2007年03月12日 05時00分 公開
特集/連載

不審メールはフラグで通報――情報流出を防ぐコンテンツ監視ツールColumn

電子メールなどを通じて重要情報が社外に漏れるのを防ぐため、コンテンツ監視技術を導入する企業が増えている。

[Shamus McGillicuddy,TechTarget]

 悪いものを寄せ付けないためのネットワークセキュリティなら誰にでもできる。しかし、社内から送信されるものを監視するのは、それと同じくらい、いや恐らくもっと大事なことだと専門家は言う。ネットワークのセキュリティを守る手段として、CIOはWebサイトの利用を遮断・監視するだけでなく、重要データの社外流出を防ぐため、問題のありそうな電子メールのコンテンツにフラグを付けるツールを導入するようになっている。

 コンテンツ監視技術は、ネットワークユーザーが行った通信と行動を検索する言語スキャンエンジンをベースとしている。ベンダーによっては手間いらずのキーワードスキャンツールを製品で提供している。顧客が自社のツールを構築できるようにしているベンダーもある。自社の従業員が競合企業と交わした問題がありそうな通信をスキャンしたければ、そのためのエンジンを構築することが可能だ。

 コンテンツ監視市場の主要企業はベリセプトボンツリコネックス、ウェブセンス傘下のポートオーソリティー・テクノロジーズなど。

 「コンテンツ監視はデータのタグ付けの要素が強い。ある種の資産に「取り扱い注意」のタグを付け、ネットワーク上でその行き先を監視する」。こう解説するのはヤンキーグループのシニアアナリスト、クリス・リーバート氏。

 「コンプライアンスの観点から言うと、これによって誰が何にアクセスし、特定のファイルに何回アクセスしたかについての情報を継続的に記録できる。コンプライアンス戦略と法令上の懸念に関しては、(このようなコンテンツ監視ツールを使っている企業は)こうしたコントロールで十分カバーすることが可能だ」(リーバート氏)

 ガートナーの調査副社長、リッチ・モグル氏によると、コンテンツ監視・フィルタ(CMF)市場は2005年の2500万ドルから2006年は6000万ドルに拡大したと見られる。「第4四半期が非常に好調だったところがあれば」この数字はさらに高くなるかもしれないと同氏。「2007年は1億ドルを突破すると思う。大手ベンダー次第だ」

 この数字は「1億2500万ドルに達し、減速する気配はない」とリーバート氏は見る。会社のブランドと競争上有利な立場を守るためにこの技術は重要だ。しかしコンプライアンスにとっても重要だと同氏は言う。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...