2007年03月09日 19時32分 公開
ニュース

MBSD、リーズナブルなWebアプリケーションの脆弱性検査サービスを開始NEWS

MBSDは、プロフェッショナルレベルのWebセキュリティ検査を容易に実現する「WebSec ASPサービス」を4月16日より開始する。

[TechTarget]

 三井物産セキュアディレクション(MBSD)は3月9日、ASP型Webアプリケーションの脆弱性検査サービス「WebSec ASPサービス」を4月16日より提供開始すると発表した。

 本サービスは、同社が提供している検査員による手動検査サービス「WebSecセキュリティサービス」で蓄積されたノウハウを活用した、セキュリティ診断機能を持つ自社開発検査エンジン。このエンジンを採用することで、Web開発においての容易な脆弱性検査の実施を実現できるとしている。また、開発工程の中でいつでも利用できるため、最新の脆弱性に対応しながら運用コストの削減が可能になるという。

 価格は検査ID単位となっており、年間契約とスポット契約が用意されている。

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

ミレニアル世代・Z世代の離職意向が低下、コロナ禍を機に精神的健康も改善――Deloitte調査
世界各国のミレニアル・Z世代約2万7500人を対象にした年次調査。今回は新型コロナウイル...

news078.jpg

新規事業の実態 最重要KPI「100%以上達成」は約2割――クニエ調査
新規事業の「最重要KPI」「スケジュール遅延」「開発規模」の結果に対して、その要因とな...

news056.jpg

福田康隆氏、NEC東海林直子氏らが語る営業のデジタルシフト まずどこから始めればいい?
お客さまに会って課題を与えてもらうスタイルから、営業自身が課題を先に探して提示する...