2006年04月14日 14時34分 UPDATE
特集/連載

ColumnCIOを悩ますインターネット私的利用問題

社員によるインターネットの私的利用は生産性を低下させるだけでなく、セキュリティの脅威にもなりうる。

[TechTarget]

 3月開催のNCAAバスケットボールトーナメントは米国の国民的行事。今年から試合がオンラインで無料ライブ配信されるようになり、多くのファンが勤務時間中に試合を見ている。一部のリポートによれば、その結果、米国企業は生産性の低下により38億ドルという驚異的な損失を被ることになるという。

 だが専門家によれば、これは単なる生産性低下の問題ではない。

 バスケットボールトーナメントをめぐる大興奮は、インターネットや電子メール、インスタントメッセージング(IM)をはじめとする各種の技術が企業のセキュリティおよび生産性にもたらす脅威の最新の一例にすぎない。こうした技術は企業にとって恩恵となっているが、社員の個人的用途に濫用された場合には問題の種になりかねない。

 専門家によれば、CIOは「社員にとってプラスとなる仕事環境を維持すること」と「こうした技術の濫用から会社を保護すること」との間でバランスを取るためにはどうすればいいかを自問すべきだ。

ITmedia マーケティング新着記事

news009.jpg

Google「Pixel 3a」(SIMフリー版)をメルマガ購読者に差し上げます
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...

news100.jpg

ファンケル、PLAZA、QVC 小売業が自社アプリを持つべき理由とは?
2019年5月15日に開催された「アプリの虎 Vol.4 〜有名企業のアプリ活用最前線〜」におい...

news016.jpg

先進的なCMOを擁する企業は他社より11%高い株主利益を創出――アクセンチュア調査
アクセンチュアは日本を含む世界の大企業のCMOとCEOを対象にした調査を実施しました。