MBSD、リーズナブルなWebアプリケーションの脆弱性検査サービスを開始NEWS

MBSDは、プロフェッショナルレベルのWebセキュリティ検査を容易に実現する「WebSec ASPサービス」を4月16日より開始する。

2007年03月09日 19時32分 公開
[TechTarget]

 三井物産セキュアディレクション(MBSD)は3月9日、ASP型Webアプリケーションの脆弱性検査サービス「WebSec ASPサービス」を4月16日より提供開始すると発表した。

 本サービスは、同社が提供している検査員による手動検査サービス「WebSecセキュリティサービス」で蓄積されたノウハウを活用した、セキュリティ診断機能を持つ自社開発検査エンジン。このエンジンを採用することで、Web開発においての容易な脆弱性検査の実施を実現できるとしている。また、開発工程の中でいつでも利用できるため、最新の脆弱性に対応しながら運用コストの削減が可能になるという。

 価格は検査ID単位となっており、年間契約とスポット契約が用意されている。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...