ウェブルート・ソフトウェア、スパイウェアとウイルスの双方を対策できるソフトを発売NEWS

ウェブルート・ソフトウェアが、スパイウェアおよびウイルス対策をワンパッケージで実現する「スパイ スウィーパー アンチウイルス プラス」を発売する。発売記念キャンペーンも実施。

2007年05月31日 16時48分 公開
[TechTarget]

 ウェブルート・ソフトウェアは5月31日、スパイウェア対策とウイルス対策の両機能を備えたソフトウェア「スパイ スウィーパー アンチウイルス プラス」を、6月1日より全国の量販店で発売開始すると発表した。本ソフトウェアは、米国でトップシェアのスパイウェア対策ソフト「Spy Sweeper」に、ソフォスのウイルス対策機能を追加したもの。

 オンライン上では、2007年2月よりSpy Sweeperの追加機能として同ウイルス対策機能の購入が可能であったが、ウイルス対策への要望の高まりを受け、スパイウェア対策とウイルス対策の両方の機能をあらかじめ備えたパッケージ版を展開することになった。煩雑な更新作業が低減されるため、従来製品と比較して価格的にもメリットが得られるという。なお、同社は、本製品の発売記念キャンペーンとして、限定8000本を最大3台×3年間で5980円(税込)で販売する。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...