2007年03月09日 19時32分 公開
ニュース

MBSD、リーズナブルなWebアプリケーションの脆弱性検査サービスを開始NEWS

MBSDは、プロフェッショナルレベルのWebセキュリティ検査を容易に実現する「WebSec ASPサービス」を4月16日より開始する。

[TechTarget]

 三井物産セキュアディレクション(MBSD)は3月9日、ASP型Webアプリケーションの脆弱性検査サービス「WebSec ASPサービス」を4月16日より提供開始すると発表した。

 本サービスは、同社が提供している検査員による手動検査サービス「WebSecセキュリティサービス」で蓄積されたノウハウを活用した、セキュリティ診断機能を持つ自社開発検査エンジン。このエンジンを採用することで、Web開発においての容易な脆弱性検査の実施を実現できるとしている。また、開発工程の中でいつでも利用できるため、最新の脆弱性に対応しながら運用コストの削減が可能になるという。

 価格は検査ID単位となっており、年間契約とスポット契約が用意されている。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...