を紹介しよう。

安価に始めるForce.com基幹系アプリと「見せる化」の融合

Force.comプラットフォーム上の基幹業務アプリケーションとオンプレミス型「見せる化」ソリューション。ビジネス状況に合った最適なシステム構築のヒントとなるソリューションを紹介する。

[an error occurred while processing this directive](none)