BYODの事例記事一覧

ユーザー企業のIT担当者を対象に、IT製品/サービスの導入・購買に役立つ情報を提供する無料の会員制メディア「TechTargetジャパン」。このコンテンツでは、事例に関する事例の記事を紹介します。製品/サービス選定の参考にご覧ください(リンク先のページはPR記事を含みます)。

BYOD関連の事例

クラウド時代の認証方式SDP(Software Defined Perimeter)導入事例

SDPは、ネットワークを信頼できないものとして接続を暗号化し、認証したユーザーごとに適切な制限を設けたアクセスを許可する。その導入事例を紹介する。

破産した英HMVが断行したITコスト削減

2013年に破産申請した英HMVは今、経営コストを削減して再建中だ。コスト削減の手はITにもおよび、大規模なシステム刷新につながった。コスト削減のために彼らが捨て、新たに導入した製品とは?

「iPhone、Androidアプリ」で仕事が4倍速くなった会社は何をしたのか?

モバイルアプリの導入で勤怠関連の業務を効率化した通信会社のTelstra。その開発のいきさつや具体的な効果を紹介する。

大学生とトラック運転手が喜ぶ「iPhone/Androidアプリ」の共通点とは?

ブドウ園管理者と大学生とトラックドライバー。この全く違う立場の彼らは、それぞれの仕事に特化したエンタープライズモバイルアプリで作業を効率化しているという。

ここが甘いよ企業のモバイルアプリ対応、「iPhoneで使えれば合格」ではない

企業のモバイル対応は、ベーシックアプリからさらに先へ踏み出し、基幹業務アプリケーションへと進んでいる。その現状についてAccenture Mobilityのニッシャ・シャルマ氏に話を聞いた。

そのシステムのモバイル化は必要? 「モバイルファースト信奉者」が陥るワナ

IT環境のあらゆる面をモバイル化できるわけでない。また、モバイル化に適しているわけでもない。業務プロセスをモバイル化する前に、従業員がモバイル化を活用できるかどうかを判断する必要がある。

業務でも使う私物スマートフォン、会社はどこまでコストを負担すべきか?

BYOD(私物端末の業務利用)の財務的な側面に関する問題を抱えている企業は少なくない。その場合、従業員への補償についてスマートな仕組みを構築することが重要だ。

“iPadでデータ分析”が作る「強い現場」 その効果を導入事例で検証する

タブレットやビッグデータの浸透により、モバイルBIが身近になりつつある。いつどこからでも情報を入手できれば、現場での意思決定力を向上することができる。導入企業はどのようにデータを活用しているのだろうか。

「Windowsタブレット」が「iPad」に肉薄 学校が導入したいタブレットは?

TechTargetジャパン会員を対象に、「教育機関のIT製品導入に関する読者調査」を実施した。本リポートでは、その概要をまとめた。

“iPadでデータ分析”が日常の風景になるか、その現場力を検証する

現場での意思決定や分析は、モバイルアナリティクスを有益な投資に変える代表的な2つの例だ。その一方で、セキュリティやインフラなど解決すべき課題もある。モバイルBIを導入する際のメリットと課題を紹介する。

「私物iPadを社内で使いたい」という上司への正しい返事の仕方

多くの企業でもはや避けられなくなっているBYOD(私物端末の業務利用)。新しいもの好きのトップからBYODの採用が始まることも多い。現場はBYOD導入を前に何をすべきだろうか。

医療・医薬品分野のスマートデバイス活用が分かる3つのホワイトペーパー

医療・医薬品分野で急速に進むスマートデバイスの業務活用。気になる運用コストやネットワーク運用時の注意点などを解説したホワイトペーパーを紹介する。

「iPadの利用は午後10時まで」、女子中学生自ら決めた活用ルール

私物iPadの授業利用を実践する中学校で見た、モバイル端末を自在に使いこなす女子中学生たち。直近1週間の人気コンテンツをランキング形式で紹介します。

店舗スタッフ教育コストゼロ! アパレルショップのiPad活用

英国のアパレルショップで、iPadとWi-Fiを活用する試みが行われている。このソリューションを60店舗に展開し、どのような効果が得られたのか?

ノエビアも導入する「大画面スマホ」はタブレットの代わりになるのか?

化粧品や医薬品の製造販売を手掛けるノエビアグループが、大画面スマートフォン“ファブレット”を導入した。その用途とは何か? 選定の理由は? 担当者に聞く。

集中治療室の患者と家族のコミュニケーションにiPadを活用

英Walton Centre NHS基金トラストの集中治療室では、iPadを使って重症患者がコンサルタントや家族とコミュニケーションを取れるようにしている。

MacやiPhoneもOK “私物解禁”時代のセキュリティとは

Windows PCだけではなく、MacやiPhoneなど社員が使いたい多様なデバイスの接続を認める企業が増えてきた。その際に考えるべきセキュリティ対策とは?

私物スマートフォンで持ち帰り残業、残業代は請求できる?

私物端末の業務利用(BYOD)を解禁すれば、時間や場所を問わず仕事ができるようになる。ただし、労使間で労働時間の考え方が食い違うと、法的なトラブルに発展するかもしれない。

私物スマートフォンを監視 合法と違法の境目は

私物端末の業務利用(BYOD)の解禁が、思わぬ訴訟のきっかけになるかもしれない。過去の判例を基に、BYOD解禁で注目すべきプライバシーやセキュリティに関する法的リスクを検証する。

さよならPC 企業がiPadで業務アプリにアクセスするベストな方法とは

Windows XPのサポート切れやスマートデバイスの普及で、企業のデスクトップ環境に変化が訪れている。特に求められているのは業務のモバイル化と即応性の強化だ。使いやすさと、安全性を両立したソリューションを探る。

野村證券がタブレットにほれ込んだシンプルな理由

営業部門向けに8000台のタブレットを導入した野村證券。その選定には、過去に導入したノートPCが定着しなかった経験が生きている。同社担当者の話をまとめた。

良品計画はどう実現? MDMなしの「無印良品流BYOD」

私物端末の業務利用(BYOD)を解禁した良品計画。同社はなぜBYOD解禁に至ったのか。セキュリティ対策の選定の背景は。同社担当者に聞いた。

次に来る「スマートフォンIP電話」、その先進事例は

業務でスマートフォンやタブレットを使うことが一般化すると音声通話の形も変わるかもしれない。ユニファイドコミュニケーションの先進的な事例を紹介する。

ANAのCA/パイロットを身軽にした「8500台の空飛ぶiPad」

全日本空輸(ANA)は8500台のiPadを導入。客室乗務員やパイロットの業務効率向上に生かしている。iPad導入の経緯や導入効果について、同社担当者に聞いた。

アメリカン航空が「空飛ぶiPad」、18キロの書類をゼロに

米American AirlinesはiPadを導入し、航空機の燃料コストを100万ドル削減できたという。この背景には、パイロットに配布する大量の紙マニュアルの存在があった。

Dellのコンシューマライゼーションを指揮する「偶然の」CIO

看護学校の学費を稼ぐため、一時的に開発の仕事をするつもりだったキャロル・フォーセット氏。今では、米DellのBYOD計画の策定に勤しんでいる。

2割が解禁、「BYOD」は損か得か?

私物端末を業務利用する「BYOD」はどの程度浸透しているのか。BYOD解禁に当たっての課題とは何か。TechTargetジャパンの読者調査結果を基に、こうした疑問を解き明かす。

“社内”App Store、Google Play構築のススメ

企業ではモバイルアプリケーションをより適切にコントロールするため、米Appleや米Googleが運営するアプリストアに代わり、IT部門が用意した企業内アプリストアが使われるようになっている。

iTunes購入アイテムをお金に換える――Apple新特許の行方は

iTunesで購入済みのアイテムをユーザー間で売買、または賃貸できるようにする仕組みについての特許を米Appleが申請した。特許が認められるかはまだ不明だが、ユーザーのオンライン活動を変える可能性がある。

BYODの「隠れコスト」を洗い出すためのFAQ

コストが削減できると思ってBYOD制度を導入したものの、削減できる額はごくわずかだったり、皆無であることも多い。BYODに掛かる隠れたコストとは。

【事例】ユナイテッドアローズがBYOD解禁、そのセキュリティ対策は?

私物端末の業務利用(BYOD)を解禁したユナイテッドアローズ。同社のBYODを支えるセキュリティ対策とは何か。その選定の理由は。同社情報システム部の佐藤弘明氏に聞いた。

【事例】DeNAがBYODをやめた理由

私物端末の業務利用(BYOD)を解禁していたDeNAが、本社オフィス移転を機にBYODを原則中止。会社支給へとかじを切った。その理由は何か。現状のセキュリティ対策は。同社担当者に聞いた。

【事例】コニカミノルタの私物iPhone/iPad解禁を促したセキュリティ対策

約3万5000人の連結従業員数を誇るコニカミノルタホールディングスは、従業員の私物iPhone/iPadの業務利用を許可している。その取り組みを支えるセキュリティ対策を示す。

モバイルBIを重視するも企業規模で異なるモバイル端末導入意欲

調査によって企業がモバイルBI導入を重視していることが分かった。しかし、小規模企業や大規模企業に比べて、中規模企業はモバイル端末導入に消極的だという。その理由とは?

医療機関がiPad導入時に検討すべき点

従来のコンピュータと比べて、iPadの導入は大幅なコストダウンにもつながると考える医療機関が多い。実際に導入を検討する際のポイントを紹介しよう。

米国企業各社がモバイルBI導入を推進するわけ

他のアプリケーションに比べればまだまだ後れているが、モバイルBIの需要は今後急速に高まることが予想されている。既にモバイルBIを採用している事例を見ると、先進的なCIOの姿がうかがえる。

スマートフォン、タブレットの業務活用術を紹介する3つのホワイトペーパー

アプリケーションの配布と管理、セキュリティ対策、情報共有……。こうしたスマートフォンやタブレットの業務活用時に気になるポイントを整理し、解決方法を記した3つのホワイトペーパーを紹介する。

「戦略後回しで取りあえずiPad導入」──米企業のタブレット導入動向調査

米国の企業経営者とIT専門家448人を対象とした調査から、タブレット端末導入の意外な実態が判明した。なし崩しに進む導入に、IT部門の困惑の声も聞こえてきた。

[an error occurred while processing this directive](none)